令和2年度卒業式・修了式告辞

令和2年度卒業式・修了式告辞です。


学長告示

 卒業生、修了生の皆様、本日は誠におめでとうございます。この晴れやかな日を共に迎えることができましたことを心よりお喜び申し上げます。
 また、本来であれば、全ての卒業生、修了生、そしてご家族ご友人も含めて、一堂に会していただき、直接お祝いの言葉をお伝えすべき所ですが、新型コロナウイルス感染症の問題はまだまだ予断を許さぬ状況でありますことから、殆どの皆様には画面や書面を通してのご挨拶となりますことをお許しいただきたいと思います。そしてすでにこの一年以上の間、私たちはこの深刻なコロナウイルス感染症拡大の問題に直面しています。その影響力は甚大なものであり、地球上の全ての人々に重く、深刻にのしかかっています。これは、皆さんにとっても例外ではなかったはずです。これまでも日々の講義や実習、研究活動など、卒業、修了に至る大学での活動から、日々の生活に至るまで、様々な点で不自由を余儀なくされてしまったことと思います。その様な困難を乗り越えて、一つの大きな節目を迎えられたことは、正に皆さんの努力の賜です。そして同時に、これまで研究活動を支えてくれた教員、友人、家族への感謝の思いも大切にして下さい。さらに、このようなときだからこそ、改めて自分自身のこれからの新たな生き方というものをしっかり考える機会にすることが大事です。
 さて、皆さんは大学での様々な経験と共に、それぞれの専門に立脚した学術研究に取り組んで来きました。この学問の探究の本質とは何かと考えたとき、それは自然や社会の現象を深く見つめてその真理を明らかにするという答えになるのかもしれません。しかし決してそれだけに止まるものではありません。この活動は自分の本当の姿をしっかり見つめながら、世の中はこの先どうなるかを明らかにし、そして自分は何を成すべきかをはっきり決めていくことに繋がるものではないかと思います。これこそが学問に真剣に取り組む意味であると思います。すなわち、学問とは決して科学者になるためだけにあるものではなく、皆さんがこれからご自身の持てる力を最大に発揮し世の中と繋がっていくための大事な指針を手にするためのものであると言えるでしょう。学術活動の中でも、それ以外の世の中の様々な仕事の中でも、単に自分が正しいと主張し勝つことを考えるのではなく、本当に大事なことや新しい世界を見出し、皆さんの周りの人々がそこに向かうきっかけを与え、その結果として世の中がよりより方向に進んでいくことこそ本当の目標であるべきです。そして、どの道においても必ずしも自分がいつも正しいわけではなく、自分の至らぬところ、不完全であることを認める、他者の優れた考えを認めるということによって、実は本当に大切なものに気づき、自信をもって大きな意味のあることを成し遂げようという勇気も湧いてくるものです。そのような勇気を持つ人には自由に生きる力もしっかり宿るものだと思っています。
 どうか今日、この晴れやかな日を迎えた卒業生、修了生の皆さんには、東京農工大学での学びを通して、それを踏み台にして、世の中で人々の心を動かして行くような役割を担う人になって欲しいと願っています。
皆さんのこれからのご活躍とご発展を心より祈念して、私の挨拶とさせていただきます。本日は誠におめでとうございます。

令和3年3月25日
東京農工大学長 千葉一裕


Notification of the President

 Congratulations to all graduates today. We are delighted to have this brilliant day together.
 In addition, normally, all graduates, family and friends should meet together and congratulate them directly, but the problem of the new coronavirus infection is still unpredictable, I would like to forgive most of you for greetings through the screen or in writing. Already for over a year now, we have faced this serious problem of the spread of coronavirus infections. Its influence is enormous and weighs heavily and seriously on all people on the planet. This should have been no exception for you. I think that I have been forced to be inconvenienced in various ways, from daily lectures, practical training, research activities, and other activities at the university that lead to graduation and completion. It is the result of your efforts that you have overcome such difficulties and have reached a major milestone. At the same time, please also value your gratitude to the faculty members, friends, and family who have supported your research activities. Furthermore, it is important to give this opportunity to think about a new way of life for yourself.
 By the way, everyone has been engaged in academic research based on their respective specialties, along with various experiences at the university. When you wonder what the essence of this scholarly inquiry is, it may be the answer to dig deeper into natural and social phenomena and reveal their truths. But it doesn't stop there. I think that this activity will lead to a firm look at what you really are, to clarify what the world will be like, and to clearly decide what you should do. I think this is the meaning of taking academics seriously. In other words, scholarship is not just about becoming a scientist, but about getting important guidelines for you to maximize your potential and connect with the world. In academic activities and in various other jobs in the world, instead of simply claiming to be right and thinking about winning, you discover what is really important and a new world, and the people around you go there. The real goal should be to give an opportunity and, as a result, change the world in a more positive direction. And by admitting that you are not always right on every path, admitting that you are imperfect, beyond your reach, and admitting the good ideas of others, you realize what is really important and have confidence. It also gives you the courage to accomplish something of great significance. I think that those who have such courage have the power to live freely.
 Please, for the graduates who have celebrated this wonderful day today, through your studies at Tokyo University of Agriculture and Technology, I hope you will play a role in moving people's hearts in the world.

I would like to extend my greetings with my sincere prayers for your future success and development. Congratulations on your graduation today.

March 25, 2021
CHIBA Kazuhiro
President, Tokyo University of Agriculture and Technology

 

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら