電気電子工学専攻

電気電子工学専攻(博士前期課程)のディプロマ・ポリシー

  1. 電気電子工学発展に寄与するための応用理論および知識を修得する。
  2. 先端的な電気電子工学技術が実社会においてどのように活用されているか理解する。
  3. 自ら計画を立て研究を行い考察・解析・解決出来る能力を身につける。
  4. ①国際的な先端電気電子技術に貢献できるだけのコミュニケーション能力および議論能力を身につける。
    ②自らの研究成果を論理的に記述し、国際社会に対して分かりやすく伝達する能力を身につける。

電気電子工学専攻(博士前期課程)のカリキュラム・ポリシー

① 教育課程の編成方針
 電気電子工学専攻(博士前期課程)は、観点A、Bの実現のため、学部教育において習得した知識と技術をさらに深化させるため、電気電子デバイス、制御工学、エネルギーから情報通信までの幅広い分野において、より専門性の高い講義科目を網羅的かつ体系的に習得することを目的とした教育課程を編成している。観点Aのために、電気電子工学分野の各分野における基礎から応用までの専門性の高い知識体系を理解・習得するために科目群で編成されている。観点Bのために、実務経験者・企業からの専門家による講義だけなく、工場見学などを通じて実際に用いられている技術と理論の実現方法を実社会・現場から習得し、体験できる科目群(情報通信工学特論・フロンティア電気電子工学特論)を準備している。観点Cのために、実践的な活動を通じて、客観的データに基づき理論的に推論を進め、結論に導く能力を高めるとともに、習得した専門知識を具体的に課題に適用し、その課題解決方法を考案し、自ら企画設計・遂行数能力を修得するために、各種セミナー科目、特別実験・特別研究科目を編成する。観点Dのために、異なる分野の研究者・技術者と協調し、新しい学際分野を発展させる能力を身につけるインターンシップ科目を設ける。

② 教育の内容及び教育の実施方法に関する方針
 各専門科目における、応用理論の理解と高度な知識の習得(観点A)のため、担当教員が科目ごとに適切な形式(演習形式・講義形式・グループディスカッション形式等)で講義を行う。また、先端的な電気電子工学技術が実社会においてどのように活用されているか理解する(観点B)ために、理論のみだけでなく活用例を外部専門家から直接学べる講義(情報通信工学特論・フロンティア電気電子工学特論)を用意し、様々な事例等を活用の仕方を学ぶ。観点Cを実現するため、指導教員による直接指導を中心とした「シミュレーション」「実験」「議論」「プレゼンテーション」を「少人数形式」で行うことにより、客観的データに基づき理論的に推論を進め、結論に導く能力を高めるとともに、習得した専門知識を具体的に課題に適用し、その課題解決方法を考案し、自ら企画設計・遂行能力を育成する各種セミナー科目、特別実験・特別研究科目を実施する。さらに、観点Dの実現のため、異なる分野の研究者・技術者と協調し、新しい学際分野を発展させる能力を身につけるインターンシップ科目を設ける。

③ 学修成果を評価する方法に関する方針
 ディプロマ・ポリシーで定める獲得を身に付けた技術者・研究者を育成するために、成績評価は、講義科目では試験、レポート等で、実験・実習、演習ではレポート、口頭試験等で評価する。授業科目の成績は、S・A・B・C及びDの5種類の評語をもって表し、S・A・B及びCを合格とし、Dを不合格とする。合格した者には所定の単位を付与する。また、学位論文については、審査基準と審査方法を明示し、それに基づき学位論文審査委員会による論文審査および最終試験を厳格に行う。

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら