学長ビジョン

戦略1 人の未来価値を広げる教育改革

 人の未来価値の拡張を基本理念として、学修の幅を広げる教育を目指し、時代の変化に応じた柔軟な教育プログラムを編成する。科学的探究を通じて、公益性、透明性、社会性、国際性、倫理観を基盤とした知の共有化と、人の大切さを軸とした価値判断、信頼、承認、自己制御の力、熱意、持続する力を持ったスケールの大きな人となることを大学教育として目指す。学位プログラムを中心とした大学教育制度を基盤として、国際化のさらなる推進、複数の大学等との連携、情報技術を活用した教育を促進する。大学院課程では、科学的探究を通じて高度な思考力と創造力を養い、広い視野をもってこれからの知識社会の牽引者となる人材養成を推進する。大学院課程を修了した学生の活躍の場が、質、量、共により高められ、先進的な研究成果を継続的に発信できる高度な学術研究者、技術者、あるいは国際社会のリーダーとなる道を拓くことが重要である。その実現のために、教育研究環境のさらなる拡充と質的向上を目指す。さらに、社会の需要を見据えた大学院課程の教育プログラムおよび教育方法の改革により、広い視野をもって高度な研究を推進し、その応用・実践に挑戦する人材養成を推進する。学士課程では、学生の創造性の発展をめざし、自然と社会を対象にした知的好奇心を拡げる。すなわち、学生が科学、技術、事業の世界において活躍するための教育体制を整備し、論理的思考力の基盤構築と創造性を刺激する講義、実験・実習教育について常に教育方法の開発を進め、新たな考えや価値を創出し、他者の個性を敬い自らの独創性を発揮するための基礎力を養う。

戦略2 研究連携に基づく新機軸の創成

 人類社会の基幹を支える農学、工学およびその融合領域にかかわる基礎研究から科学技術に直結する応用研究に至る使命志向型研究の遂行により、卓越した新しい知の創造を推進する。また、高い倫理観をもって、持続発展可能な社会の構築に向けた、人と自然が共生するための科学技術発信拠点としての社会的責任を果たす。農学、工学は自然界や自然現象と人との関係を基盤とする学問領域であり、本学設立の理念の中核をなす。すなわち、人間活動が地球に大きな影響を与え続ける中で、エネルギーや資源を循環させ、環境への負荷を低減、修復しながら人類の食と健康を持続的に獲得することが重要課題となっている。また、科学の探究、高度な技術開発と共に、社会システムの構築に関する新たな考えの導入が必要である。このような課題認識に基づき、未来社会の創生に必須となる柔軟性と復元力を基軸としたソフトエッジな先端科学研究と技術開発を重点化すると共に、人と自然の繋がりの中からスマート社会の構築を目指す。そのために、多次元の人的、組織的な連携関係を積極的に構築し、より高いレベルの研究を開放されたオープンな競争の場へと拡げる。このような研究連携活動を基軸として、未来を担う人材の才能の発見と新たな知識の社会への発信を積極的に推進し、学術および社会における新機軸を創成することを目標とする。

戦略3 社会に向けた知識の提供と実践

 本学は都心部や海外へのアクセスが至便であると共に、近隣には先端技術を基盤にした数々の有力企業の拠点がある。周囲は自然環境や天然資源の宝庫であり、多様な産業と関連する試験研究機関の一大集積地であると共に、数多くの教育機関、公的機関に囲まれている。このような環境において、科学的探究に基づく未来価値の創造や、社会に対する新たな知識の提供、さらにはその具現化を実践する人材養成など、総合的に社会との協力関係を構築できることは本学の大きな強みである。このメリットを最大に活かし、大学の生み出す知識と実践力によって未知のニーズや新市場を創り、社会を動かす力に繋げる。また、新技術、事業開発情報や利益相反に関する管理体制を強化する。大学と産業界や地域社会との連携は、事業の継続発展性や国際性の確保、人材の活用、雇用促進、新産業創出など社会の重要な機能を維持発展させることである。すなわち、学術的な知見や基盤となる技術の将来性、活躍する人材像を描き事業との関連性で先見性を持つことが必須である。その議論の渦中に入り、共通の目標のもとで力を尽くさなければならない。大学発の知識や技術応用だけに限定された発想ではなく、大学が発信する知識が広く社会に浸透し大きな力となるためにはどの様なことが必要か、将来の姿はどうあるべきかという課題を共有できる真の連携関係を構築し、その目標に向かって活動することが重要である。

戦略4 教職協働による経営基盤の強化

 質の高い教育研究の持続発展に向け、構成員の協働を通して自主的、自律的な大学経営を行う強固な基盤を構築する。すなわち、大学の研究成果の活用や大学としての社会的な価値と貢献度を高める努力、質の高い教育研究に対する持続発展的な挑戦を原点に、ガバナンスと経営基盤の強化を徹底する。収入源の多様化や資産管理による経営資源の継続性確保と責任の明確化、倫理指針の徹底などを着実に実施できる体制整備を行う。大学として掲げる多岐に渡る数値基準をクリアするための努力目標を明確化すると共に、教育活動や社会貢献活動、入学試験、広報活動、コンプライアンス、リスク管理、プロジェクトの企画提案、関連施設の運営・経営などを計画的に推進する。海外機関を含めた他機関との連携においては、先進的な研究に基づく未来の価値創造や、その成果物、知識の社会への提供、さらにはその実践をリードする人材養成など総合的かつ持続的な協力関係を構築するための経営基盤の構築を進める。また、人の可能性を広げる人事制度を導入し、教職協働による新たな目標設定やその実践手法の学びと活躍の機会を創出する。多様な観点に基づく大学への貢献度や意欲要素を評価することによって、構成員の活力や創造力の最大化を図る。

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら