令和2年度 東京農工大学にご入学された皆さまへ

(English)

[2020年4月6日更新]
千葉新学長の新入生メッセージを動画でも公開しました。
新入生への皆さまに向けたメッセージを、ドローンで撮影したキャンパスの風景とともに、ご紹介しておりますので、是非ご覧ください。

令和2年度東京農工大学にご入学された皆さまへ

(和文/Japanese)

新入生のみなさん、ご入学、誠におめでとうございます。

本来であれば、新入生の皆さん、ご家族、大学の教職員や在学生が共に集い、入学式を盛大に開催するところですが、ご存知の通り、新型コロナウイルスによる感染拡大防止を最優先することにより、入学式は中止することとさせていただきました。このことは誠に残念なことですが、なによりもこの世界中に広がった極めて深刻な問題が1日も早く終息することを願っています。

さて、新入生の皆さんは、東京農工大学の農学部、工学部、あるいは大学院へ入学され、今どのようなことを感じているでしょうか?学部入学生にとりましては、おそらく大学受験のための長い準備期間の努力を思い起こし、あるいは大学生活とはどの様なものだろうかと期待に胸を膨らませている人も多いかと思います。また、大学院入学生にとりましては、自分の研究のさらなる発展をめざし、大きな夢を描いている人も多いかと思います。人それぞれに、思いは異なるかもしれませんが、これから東京農工大学で過ごす皆さんの学生生活において、それぞれ大きな目標をたててもらいたいと思っています。

東京農工大学は農学部と工学部からなる日本でただ一つの国立大学です。農学とは、未来に向かって自然と人のつながりを探求する分野、工学はテクノロジーによって人の生活がより豊かになる新しい世界を生みだす分野ともいえます。私は、農学と工学の結集によって、次の時代を築く様々な知恵が世の中に広められるものと確信しています。
人類の歴史は数百万年と言われ、狩猟社会から農耕社会へと変遷を遂げ始めたのは、わずかに1万年前程です。その後、高度な工業社会、情報社会を経て現在に至るまで、我々は数多くの自然の脅威を克服してきました。たとえば、伝染病との戦いや食料の確保など、生きていけるかどうかと言う命に関わる多くの問題について、人類は自然の仕組みを学び、知恵を集積してそれを乗り越えてきました。それでは今の世の中を見ると、それは皆さんにはどのように映るでしょうか?確かに多くの問題を乗り越え、我々の生活はより高いレベルになったといえる部分もありますが、人類はまだ自然の仕組みのほんの一部しか理解していませんし、さらには急速に拡大し続ける人間活動による多大な影響が自然界や自然現象と複雑に入り交じることによって、より困難な問題が次々と発生しています。このことは、自然科学の探究に止まらず、人間の社会的な活動と自然現象との関係も深く探求し、次の来たるべき時代はどうあるべきかと言うことについてしっかりとした指針を示すリーダーの存在も必要になっています。その未来のリーダーとは皆さんのことです。そのことをしっかり胸に刻んで欲しいと思っています。

思い起こせば農学、工学とはまさに自然界や自然現象と人との係わりを探求する中で発展してきた学問です。この領域から生まれる新たな知見が、これからの多くの問題を克服するために必須のものであることは間違いありません。今皆さんはこのような、極めて重要な役割を担う分野での学びを始めることができるのです。是非その学びを通して、自分の価値を最大化できるよう、広い視野をもった研究活動や、人と力を合わせ世の中の役に立つような大事な活動をして欲しいと思います。

アルベルト アインシュタインは、「人の価値とは、その人が得たものではなく、その人が与えたもので測られる」という言葉を残しています。皆さんも、これからは自分が何を世の中に与えることができるかを考え、そのための力をつけることを大きな目標にしてもらいたいと思っています。一言で申し上げれば、あらゆる活動において「人とかがやく」という心構えが大切なのではないでしょうか。その進め方やかがやき方はみなさんにとってそれぞれ多様なものだと思います。未知の自然現象を探求し、新しい発見を世の中に知らせることも素晴らしいことです。新しい技術でより優れたものを創り出すことや,よりよい世の中の仕組みを提案することも大切な事です。東京農工大学での学びを通して、ぜひともその様なことがしっかりできる人になっていただきたいと思っています。

結びにあたり、新入生の耀く未来を心から期待して、私のお祝いの言葉とさせていただきます。
ご入学、誠におめでとうございます。

 

2020年4月1日

東京農工大学長 千葉一裕

Message from the President to New Students

(英文/English)

Congratulations on your admission to Tokyo University of Agriculture and Technology.

Originally, everyone who enrolls this year, your family, faculty members and current students of the university gather together to hold the university entrance ceremony, but as you know, due to the worldwide spread of the new coronavirus, greetings to new students this year is implemented in this way. We are so sorry and hope that this extremely serious problem worldwide will end as soon as possible. In addition, I would like to have other opportunities to talk directly with you in various ways.

Tokyo University of Agriculture and Technology is the only national university in Japan composed of agriculture and engineering. Agriculture and engineering are studies that have evolved through the relationship between natural phenomena and humans. There is no doubt that the new insights coming from this area are essential to overcoming many of the problems that will come. Now you can start learning in these vitally important areas.

The history of humanity is said to be millions of years, and the transition from a hunting society to an agricultural society began only about 10,000 years ago. Since then, we have overcome many threats through advanced societies. For example, on many life-threatening issues such as infectious disease and food problems, humans have learned about nature and accumulated wisdom to overcome them. So when you look at the world today, how does it look to you? At some point we may have surpassed many things and our lives have been raised to a higher level, but humanity still only understands a small part of the mechanisms of nature, and more complicated is the enormous amount of human activity. The next upcoming era also requires the presence of leaders who clearly indicate what should be. That future leader is you.

By all means, I hope you will have a lot of experience to maximize your value. Albert Einstein said that “The value of a man should be seen in what he gives and not in what he is able to receive”. I want you to think about what you can give the world and make it a big goal. It is also wonderful to explore natural phenomena that have not yet been elucidated and inform the world of new discoveries.

To conclude, it is very important to create excellent things with new technologies and to propose better social mechanisms with people, for people in the world.
I hope you have the attitude of “Flourish with People”

I wish you a bright future.

Congratulations.

CHIBA Kazuhiro President, Tokyo University of Agriculture and Technology

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら