農学府共同獣医学専攻(博士課程)

農学府のディプロマ・ポリシー(博士課程(4年制):共同獣医学専攻)

 国内外の獣医学領域における諸問題を網羅的に分析・評価し、獣医学的な視点で解決するための高度かつ広範な専門知識と研究能力を身に付けた学生に「博士(獣医学)」を授与する。
 様々な動物種を対象とした高度獣医療を実践できる獣医臨床医科学、動物衛生及び公衆衛生を中心とした食の安全安心を守る専門性の高い獣医衛生科学、あるいは、これらの分野の基盤となり最先端の基礎研究 を実践する動物基礎医学、を習得した学生に学位を授与する。

1)産業動物及び伴侶動物の獣医療に関する高度な専門知識と研究能力を備え、臨床獣医師として高度獣医療ならびに臨床研究を実践する人材
2)動物衛生及び公衆衛生に関する高度な専門知識と研究能力を備え、行政、研究の分野で国内外の食の安全安心を守るリーダー足り得る人材
3)獣医学の基盤を担う動物基礎医学に関する高度な専門知識と研究能力を備え、国内外の研究機関および企業にて最先端の研究を実践する人材
 
 具体的には以下の能力を身に付けることが要求される。
A)共同獣医学専攻において掲げた人類と動物の健康と福祉に貢献するという理念に基づき、博士研究者としての基礎的な素養や研究倫理、コミュニケーション能力を身につけること
B)高度獣医療の提供、人類と動物の健康、食の安全、ならびに先進的な研究の発展に貢献できる博士研究者として、研究遂行上必須となる専門性の高い高度な獣医学の知識や実践的研究手技などの研究能力を身につけること
C)共同獣医学専攻の強みである獣医学領域と関連する分野の最新の研究知見を身につけること
D)身につけた能力とフィールドでの社会的ニーズをリンクさせ、自ら培った研究能力をどのように社会還元できるかをイメージできること、またそれらを表現できる能力とリーダーシップ力を身につけること

農学府のカリキュラム・ポリシー(博士課程(4年制):共同獣医学専攻)

 共同獣医学専攻では、人類と動物の健康と福祉に貢献するという理念に基づき、高度獣医療の提供、人類と動物の健康、食の安全、並びに先進的な研究の発展に貢献できる国際的な人材を育成し、我が国のみならず世界的に獣医学を牽引する研究リーダーを育成するための教育カリキュラムを編成する。

1)研究者としての基礎的な素養や研究倫理、コミュニケーション能力を涵養するため、共通基盤科目を設け、全教員が参加するオムニバス形式の講 義あるいはゼミナールによるティーチングを実施する。
2)高度な獣医学を身に付けることを目的に、講座科目(講義)を設け、主指導教員および第一・第二副指導教員によるゼミナール形式の個別指導を実施する。
3)研究遂行上必須となる専門性の高い知識や実践的研究手技等の研究能力を培うことを目的に、研究指導科目を設け、主指導教員および第一・第二 副指導教員による個別の研究指導を実施する。
4)獣医学と関連する学問領域にも目を向け広い視野を持った研究能力を身に付けるため、獣医学学際科目を設け、多数の教員の参加するオムニバス形式の講義を実施する。
5)自ら培った研究能力を社会に還元する方法を学ぶため、外部機関における先端実践科目を設け、獣医師の活躍する現場におけるインターンシップや、国内外の学術集会での発表、および海外留学による共同研究を行う。

 ディプロマ・ポリシーで定める能力を身に付けた技術者・研究者・教育者を育成するために、成績評価は、講義科目では試験、レポート等で、実験・実習、演習ではレポート、口頭発表等で評価する。授業科目の試験の成績は、S・A・B・C及びDの5種類の評語をもって表し、S・A・B及びCを合格とし、Dを不合格とする。合格した者には所定の単位を付与する。また、学位論文については、審査基準と審査方法を明示し、それに基づき学位論文審査委員会による論文審査および最終試験を厳格に行う。

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら