学士課程

【このページの目次】

全学ディプロマ・ポリシー(学士課程)

 東京農工大学は、地球規模の課題を解決し、持続可能社会の実現のために、農学、工学及びその融合領域における自由な発想に基づく教育研究を通して、世界の平和と社会や自然環境と調和した科学技術の進展に貢献するとともに、課題解決とその実現を担う人材の育成と知の創造に邁進することを基本理念とする。
 本学は、この理念に基づき、以下のうち、各学部が設定する能力を身につけ目標とする学修成果を上げた者に学士の学位を授与する。

- 多様性や異文化理解、国際感覚などを備えた多元的視野を支える幅広い教養基礎力
- 様々な課題に挑戦するための、科学技術系大学にふさわしい自然科学に関する基盤的学力

- 科学と科学技術の深い理解に支えられた専門的知識の活用力
- 科学の発展と科学技術の創造に資する柔軟かつ論理的な思考力
- 知識と論理的思考に基づいた的確な判断を可能とする洞察力

- 科学技術分野への貢献や課題解決を目指した研究開発を進める実行力
- 科学技術の開発と応用を推進する上での社会的倫理観の形成力

- 多様な環境における他者との協働を支える対人力
- 国内外で活動するために必要なコミュニケーション力

全学カリキュラム・ポリシー(学士課程)

 東京農工大学は、ディプロマ・ポリシーに掲げる能力を獲得させるため、教養科目と学科専門科目の科目群からなる体系的な教育課程を編成する。
 教養科目においては、目的意識を持った選択履修を可能とするよう、科目別目標一覧表を示すことによって各科目の獲得能力を設定する。学科専門科目においては、学生の主体的・自律的な学習活動を可能とするよう、ディプロマ・ポリシーと各授業科目との学修観点の対応関係を明示する。さらに、より高度な専門科目が基礎的・基盤的科目の学修の上に成り立っていることを理解できるよう、カリキュラム(コース)ツリーを提示する。
 学修成果の評価については、主にディプロマ・ポリシーで定める教養基礎力、基盤的学力、専門的知識の活用力、論理的思考力、洞察力、社会的倫理観の形成力の獲得を目指す講義科目では、試験、レポート等でその達成度を評価する。また、主にディプロマ・ポリシーで定める研究開発を進める実行力、他者との協働を支える対人力、コミュニケーション力の獲得を目指す実験・実習、演習科目では、レポート、口頭試験等でその達成度を評価する。授業科目の試験の成績は、S・A・B・C及びDの5種類の評語をもって表し、S・A・B及びCを合格とし、Dを不合格とする。合格した者には所定の単位を付与する。

全学アドミッション・ポリシー(学士課程)

 東京農工大学は、東京武蔵野に位置し、その歴史は、1874年に設置された内務省農事修学場および蚕業試験掛をそれぞれ農学部、工学部の創基とし、1949年に大学として設置され、前身校を含め長きに亘る歴史と伝統を有する大学です。この建学の経緯から、人類社会の基幹となる農業と工業を支える農学と工学の二つの学問領域を中心として、幅広い関連分野をも包含した全国でも類を見ない特徴ある科学技術系大学として発展してきました。
 20世紀の社会と科学技術が顕在化させた「持続発展可能な社会の実現」に向けた課題を正面から受け止め、農学、工学およびその融合領域における自由な発想に基づく教育研究を通して、世界の平和と社会や自然環境と調和した科学技術の進展に貢献するとともに、課題解決とその実現を担う人材の育成と知の創造に邁進することを基本理念としています。この基本理念を「使命志向型教育研究-美しい地球持続のための全学的努力」(MORE SENSE:Mission Oriented Research and Education giving Synergy in Endeavors toward a Sustainable Earth)と標榜し、自らの存在と役割を明示して、21世紀の人類が直面している課題の解決に真摯に取り組んでいます。

〇求める学生像

 東京農工大学は、学士課程において、学生の自主的・自律的な学習活動を尊重し、科学技術系の大学に相応しい学識、知の開拓能力、課題探求能力、問題解決能力を兼ね備えた人材の育成を行っています。
 本学の理念と以下に掲げる農工両学部の教育目的に応じて、本学で学ぶことに明確な目的を持った人の入学を求めています。特に、自然や科学技術に関心を持ち、意欲と主体性を持って勉学に励む人を、国内外から広く受け入れます。
 農学部では、農学、生命科学、環境科学、獣医学分野の諸問題の解決と持続発展可能な社会の形成に資するため、広く知識を授けるとともに基礎的専門知識を授け、豊かな教養、高い倫理観と国際感覚を具備し、共生社会を構築して人類社会に貢献できうる、先駆的で人間性豊かな人材を育成することを目的としています。
 工学部では、工学分野の科学技術に関する基礎および専門知識・技術を授け、大自然に対する真理の探究心と解決すべき諸問題の本質を見抜く能力を育成します。また、持続可能な社会の実現に生かすことのできる幅広い教養と専門知識を有し、人類社会に貢献できうる、先駆的で人間性豊かな人材を育成することを目的としています。
 上記の目的を達成するため、本学は入学を希望する学生に対し、アドミッション・ポリシーにおいて、次のような資質、素養、能力等を求めます。

(農学部)

・高等学校で履修した主要教科・科目について、教科書レベルの基礎的な知識を有し、課題を解くことができ、理数系科目や英語科目について、実践的・体験的学習から得られた知識・知見・技術を有している者。
・人類が直面している諸課題に対し、多面的に考察して判断し、自分の考えをまとめ、日本語で他者にわかりやすく表現できる者。
・地域社会や国際社会における食料・生命・資源・環境に関する様々な問題に関心を持ち、身に付けた知識を生かして主体的に考え、他人と協力・協働して、これらの問題解決に立ち向かう意欲をもつ者。

(工学部)

・高等学校で履修した主要教科・科目について、教科書レベルの基礎的な知識を有し、課題を解くことができ、理数系科目や英語科目について、実践的・体験的学習から得られた知識・知見・技術を有している者。
・人類が直面している諸課題に対し、多面的に考察して判断し、自分の考えをまとめ、日本語で他者にわかりやすく表現できる者。
・大自然の真理に対する探求心とモノ作りマインドを持ち、理工学分野の科学技術に関心があり、身につけた知識を生かして主体的に考え、他人と協力・協働して、持続可能な社会の実現に立ち向かう意欲をもつ者。

〇入学者選抜の基本方針

 入学者選抜において、本学の理念と農工両学部の教育目的に応じて、入学者選抜試験における教科・科目等を設定し、意欲と主体性をもって勉学に励むことのできる人を国内外から広く受け入れます。
 本学は学生に求める素質、素養、能力等を次の方法で評価します。

(農学部)

■一般入試(以下、令和3年度入学者選抜から「一般選抜」と読み替える)

・大学入試センター試験(以下、令和3年度入学者選抜から「大学入学共通テスト」と読み替える)の得点と個別学力検査の得点の総合点で評価します。調査書は、志望学部・学科における能力・適性等を多角的に見るための参考資料とします。
・大学入試センター試験(本学が受験を課する5教科7科目)により、基礎学力を幅広く評価します。
・個別学力検査(前期日程):
理科(理科2科目)、外国語(英語)、数学の出題科目により高校までに修得した基礎知識を充分に理解していることを確認し、知識を正しい用語で論理的に記述できるか等を評価します。
・個別学力検査(後期日程):
外国語(英語)の出題科目により、入学後に求められる英語のリーディング力、ライティング力、コミュニケーション力の基礎となる英語力を評価します。

■AO入試(以下、令和3年度入学者選抜から「総合型選抜」と読み替える)

・ゼミナール入試【実施学科:環境資源科学科】
出願書類( 志望理由書、活動報告書、調査書) の内容、ゼミナールの結果、面接および大学入試センター試験の成績を総合して評価します。また、出願書類、課題レポート、面接により、志望学科への適性と学習意欲を評価し、志願者評価書は参考資料とします。第一次選考と第二次選考を行います。

■特別入試

・推薦入試(以下、令和3年度入学者選抜から「学校推薦型選抜」と読み替える)【実施学科:全学科】
大学入試センター試験の成績、推薦書、調査書および
志望理由書により農学部における適性および学習意欲等を評価します。
・帰国子女【実施学科:全学科(共同獣医学科を除く)】
学力試験、面接の成績および成績証明書等により農学部における適性および学習意欲等を評価します。令和3(2021)年度入試(令和2(2020)年度実施)から学生募集を停止します。
・社会人【実施学科:全学科(共同獣医学科を除く)】
志望理由書により、農学部における適性および学習意欲を学力試験、面接、調査書等について評価します。
・私費外国人留学生【実施学科:全学科】
面接、日本留学試験の成績および成績証明書等により農学部における適性および学習意欲等を評価します。

■第3年次編入学試験

・学力検査選抜【実施学科:全学科(共同獣医学科を除く)】
学力検査・英語(TOEIC 等の成績)・成績証明書・口述試験を総合して農学部における適性および学習意欲等を評価します。

(工学部)

■一般入試

・大学入試センター試験の得点と個別学力検査の得点の総合点で評価します。調査書は、志望学部・学科における能力・適性等を多角的に評価するための参考資料とします。
・大学入試センター試験(本学が受験を課する5教科7科目)により、基礎学力を幅広く評価します。
・個別学力検査(前期日程):
理科(理科2科目)、外国語(英語)、数学の出題科目により高校までに修得した基礎知識を充分に理解していることを確認し、知識を正しい用語で論理的に記述できるか等を評価します。
・個別学力検査(後期日程):
理科、外国語(英語)、数学の出題科目により、入学後に求められる学力、基礎力等を評価します。

■AO入試

・SAIL入試【実施学科:生体医用システム工学科、化学物理工学科、知能情報システム工学科】
志望理由書、特別活動レポートおよび調査書による第
一次選考を行い合格した者に対してプレゼンテーションおよび面接の成績により、自然科学や技術に対する好奇心の旺盛さと物事を理論立てて考える能力を総合的に評価します。志願者評価書は参考資料とします。

■特別入試

・推薦入試【実施学科:生命工学科、応用化学科、化学物理工学科、機械システム工学科、知能情報システム工学科】
推薦書、調査書、志望理由書、小論文、面接および大
学入試センター試験の成績により評価します。推薦書、調査書、志望理由書、小論文および面接により、工学部における適性および学習意欲等を評価します。
・帰国子女【実施学科:全学科】
学力試験、面接の成績および成績証明書等により工学部における適性および学習意欲等を評価します。令和3(2021)年度入試(令和2(2020)年度実施)から学生募集を停止します。
・私費外国人留学生【実施学科:全学科】
面接、日本留学試験の成績により工学部における適性および学習意欲等を評価します。成績証明書は、評価するための参考資料とします。

■第3年次編入学試験

・推薦入学選抜【実施学科:全学科】
第1次選考(書類選考)は、推薦書および調査書により選考し、第2次選考は面接試験を実施します。上記の選考により工学部における適性および学習意欲等を評価します。なお、学科(コース)によっては、当日面接の参考資料にするため、口述または筆記による簡単な基礎学力テストを実施します。
・学力検査選抜【実施学科:全学科】
学力検査、面接試験、成績証明書等を総合して工学部における適性および学習意欲等を評価します。
・社会人特別選抜【実施学科:全学科】
学力検査、面接試験、成績証明書等を総合して工学部における適性および学習意欲等を評価します。

各学部のポリシー

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら