2022年度 メディア掲載情報

10月

掲載年月日 媒体名 記事(番組)表題 記事(番組)概要
10月1日 2030SDGsで変える
2022年版
スキー場閉鎖でチョウ消える スキー場が閉鎖されると周辺のチョウも減っていく――。東京農工大学(東京都府中市)の研究チームがそんな調査結果を発表したと紹介される。
10月1日 産経新聞 6候補者の舌戦過熱
品川区長選、あす投開票
品川区長選に立候補を届け出た前区議の西本貴子氏(61)の学歴として東京農工大卒と記載される。
10月1日 毎日新聞 品川区長選/品川区議補選 あす投票 区長選、新庁舎整備などが争点 /東京 品川区長選に立候補を届け出た前区議の西本貴子氏(61)の学歴として東京農工大工学部卒と記載される。
10月1日 朝日新聞 ノーベル賞見守る地元、広がる顕彰 研究者遠藤章さんの功績後世にと 血中のコレステロール値を下げる働きがある物質「スタチン」を発見し、ノーベル賞に近いとされる国際的な賞を受賞している東京農工大特別栄誉教授の遠藤章さん(88)の出身地・秋田県由利本荘市では、功績をたたえ、広く知ってもらおうという動きが広がっていると紹介される。
10月1日 読売新聞 ノーベル賞ウィーク、来週開幕…科学3賞の注目は 高コレステロール血症薬の成分スタチンを発見した遠藤章・東京農工大特別栄誉教授(88)らの受賞に期待がかかると紹介される。
10月1日 PLAYER! 【東京都大学サッカーリーグ戦チャレンジリーグ第14節】まもなく開始!芝浦工vs農工大 東京都大学サッカーリーグ戦チャレンジリーグ第14節 芝浦工業大学(男子) vs 東京農工大学(男子)の試合が非公開にて行われると紹介される。
10月1日 PLAYER! 【速報中】芝浦工vs農工大は、芝浦工が3点リードで前半を折り返す 非公開で行われている東京都大学サッカーリーグ戦チャレンジリーグ第14節の芝浦工業大学(男子) vs 東京農工大学(男子)の試合は前半を終え、芝浦工が農工大相手に3点リードを奪っていると紹介される。
10月1日 創業手帳 農作物のアップサイクルに取り組む「グリーンエース」が資金調達 グリーンエースは、農産物のアップサイクルに取り組む東京農工大学発のスタートアップだと紹介される。
10月3日 日本経済新聞 東京農工大、電子デバイスを利用した溶液中の生体由来分子検出の新手法を発表 従来電子デバイスを利用した溶液中センサで問題となるデバイ遮蔽の影響を受けない新しい分子検出の実証に成功したと紹介される。
10月3日 日本経済新聞 ノーベル賞
2022年ノーベル賞
栄冠は誰に
生理学・医学賞の受賞に期待が集まる候補の研究者として遠藤章特別栄誉教授が紹介される。
10月3日 日本経済新聞 ノーベル生理学・医学賞3日発表 コロナワクチンに注目 高脂血症などの治療に使うコレステロール低下剤「スタチン」のもとになる物質を発見した遠藤章・東京農工大学特別栄誉教授が候補として紹介される。
10月3日 日本ネット経済新聞 グリーンエース、第三者割当増資による資金調達を実施 企業と連携して食品のアップサイクルを促進 グリーンエースは、Green Power for Better Lifeをビジョンに掲げ、農産物のアップサイクルに取り組む東京農工大学発のスタートアップだと紹介される。
10月3日 FISCO アルマード Research Memo(4):直販チャネルの育成に注力し、収益獲得基盤を拡大(2) 同社は卵殻膜の可能性を最大限に引き出すため、東京大学及び東京農工大学との産学連携による研究開発を続けていると紹介される。
10月4日 lifehacker 愛猫と一秒でも長く幸せに暮らすために、オーナーが知っておくべき6つのポイント 「猫を幸せにするための3ポイント」をテーマに東京農工大学特任講師の入交眞巳先生が登壇したと紹介される。
10月4日 農業協同組合新聞 農産物のアップサイクル 第三者割当増資による資金調達を実施 グリーンエース グリーンエースは、Green Power for Better Lifeをビジョンに掲げ、農産物のアップサイクルに取り組む東京農工大学発のスタートアップだと紹介される。
10月5日 Synced Google & TUAT’s WaveFit Neural Vocoder Achieves Inference Speeds 240x Faster Than WaveRNN WaveFit: An Iterative and Non-autoregressive Neural Vocoder based on Fixed-Point Iteration, a team from Google Research and the Tokyo University of Agriculture and Technology presents WaveFit, a fast and high-quality neural vocoder that achieves natural human speech with inference speeds that are 240 times faster than WaveRNN.
10月5日 静岡県警察本部ホームページ ドラレコ映像R4-10
「いち早く発見すること、してもらうことが大切です」
東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料が放映
10月5日 市民運動新聞 農工大全国初、2つの動物病院-今秋、小金井キャンパスに開設 今秋、小金井キャンパスに同大学2つ目の動物病院を開設すると紹介される。
10月5日 AINOW AIエンジニアになるには大学に進学するべきか? AIにおける大学・研究機関別の科学技術研究費(科研費)獲得ランキングに、獲得件数9件として掲載される。
10月6日 毎日小学生新聞 話題 「よくわかる土中環境」出版(その1-2) 小5の自由研究きっかけに 「よくわかる土中環境」の著者であるNPO法人「地球守」の代表理事などを務める高田宏臣さんの経歴として東京農工大学を卒業と紹介される。
10月7日 日刊工業新聞 天田財団助成決まる
金属加工の発展へ 今年度前期90件④
研究開発助成/一般研究開発助成(レーザプロセッシング)において宮地悟代/東京農工大学大学院工学研究院「高強度フェムト秒フーリエ合成パルスによる固体中のイオンの並進運動制御の実証」が採択されたことが紹介される。
10月7日 日刊工業新聞 天田財団、今年度前期の助成テーマ90件(4) 研究開発助成/一般研究開発助成(レーザプロセッシング)において宮地悟代/東京農工大学大学院工学研究院「高強度フェムト秒フーリエ合成パルスによる固体中のイオンの並進運動制御の実証」が採択されたことが紹介される。
10月7日 BS11 Vol.3 アリの好物を大実験!【アリのひみつ大図鑑】/BS11 アリの生態について東京農工大学佐藤俊幸准教授が出演し解説する。
10月7日 日経産業新聞 Next Tech2050
台風でも倒れにくイネ
DNA情報活用で効率よく品種改良
東京農工大学はイネのDNA情報を活用した「ゲノム育種」によって、美味しいコメの代表格であるコシヒカリの味を保ちつつ茎が太く丈夫な品種を開発したと紹介される。
10月7日 リセマム 【大学受験2023】残り4か月、合格コーチと難関大目指す 対象国公立大学として東京農工大学が記載される。
10月8日 日本流通産業新聞 グリーンエース/資金調達を実施/未利用食材の有効活用に充当(2022年10月6日号) 東京農工大学と全国農業協同組合連合会と共同で粉砕技術の研究に取り組み、21年1月に野菜粉末のプロテイン「ToneTone(トントン)」と野菜粉末ブランド「Vegemin」を立ち上げ、ネット販売を開始したと紹介される。
10月10日 中日新聞 「ゲッター」日本一へ熱戦 池田でウッドスポーツ大会 ペアの部は東京農工大のKato Labが22秒02で制したと紹介される。
10月11日 日経産業新聞 台風でも倒れにくいイネ 「ゲノム育種」で効率よく
Next Tech 2050
農工大の大川泰一郎教授らは台風でも倒れにくい、強いイネ品種の開発に長年取り組み、複数が22年に新たな品種として農林水産省に登録されたと紹介される。
10月11日 文教.com 【農工大】森の中のシカ死体、だれが最初に見つけて食べている?~動物によるシカ死体の発見と消失のパターンを解明~ 森林内におけるニホンジカ死体を漁る死肉食動物(スカベンジャー)によるシカ死体の設置から死体を発見するまでの時間と死体の消失時間を定量化し、それらに影響を及ぼす要因を検証したと紹介される。
10月11日 ナゾロジー 森で死んだものはどうなるのか? シカの死体を使った実験 東京農工大学大学院、米イリノイ大学(University of Illinois)の共同研究チームは、森林内にニホンジカの死体を設置し、どのスカベンジャー(死肉食動物)が、どれくらいの時間で発見できるか、また、死体が消失するまでにどの程度かかるかを調査したと紹介される。
10月12日 フジテレビ 「林修のニッポンドリル」 「富岡製糸場」の特集の中で放送された再現VTRで、東京農工大学科学博物館が所蔵する御法川式繰糸機が使われる。
10月12日 日本経済新聞 College edge
心の健康 自然の力生かす
インタビューを受けた千葉大学名誉教授宮崎良文氏の経歴として東京農工大修士と記載される。
10月12日 日本経済新聞 心の健康、自然の力生かす 宮崎良文・千葉大学名誉教授
コロナ禍でストレス社会に 木材やせせらぎ音に触れる
インタビューを受けた千葉大学名誉教授宮崎良文氏の経歴として東京農工大修士と記載される。
10月12日 TECHABLE 大企業がテレワークを導入できない5つの理由 テレワーク・テクノロジーズ株式会社代表取締役CEOの荒木賢二郎氏の経歴として東京農工大学工学部卒と記載される。
10月12日 MARR Online 【ユニバーサル マテリアルズ インキュベーター】優れた素材・化学企業の育成を通して新事業創出のプラットフォーム提供を目指す ユニバーサル マテリアルズ インキュベーター(UMI)の設立者である木場祥介氏の経歴として東京農工大学大学院生物システム応用科学府修了と掲載される。
10月12日 Science Japan Latest News
Complete degradation of commercial polyester: Reducing plastic waste and creating new materials
discovered that complexes of the rare earth element lanthanum are effective in decomposing polybutylene succinate (PBS) based on their knowledge of the transesterification decomposition of vegetable oils and the catalytic bond scission of esters of low-molecular-weight compounds.
10月13日 日刊工業新聞 天田財団助成決まる
金属加工発展へ
今年度前期90件⑦
国際交流助成/国際会議等参加助成(レーザプロセッシング)において宮地悟代/東京農工大学大学院工学研究院「LAMOM XXVIII in SPIE. PHOTONICS WEST」が採択されたことが紹介される。
10月13日 日刊工業新聞 天田財団、今年度前期の助成テーマ90件(7) 国際交流助成/国際会議等参加助成(レーザプロセッシング)において宮地悟代/東京農工大学大学院工学研究院「LAMOM XXVIII in SPIE. PHOTONICS WEST」が採択されたことが紹介される。
10月13日 静岡新聞 県警事故防止ムービー
夕方のライト点灯 早めに
東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料の静止画が紙面掲載され,AR放映
10月13日 8760 シニア犬に元気に過ごしてもらうために 「成犬とはまるで違う」お世話のポイントを獣医師が解説 回答者の獣医師 山本昌彦さんの経歴として東京農工大学獣医学科卒業と記載される。
10月13日 日刊工業新聞 地域イノベ創出環境強化事業
北大に3億円配分
内閣府
東京農工大学は補助金に頼らない農林産業モデルの構築が目を引くと紹介される。
10月13日 日刊工業新聞 内閣府、地域イノベ創出環境強化事業で北大に3億円配分 東京農工大学は補助金に頼らない農林産業モデルの構築が目を引くと紹介される。
10月13日 日本ネット経済新聞 野菜粉末ブランド「Vegemin」開発のグリーンエース、シードラウンドで資金調達 販促や事業強化に充当 東京農工大学と全国農業協同組合連合会と共同で粉砕技術の研究に取り組み、21年1月に野菜粉末のプロテイン「ToneTone(トントン)」と野菜粉末ブランド「Vegemin」を立ち上げ、ネット販売を開始したと紹介される。
10月14日 BS11 Vol.4 恐怖!サムライアリの奴隷狩り【アリのひみつ大図鑑】/BS11 アリの生態について東京農工大学佐藤俊幸准教授が出演し解説する。
10月14日 大学ジャーナル 日本の森林生態系では動物死体の除去に哺乳類が活躍 東京農工大学 東京農工大学と米国イリノイ大学の国際共同研究チームは、日本の森林内にシカ死体を設置し、死体を発見する動物、死体の発見時間と消失時間、またそれらに影響を及ぼす要因について検証したと紹介される。
10月14日 科学新聞 地域中核大学の社会貢献支援
内閣府 11大学に合計16億円
東京農工大学へ1億円配分されたと紹介される。
10月14日 日本経済新聞 水田抑草ロボの効果を共同研究 農研機構や井関農機 東京農工大発ベンチャーで、ロボット開発の有機米デザイン(東京都小金井市)が開発した「アイガモロボ」が紹介される。
10月14日 スポニチアネックス アマボクシングのアジア選手権日本代表に入江聖奈ら男女15人発表 大学で競技を引退し、卒業後は東京農工大大学院でカエルの研究などを行う入江は、最後の国際大会出場となる可能性があると紹介される。
10月15日 産経新聞 テクノロジーと人類16
感染症と動物
「コロナ流行の世紀」起源なお謎
東京農工大の水谷哲也教授(ウイルス学)の「ほとぼりが冷めた頃にまた新型が出るだろう」との指摘が紹介される。
10月15日 日本経済新聞 水田雑草抑える「アイガモ」 自律ロボ実験
農研機構など 泥を巻き上げ光合成遮る
東京農工大発ベンチャーで、ロボット開発の有機米デザイン(東京都小金井市)が開発した「アイガモロボ」が紹介される。
10月16日 毎日新聞 強運も金メダル級 年2億本売れるチョコバー「ブラックサンダー」 東京農工大の生協職員「白石さん」と学生との「ひとことカード」のやりとりで注目を集めた「生協の白石さん」の元ブログでも取り上げられたことが紹介される。
10月17日 日刊工業新聞 「がん幹細胞」分裂解明
前立腺がん転移・再発関与
東京農工大
東京農工大学の鈴木絵里子准教授らは、前立腺がんの転移や再発に関わる「がん幹細胞」の分裂の仕組みを明らかにしたと紹介される。
10月17日 日刊工業新聞 東京農工大、再発・転移の元凶「がん幹細胞」分裂解明 “非がん幹”存在で増殖能低下 東京農工大学の鈴木絵里子准教授らは、前立腺がんの転移や再発に関わる「がん幹細胞」の分裂の仕組みを明らかにしたと紹介される。
10月17日 日本農業新聞 担い手
注目集まるが課題も
バイオスティミュラントとは
土壌微生物を研究する東京農工大学の豊田剛己教授の指摘が紹介される。
10月17日 ねとらぼ 【北日本在住者が選んだ】「ネームバリューが強い」と思う国立大学ランキングTOP16! 第1位は「東京大学」【2022年最新投票結果】 第8位に東京農工大学がランクインする。
10月18日 ザイ・オンライン 「ティムス」のIPO情報総まとめ!
スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、
他の医薬品・医療用品の研究・開発企業との比較や予想まで解説!
2005年に、東京農工大学発酵学研究室(蓮見惠司教授)の医薬シーズを実用化することを目的に同社設立したと紹介される。
10月18日 毎日新聞 駄菓子の国
有楽製菓(東京都小平市) 30円の“雷神”「ブラックサンダー」
東京農工大の生協職員「白石さん」と学生との「ひとことカード」のやりとりで注目を集めた「生協の白石さん」の元ブログでも取り上げられたことが紹介される。
10月19日 繊研新聞 素材・製造・商社
この技術がすごい
ニッセンケン品質評価センター
リサイクルポリエステルを簡単に判別
数値のわずかな特徴で
測定法を開発したニッセンケン東京営業所蔵前ラボの舟橋みゆきさんの経歴として東京農工大学博士課程にて高栁正夫教授に師事したと紹介される。
10月20日 毎日新聞 環境と健康の深い関係
マイクロプラスチックの健康影響 懸念されるが研究途上
東京農工大学の高田秀重教授の研究グループが、2015年の夏に東京湾で野外調査を行ったと紹介される。
10月20日 日本経済新聞 グラフェン評価でノーベル賞級 物材機構の谷口・渡辺氏 物質・材料研究機構フェローの谷口尚氏の経歴として1982年東京農工大を卒業と記載される。
10月20日 ゴムタイムス 【社告】シランカップリング剤セミナー開催 講師を務める中北一誠氏の経歴として1987年東京農工大学工学部卒業と記載される。
10月20日 EventBank Trash? or Treat? 2022〜ゴミ?ごちそう?〜 東京農工大による食品ロスのワークショップが開催されることが紹介される。
10月21日 BS11 Vol.5 身近なアリの観察!【アリのひみつ大図鑑】/BS11 アリの生態について東京農工大学佐藤俊幸准教授が出演し解説する。
10月21日 日本経済新聞 研究での副産物 基板材料に活用 物質・材料研究機構フェローの谷口尚氏の経歴として1982年東京農工大を卒業と記載される。
10月21日 タウンニュース 茅ヶ崎市長選挙
現新3氏の争いか
23日告示、30日投開票
新人で大学講師の桂秀光氏の経歴として東京農工大学を修了と記載される。
10月21日 趣味の園芸 11月号 特集 果樹その5
自宅じゃないとつくれない
キウイ
わが家で収穫&追熟で極上の味に!
大きくなりがちなキウイをコンパクトに育てるワザを紹介する。
10月23日 日本農業新聞 現場からの農村学教室 テーマ「食と農の新たな役割」
つながり生み命育む
宇都宮大学農学部教授 西山未真氏の経歴として東京農工大学大学院連合農学研究科博士課程修了と記載される。
10月24日 日刊工業新聞 紀伊国屋書店ベストセラー
『木材セラピー 木のやさしさを科学する』
人間のストレスを自然で緩和
著者 宮崎良文氏の経歴として79年(昭54)東京農工大環境保護学修士修了と記載される。
10月24日 日刊工業新聞 著者登場/宮崎良文氏『木材セラピー 木のやさしさを科学する』 著者 宮崎良文氏の経歴として79年(昭54)東京農工大環境保護学修士修了と記載される。
10月24日 東京新聞 現新 三つどもえ 茅ケ崎市長選が告示 新人で大学講師の桂秀光氏=NHK党推薦の経歴として東京農工大学を修了と記載される。
10月24日 毎日新聞 茅ケ崎市長選 告示 現新三つどもえに 政策・支持訴え /神奈川 新人でインドの大学の客員講師の桂秀光氏=NHK党推薦の経歴として東京農工大学を修了と記載される。
10月27日 読売新聞 【特集】社会貢献目指すグローバルリーダーズコース1期生の活躍…大妻中野 グローバルリーダーコース1期生として卒業し、東京農工大農学部に合格した齊藤 美乃莉さんのインタビューが紹介される。
10月27日 茨城新聞 国枝調教師1000勝祝う 茨城・美浦トレセン 記念碑建立、アーモンド植樹も 国枝栄氏の経歴として東京農工大を卒業と記載される。
10月27日 8760 犬や猫の寒さ対策を獣医師が解説 ブラッシングや加湿が有効、ホットカーペットは低温やけどに注意 回答者の獣医師 山本昌彦さんの経歴として東京農工大学獣医学科卒業と記載される。
10月27日 読売新聞 学生科学賞都大会 8点 中央審査へ
隅田川高天文部など最優秀
第66回日本学生科学賞(読売新聞社主催、旭化成協賛)の都大会審査委員長が佐藤友久名誉教授であることが紹介される。
10月27日 Sheetmetal 日本の科学技術研究の現状に危機感を抱く
『Sheetmetal ましん&そふと』編集主幹 石川 紀夫
日本は、注目度の高い科学論文数の順位を下げていることについて東京農工大学の堤正臣名誉教授が指摘していると紹介される。
10月27日 サンスポ 入江聖奈が最後の国際大会となるアジア選手権に出発「五輪が実力だったのか、運なのか分かる大会になる」/ボクシング 26日に東京農工大大学院の研究室の先生に研究計画書を提出したといい、日体大では2、3コマの授業に出席し、卒論も残っていると紹介される。
10月27日 スポニチアネックス ボクシング五輪金の入江聖奈がアジア選手権へ出発「最後の国際大会とは思わずにやりたい」 大学で競技を引退し、カエルの研究をするために東京農工大大学院へ進学するため、今回が最後の国際大会と紹介される。
10月28日 detikjateng Prof Ova Emilia Rektor Wanita UGM Kedua Setelah Dwikorita Dwikorita melanjutkan penelitian tentang Prediksi Bencana Hidrometeorologis dalam Program Post Doctoral di Tokyo University of Agriculture and Technology, Jepang tahun 1997.
10月28日 スポニチアネックス 入江 最後の国際大会も「いつも通り」 11.1開幕アマボクシングアジア選手権 東京五輪女子フェザー級金メダリストで、大学卒業後は東京農工大大学院に進学する入江聖奈(日体大4年)にとっては最後の国際大会と紹介される。
10月29日 産経新聞 いきもの語り
ガなのにハチそっくり…ウェブサイト「東京昆虫館」公開 源河正明さん
本格的に昆虫に向き合うことになったのは「昆虫に関わる仕事に就きたい」と考え、進学した東京農工大の在学中だと紹介される。
10月30日 産経新聞 いきもの語り
擬態魅力 ハチそっくりのガ
本格的に昆虫に向き合うことになったのは「昆虫に関わる仕事に就きたい」と考え、進学した東京農工大の在学中だと紹介される。
10月30日 読売新聞 学生科学賞49点表彰 都大会 審査員長を務めた佐藤友久東京農工大名誉教授のコメントが紹介される。
10月31日 みんなの経済新聞 「小田原くくり罠塾」が1日体験参加を呼びかけ バランスの良い環境作り 12月4日「シカはどこで増えるのか?」(元東京農工大学森林生物保全学研究室・古林賢恒さん)が予定されていると紹介される。

9月

掲載年月日 媒体名 記事(番組)表題 記事(番組)概要
9月1日 月刊 先端教育 9月号 連載第18回 10兆円大学ファンド構想と経営
「教職協働」で一丸となって世界レベルの研究大学を目指す
東京農工大学は、学長ビジョンにおける戦略に「教職協働による経営基盤の強化」を掲げ、世界と伍する研究大学の実現を目指している。その経営戦略や教職員研修、産学連携の取り組み、博士人材への支援、そして10兆円ファンドへの期待について千葉一裕学長のインタビューが掲載される。
9月1日 JSTnews 9月号 研究成果
市販のポリエステルを完全分解
プラごみを削減、新物質の創出にも挑戦
東京農工大学工学府の安倍亮汰大学院生、工学研究院応用化学部門の小峰伸之助教平野雅文教授らの研究チームは、ポリブチレンスクシネートの分解に希土類元素「ランタン」の錯体が有効であることを見出したことが紹介される。
9月1日 8760 犬の熱中症、応急処置は「まず体を冷やすこと」獣医師が解説する注意点&対応策 回答者の獣医師 山本昌彦さんの経歴として東京農工大学獣医学科卒業と記載される。
9月2日 さくマガ 人がAIをサポート。逆転の発想から誕生したBakeryScan AIレジを開発した株式会社ブレイン 代表取締役社長の神戸 壽さんの経歴として東京農工大学卒業生と記載される。
9月2日 サンスポ 東京五輪金メダルの入江聖奈が東京農工大大学院に合格 大好きなカエルの研究者の道へ/ボクシング ボクシングで東京五輪フェザー級金メダルの入江聖奈(21)=日体大=が国立の東京農工大大学院の入学試験に合格したことが紹介される。
9月2日 産経新聞 入江が東京農工大大学院合格 東京五輪ボクシング女子金 カエルを研究 東京五輪のボクシング女子フェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈(日体大)が、東京農工大大学院に合格したことを明らかにしたと紹介される。
9月2日 KYODO 金メダル入江聖奈が大学院合格 東京農工大、カエルを研究 東京五輪のボクシング女子フェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈(日体大)が、東京農工大大学院に合格したことを明らかにしたと紹介される。
9月2日 KYODO NEWS Olympic boxing champ Irie to pursue passion for frogs in grad school The Olympic women's featherweight champion said Friday she has been accepted into graduate school at the Tokyo University of Agriculture and Technology and plans to study the amphibians.
9月2日 The Japan Times Tokyo Games gold medalist Sena Irie to pursue passion for frogs The Olympic women’s featherweight champion said Friday she has been accepted into graduate school at the Tokyo University of Agriculture and Technology and plans to study the amphibians.
9月2日 秋田魁新報 金メダル入江聖奈が大学院合格 東京農工大、カエルを研究 東京五輪のボクシング女子フェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈(日体大)が、東京農工大大学院に合格したことを明らかにしたと紹介される。
9月2日 BSS山陰放送 東京五輪ボクシング女子金メダリスト入江聖奈選手 東京農工大学大学院に合格 カエル研究の道へ 東京五輪ボクシング女子フェザー級の金メダリスト入江聖奈選手が2日、東京農工大学大学院への入学試験に合格したことが紹介される。
9月2日 中日新聞 金メダル入江聖奈が大学院合格 東京農工大、カエルを研究 東京五輪のボクシング女子フェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈(日体大)が2日、東京農工大大学院に合格したことを明らかにしたと紹介される。
9月2日 京都新聞 金メダル入江聖奈が大学院合格
東京農工大、カエルを研究
東京五輪のボクシング女子フェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈(日体大)が2日、東京農工大大学院に合格したことを明らかにしたと紹介される。
9月2日 デイリー 金メダル入江聖奈が大学院合格東京農工大、カエルを研究 東京五輪のボクシング女子フェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈(日体大)が2日、東京農工大大学院に合格したことを明らかにしたと紹介される。
9月2日 東京新聞 金メダル入江聖奈が大学院合格 東京農工大、カエルを研究 東京五輪のボクシング女子フェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈(日体大)が2日、東京農工大大学院に合格したことを明らかにしたと紹介される。
9月2日 NHK ボクシング入江聖奈 東京農工大の大学院合格 カエル研究の道へ 東京オリンピックのボクシングで金メダルを獲得した入江聖奈選手が、好きなカエルの研究に取り組むため、東京農工大学の大学院を受験し、合格したと紹介される。
9月2日 NHK NEWS WEB ボクシング・入江聖奈選手 東京農工大の大学院に合格 東京オリンピックのボクシングで金メダルを獲得した、米子市出身の入江聖奈選手が、東京農工大学の大学院に合格し、大好きなカエルの研究に取り組むことになりましたと紹介される。
9月2日 スポニチアネックス 東京五輪ボクシング金メダル・入江聖奈「カエルに貢献できる人材になれるよう」大学院合格を報告 東京五輪のボクシング女子フェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈(日体大)が2日、自身のツイッターを更新。東京農工大大学院に合格したことを報告したと紹介される。
9月2日 サンスポ 入江聖奈が東京農工大大学院に合格 結果はスマホで確認「一気に目が覚めました」/ボクシング 東京五輪のボクシング女子フェザー級で金メダルに輝いた入江聖奈(21)=日体大=が2日、国立の東京農工大大学院に合格したと紹介される。
9月2日 読売新聞 好きなカエルの研究を…ボクシング「金」入江聖奈が大学院合格、11月に現役引退へ 昨年の東京五輪ボクシング女子フェザー級金メダリストの入江聖奈(21)(日体大)が東京農工大大学院の入学試験に合格したことが2日、関係者の話で分かったと紹介される。
9月2日 JIJI.COM 入江が大学院合格 ボクシング 昨年の東京五輪ボクシング女子フェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈(日体大)が、東京農工大の大学院に合格したことが2日、分かったと紹介される。
9月2日 時事通信 入江が大学院合格=ボクシング 昨年の東京五輪ボクシング女子フェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈(日体大)が、東京農工大の大学院に合格したことが2日、分かったと紹介される。
9月2日 日刊スポーツ 【ボクシング】東京五輪金の入江聖奈「カエル」研究にまい進 東京農工大大学院への合格明かす 東京オリンピック(五輪)のボクシング女子フェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈(21=日体大)が2日、東京農工大大学院に合格したことを明らかにしたと紹介される。
9月2日 千葉日報 金メダル入江聖奈が大学院合格 東京農工大、カエルを研究 東京五輪のボクシング女子フェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈(日体大)が2日、東京農工大大学院に合格したことを明らかにしたと紹介される。
9月2日 山形新聞 金メダル入江聖奈が大学院合格 東京農工大、カエルを研究 東京五輪のボクシング女子フェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈(日体大)が2日、東京農工大大学院に合格したことを明らかにしたと紹介される。
9月2日 北海道新聞 金メダル入江聖奈が大学院合格 東京農工大でカエル研究 東京五輪のボクシング女子フェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈(日体大)が2日、東京農工大大学院に合格したことを明らかにしたと紹介される。
9月2日 日テレNEWS 「カエルにとってすてきな世界」目指し“カエル好き”五輪金メダリスト・入江聖奈選手が大学院合格 カエル好きとして知られる東京オリンピック金メダリスト、ボクシングの入江聖奈選手が大学院に合格し、カエルの道をさらに究めようとしていますと紹介される。
9月2日 日本海テレビ 金メダリスト入江聖奈さん 大学院に合格 金メダリストからカエルの研究者へ 鳥取県米子市 ボクシングは、大学で区切りをつけ、大好きなカエルの研究を志すため8月、東京農工大学の大学院を受験していたと紹介される。
9月2日 Web東奥 金メダル入江聖奈が大学院合格 東京農工大、カエルを研究 東京五輪のボクシング女子フェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈(日体大)が2日、東京農工大大学院に合格したことを明らかにしたと紹介される。
9月2日 西日本新聞 金メダル入江聖奈が大学院合格 東京五輪のボクシング女子フェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈(日体大)が2日、東京農工大大学院に合格したことを明らかにしたと紹介される。
9月2日 あなたの静岡新聞 金メダル入江聖奈が大学院合格 東京農工大、カエルを研究 東京五輪のボクシング女子フェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈(日体大)が2日、東京農工大大学院に合格したことを明らかにしたと紹介される。
9月2日 富山新聞 金メダル入江聖奈が大学院合格
東京農工大、カエルを研究
東京五輪のボクシング女子フェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈(日体大)が2日、東京農工大大学院に合格したことを明らかにしたと紹介される。
9月2日 福井新聞D刊 金メダル入江聖奈が大学院合格
東京農工大、カエルを研究
東京五輪のボクシング女子フェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈(日体大)が2日、東京農工大大学院に合格したことを明らかにしたと紹介される。
9月2日 宮崎日日新聞 金メダル入江聖奈が大学院合格 東京農工大、カエルを研究 東京五輪のボクシング女子フェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈(日体大)が2日、東京農工大大学院に合格したことを明らかにしと紹介される。
9月3日 東京新聞 ボクシング
五輪金メダル入江
東京農工大院合格
大好きな「カエル」研究
東京五輪の女子フェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈(日体大)が東京農工大大学院に合格したことを明らかにしたと紹介される。
9月3日 日本農業新聞 金メダル・入江選手 東京農工大大学院に合格 東京五輪のボクシング女子フェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈(日体大)が2日、東京農工大大学院に合格したことを明らかにしたと紹介される。
9月3日 産経新聞 入江選手が大学院合格 カエル研究 東京五輪のボクシング女子フェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈(日体大)が2日、東京農工大大学院に合格したことを明らかにしたと紹介される。
9月3日 デイリー 入江聖奈 東京農工大大学院に合格 11月に現役最後の試合を予定 昨年の東京五輪のボクシング女子フェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈(21)=日体大=が2日、東京農工大大学院に合格したことが明らかになったと紹介される。
9月3日 朝日新聞 カエル大好き金メダリスト、ゆかりの神社で祈願 「心の片隅に神様」 「カエルのために生きていくと決めた」という入江さんは、参拝翌日の2日、東京農工大学大学院の合格の知らせを受け取ったと紹介される。
9月3日 朝日新聞 入江聖奈が大学院へ 昨年の東京五輪ボクシング女子フェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈(日体大)が、東京農工大の大学院に合格したことが2日、分かったと紹介される。
9月3日 読売新聞 入江選手 カエル研究 東京五輪ボクシング女子フェザー級金メダリストで米子市出身の入江 聖奈せな 選手(21)(日体大)が、東京農工大学大学院に合格した2日、読売新聞の取材に「ボクシングでコツコツと努力して金メダルが取れたように、大学院でも努力を続けたい」と喜びを語ったと紹介される。
9月3日 読売新聞 知事、大学院に合格した入江聖奈に「たまには鳥取へカエルように」 東京五輪ボクシング女子フェザー級金メダリストで米子市出身の入江 聖奈せな 選手(21)(日体大)が、東京農工大学大学院に合格した2日、読売新聞の取材に「ボクシングでコツコツと努力して金メダルが取れたように、大学院でも努力を続けたい」と喜びを語ったと紹介される。
9月3日 日本海新聞 入江選手が大学院合格 東京農工大、カエル研究まい進 鳥取県米子市出身で東京五輪ボクシング女子フェザー級金メダリストの入江聖奈選手(21)=米子西高出、日体大=が2日、東京農工大大学院に合格したと紹介される。
9月3日 岐阜新聞Web ボクシング 五輪「金」入江 大学院に合格 東京農工大、カエル研究 昨年の東京五輪ボクシング女子フェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈(日体大)が、東京農工大の大学院に合格したことが2日、分かったと紹介される。
9月3日 スポニチアネックス 入江 大好きなカエル研究の道へ、日体大から東京農工大大学院合格 来春でボクシング引退 ボクシングの東京五輪女子フェザー級金メダリスト、入江聖奈(21=日体大4年)が2日、東京農工大大学院に合格したことを明らかにしたと紹介される。
9月4日 inside the games Tokyo 2020 gold medallist Irie to study amphibians after boxing retirement The Tokyo 2020 featherweight gold medallist is set to focus on her passion for frogs and toads and plans to study the amphibians at the Tokyo University of Agriculture and Technology.
9月4日 KILAT.COM Dukung Presidensi G20 2022 di Indonesia, KBRI Tokyo Paparkan Upaya Diplomasi Dia menambahkan pihaknya juga mendorong konsorsium kehutanan dengan fokus hutan sebagai penyerap karbon yang dilaksanakan di Tokyo University of Agriculture and Technology beberapa waktu lalu.
9月4日 ANTARA KBRI Tokyo paparkan upaya diplomasi untuk dukung presidensi G20 Dia menambahkan pihaknya juga mendorong konsorsium kehutanan dengan fokus hutan sebagai penyerap karbon yang dilaksanakan di Tokyo University of Agriculture and Technology beberapa waktu lalu.
9月5日 esse-sense 東京都立大学・東京農工大学
砂はどのように落下しているのか?を解明!
〜粉体の流体近似とその応用に期待〜
東京都立大学大学院理学研究科物理学専攻の小林和也氏(研究当時:都立大大学院博士後期課程在籍、現:農工大特任助教)、栗田玲教授らの研究グループは、粉体のフォースチェーンとゼラチンの高分子ネットワークが類似していることに着目し、物理ゲルを下から流動させた時と、砂が入った容器をひっくり返した時の流動の様子が酷似していることを見出したと紹介される。
9月5日 READYFOR 里山保全のシンボルとなる古民家「百年亭」の再生にご支援を 応援コメントに亀山章名誉教授のコメントが紹介される。
9月5日 創業手帳 KAERU株式会社 岡田知拓|お買いものアシスタント機能付きプリペイドカードサービスの開発事業で注目の企業 KAERU株式会社創業者の岡田知拓さんの経歴として東京農工大学応用生命化学修士卒と記載される。
9月6日 朝日新聞 天声人語 米化学者キャリー・マリス博士について養王田正文教授のコメントが紹介される。
9月6日 The Asahi Shimbun VOX POPULI: World in debt to surfer scientist for inventing the PCR technique He was definitely eccentric, according to Masafumi Yohda, 62, a professor at the Tokyo University of Agriculture and Technology
9月7日 静岡県警察本部ホームページ ドラレコ映像R4-9
「横断歩道では必ず歩行者の有無を各印しましょう。」
東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料が放映
9月7日 日本経済新聞 東京農工大と山形大、豪の都市において外来カエルの耳腺が小さくなっている事などを解明 東京農工大学の小峰浩隆特任助教らは、オーストラリアの都市において、侵略的外来種オオヒキガエル(以下外来カエル)の耳腺が小さくなっている事、脚の長さがオスでは長く、メスでは短くなっている事を明らかにしたと紹介される。
9月7日 Phys.Org Examining how urbanization induces changes in invasive toad populations Cane toads are invasive in Australia, and Assistant Professor Hirotaka Komine with the Tokyo University of Agriculture and Technology (Current affiliation: Yamagata University) along with colleagues from Australia's James Cook University, wanted to find out whether the urban environment had impacts on the morphology of these toads.
9月7日 EurekAlert! Invasive toads: Urban style!
Urbanization reduced the parotoid gland sizes of invasive toads
Cane toads are invasive in Australia, and Assistant Professor Hirotaka Komine with the Tokyo University of Agriculture and Technology (Current affiliation: Yamagata University) along with colleagues from Australia’s James Cook University, wanted to find out whether the urban environment had impacts on the morphology of these toads.
9月8日 Web中公新書 著者に聞く
『日本のコメ問題』/小川真如インタビュー
本学卒業生であり、非常勤講師小川真如氏のインタビューとともに本学で撮影された写真が掲載される。
9月8日 プレジデントオンライン 「子どもをもう1人ほしい」という希望が打ち砕かれている…日本の少子化が加速する根本原因 日本総合研究所調査部の藤波匠さんの経歴として東京農工大学大学院修了と記載される。
9月8日 cliccar.com 3年ぶりの学生フォーミュラ日本大会スタート。コロナ真っ只中で制作されたマシンの審査が始まる 「学生フォーミュラ日本大会」にて#11東京農工大学が午前中に車検を通過したものの、クラッチトラブルが発生したと写真が掲載される。
9月9日 毎日新聞 アフガン難民 公的支援なく
宮崎台教員ら 元留学生受け入れ尽力
「ウクライナ」と格差
宮崎大のほか、東京農工大や島根大、千葉大、筑波大、東京外国語大の六つの大学の教授などが運営に関わることが紹介される。
9月12日 客観日本 彻底分解市售聚酯——减少塑料垃圾,挑战创造新材料 由东京都立大学研究生院理学研究科的野村琴广教授、东京农工大学工程学院的研究生安倍亮汰、该大学工程学院应用化学系的小峰伸之助教和平野雅文教授组成的研究团队,基于以往在植物油的反式酯化分解和低分子化合物的酯催化裂解方面的研究结果,发现稀土元素“镧”的络合物对于分解聚丁二酸丁二醇酯(PBS)有效
9月13日 毎日新聞 第50回毎日農業記録賞×聞く
半世紀続くコメ問題 余った「恵み」が「悩みの種」に
農政調査委員会専門調査員 小川真如さんの経歴として東京農工大大学院農学府修了と記載される。
9月13日 DreamNews 【リチウムイオン二次電池用酸化物系負極】特許総合力トップ3は東芝、LG ENERGY SOLTION、日本ケミコン 3位日本ケミコン社の特許の多くは東京農工大発ベンチャーであるケー・アンド・ダブルとの共同出願となっていると紹介される。
9月14日 静岡新聞 県警事故防止ムービー
歩行者の有無を必ず確認
東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料の静止画が紙面掲載され,AR放映
9月14日 ASIA TIMES Gallium oxide fuelling new chapter chip war Novel Crystal Technology also works with Taiyo Nippon Sanso, Tokyo University of Agriculture and Technology and Japan’s New Energy and Industrial Technology Organization (NEDO).
9月15日 zakzak メカニックデザイナー・宮武一貴 メカデザインを科学する 「マクロス放送40周年記念 超時空要塞マクロス展」開催中 宮武一貴氏の経歴として東京農工大学大学院在学中にSFクリエーター集団を設立したと紹介される。
9月16日 日刊工業新聞 レーザー
経験生かし支援
「大学院博士課程だけでなく、修士課程でも女子学生の出産がわりあいとある」と東京農工大学副学長 天竺桂弘子先生のコメントが紹介される。
9月16日 日刊工業新聞 経営ひと言/東京農工大学・天竺桂弘子副学長「経験生かし支援」 「大学院博士課程だけでなく、修士課程でも女子学生の出産がわりあいとある」と東京農工大学副学長 天竺桂弘子先生のコメントが紹介される。
9月17日 化学工業日報 〈川崎・岡山現地開催〉石油化学業界向けDX推進セミナー
「製造現場に変革をもたらすデジタル技術の活用と推進のポイント」
「デジタル技術を駆使した化学プラント操業のあり方」の講師として山下善之教授が登壇することが紹介される。
9月17日 中日新聞 缶詰を「砥石」に、74歳で工学博士の学位取得 春日井の伊藤さん 春日井市で自宅横に研究所を構えて発明に取り組む伊藤幸男さん(74)=同市岩成台七=が、東京農工大大学院(東京都)の機械システム工学の博士課程を修了し、十六日に学位記が届いたと紹介される。
9月19日 日刊工業新聞 リケジョNEO
包材に「命」吹き込む
日本製紙の早川聡美さんの食品向け紙バリアー包材に関するインタビューが掲載される。
9月19日 日刊工業新聞 リケジョNEO
素材研究、まるでパズル
日本製紙の早川聡美さんの経歴として東京農工大学大学院で応用生命科学専攻の修士課程を修了したと記載される。
9月19日 日刊工業新聞 リケジョneo(198)日本製紙・早川聡美さん
包材に”命”吹き込む
日本製紙の早川聡美さんの食品向け紙バリアー包材に関するインタビューが掲載される。
9月19日 日刊工業新聞 リケジョneo(198)日本製紙・早川聡美さん
素材研究、まるでパズル
日本製紙の早川聡美さんの経歴として東京農工大学大学院で応用生命科学専攻の修士課程を修了したと記載される。
9月19日 朝日新聞 神奈川育ち「トノサマバッタせんべい」商品化 記者も食べてみると… トノサマバッタの飼育を担当するのは、同社CTO(最高技術責任者)で広報担当の三橋亮太さんの経歴として東京農工大大学院で昆虫食を学んだと記載される。
9月20日 鶏鳴新聞 10月に岡山と白河で開催 令和4年度の種鶏孵卵衛生管理士研修会 東京農工大学の竹原一明教授が「疾病の予防対策、消毒のポイント」、東京農工大学の新村毅准教授が「アニマルウェルフェアを巡る情勢」について講演することが紹介される。
9月20日 福島民報 「田人ワークキャンプ・ビレッジ」活動本格化 学生らが地域貢献 福島県いわき市 福島県いわき市田人地区に整備された合宿型ボランティア活動「ワークキャンプ」の拠点施設「田人ワークキャンプ・ビレッジ」に東京農工大学の学生が宿泊し、地域貢献したと紹介される。
9月21日 Phys.Org Plants can resist climate change challenges and recover from drought by adjusting lignin chemical code Professor Shinya Kajita from TUAT showed that such large increases of lignin aldehydes can occur naturally in the wild.
9月21日 EurekAlert! Plants can resist climate change challenges and recover from drought by adjusting lignin chemical code Professor Shinya Kajita from TUAT showed that such large increases of lignin aldehydes can occur naturally in the wild.
9月21日 NHK:総合テレビ NHKニュースウォッチ9
「時速194キロ危険運転ではない?」
時速194キロは危険運転に当たらないのかについて、工学的見地から解説した毛利宏教授のインタビューが放送される。
9月21日 日本経済新聞 工学系人材 高専に照準
九州大 学位と修了証取得も
東京都市大 授業料の75%を減免
高専からの編入生が多い国立大学として東京農工大学が紹介される。
9月21日 日本経済新聞 工学系人材、高専に照準 九州大学は学位と修了証取得も
東京都市大学、授業料の75%免除
高専からの編入生が多い国立大学として東京農工大学が紹介される。
9月21日 RAB青森放送:日テレ 東北牧場の循環型農業学ぶ 東京農工大学の学生 東京農工大学の学生と留学生の大学院生が2泊3日の日程で東北牧場を訪れ、農業体験についてのインタビューが放送される。
9月22日 eurasia review Plants Can Resist Climate Change Challenges And Recover From Drought By Adjusting Lignin ‘Chemical Code’ Professor Shinya Kajita from TUAT showed that such large increases of lignin aldehydes can occur naturally in the wild.
9月22日 日刊工業新聞 機械技術10月号/ここまでできる!機械加工現場の工程集約 解説では多軸・複合加工機を効果的に運用するための工程設計に関する研究について、東京農工大学の中本圭一教授が報告すると紹介される。
9月22日 LARAME LIVE.com One-dollar Million Gift Creates UWYO International Wildlife Conservation Koprowski also has taught international courses in countries such as Ecuador, Mongolia, China, and Italy. He has created long-standing partnerships with universities and research institutes across the globe, including the University of Insubria (Italy), Mongolian Academy of Sciences, Tokyo University of Agriculture and Technology (Japan), Northwest Agriculture and Forestry University (China), National Institute of Biological Resources (South Korea) and Transfrontier Africa (South Africa).
9月22日 中日新聞 遠山郷に滞在、地域資源の活用学ぶ 地元高校生や県内外の大学生 「遠山郷エコ・ジオパークフィールドスタディ」で地域コミュニティーの価値を再発見する活動などを通じて、市内の高校生と東京農工大(東京都)の学生が参加したと紹介される。
9月23日 ニュースイッチ 東京農工大はなぜ若手・女性研究者支援で定評を得ているのか 長年、女性研究者支援の政府事業で切れ目なく採択を勝ち取り、他大学をリードしてきた大学として紹介されるとともに、天竺桂弘子先生のインタビューが掲載される。
9月23日 BS11 Vol.1 不思議な生態!【アリのひみつ大図鑑】/BS11 アリの生態について東京農工大学佐藤俊幸准教授が出演し解説する。
9月23日 MRT宮崎放送 「Check!」(報道番組) 
特集「路上寝の危険」
宮崎県内で8月に,路上に横たわっている人が死亡する交通事故が相次いて発生したことを受けて企画されたニュース番組の特集「路上寝の危険」の中で、路上横臥者の資料映像として本学スマートモビリティ研究拠点のヒヤリハットデータベースの中から1点のドラレコ映像が使用される。
9月24日 東京新聞 海とSDGs 3つの数字から読み解く 東京農工大の高田秀重教授(環境汚染化学)の調査では、東京湾の海底には1964年に東京五輪が開催されたころからプラスチックごみが堆積していることが分かったと紹介される。
9月24日 東京新聞 海とSDGs
1.5℃の約束
東京農工大の高田秀重教授(環境汚染化学)の調査では、東京湾の海底には1964年に東京五輪が開催されたころからプラスチックごみが堆積していることが分かったと紹介される。
9月24日 TBS NEWS DIG 死亡事故も相次ぐ 飲みすぎて路上で寝込む「路上寝」 その危険性に注目 「路上寝の危険」の中で、路上横臥者の資料映像として本学スマートモビリティ研究拠点のヒヤリハットデータベースの中から1点のドラレコ映像が使用される。
9月24日 Response. 作の車両で技術力を競い合う「学生フォーミュラ2022」、自動車業界の未来を担う学生たちに思いを聞いた 【東京農工大学】<総合12位><ベストエアロ賞第3位>として紹介れせ、川端健斗さんインタビューが掲載される。
9月24日 デーリー東北 東京農工大生、東北牧場で循環型農業学ぶ 野菜の収穫、種まき体験も 東京農工大の学生9人が今月、東北町の東北牧場を訪れ、サラブレッドの堆肥を利用した循環型農業を学んだと紹介される。
9月25日 読売新聞 mRNA技術など有力
ノーベル賞 コロナワクチンに貢献
高コレステロール血症薬の成分スタチンを発見した遠藤章・東京農工大特別栄誉教授らの受賞に期待がかかると紹介される。
9月25日 読売新聞 ノーベル賞 mRNA技術など有力 高コレステロール血症薬の成分スタチンを発見した遠藤章・東京農工大特別栄誉教授らの受賞に期待がかかると紹介される。
9月26日 読売新聞 品川区長選に6新人 品川区長選に立候補を届け出た前区議の西本貴子氏(61)の学歴として東京農工大工学部卒と記載される。
9月26日 産経新聞 品川区長選告示、最多6人出馬 品川区長選に立候補を届け出た無所属、元区議の西本貴子氏(61)の学歴として東京農工大卒と記載される。
9月26日 毎日新聞 品川区長選/品川区議補選 区長選、新人6氏が立候補 羽田新ルートなど争点 /東京 品川区長選に立候補を届け出た前区議の西本貴子氏(61)の学歴として東京農工大工学部卒と記載される。
9月26日 Japan In-depth 東京・品川区長選 新人6人競う  その2 品川区長選に立候補を届け出た無所属、元区議の西本貴子氏(61)の学歴として1983年東京農工大学工業化学専攻を卒業と記載される。
9月26日 SPICE 「毒」をテーマにした特別展が国立科学博物館にて開催決定 “チーム毒”メンバーを発表 国立科学博物館 特別展『毒』の協力機関として東京農工大学と記載される。
9月27日 Banjarmasin Post Kalselpedia : Profil Singkat Prof Sunardi Guru Besar Bidang Ilmu Kimia ULM studi Symbiotic Science of Environment and Natural Resources, Tokyo University of Agriculture and Technology, Jepang, lulus 2016.
9月27日 ロボスタ 約200社が出展『AI・人工知能EXPO【秋】』10月開催 機械学習/エッジAI/自然言語処理/画像・音声認識/対話AIなど一堂に集結 東京農工大学の中山研究室が、プロジェクションマッピングによる可視光通信技術を開発したと紹介される。
9月27日 NHK ノーベル賞2022
NHK特設サイト
東京農工大学 遠藤章さん なにがすごいの?
世界中で大きな問題となっている病気の治療に貢献している研究者として東京農工大学特別栄誉教授の遠藤章氏が紹介される。
9月27日 毎日新聞 くらしナビ-環境-
草原を次世代へプロジェクト始動
東京農工大のチームが国内の営業中のスキー場・スキー場跡地のチョウの生息状況を比べたことが紹介される。
9月27日 毎日新聞 くらしナビ・環境
草原を次世代へ プロジェクト始動
東京農工大のチームが国内の営業中のスキー場・スキー場跡地のチョウの生息状況を比べたことが紹介される。
9月29日 選挙ドットコム 品川区長選挙に立候補 西本貴子(にしもと・たかこ)氏の経歴・政策まとめ 品川区長選に立候補を届け出た無所属、新人の西本貴子氏の経歴として1983年東京農工大学工業化学専攻を卒業と記載される。
9月30日 BS11 Vol.2 女王アリの羽ムーン!【アリのひみつ大図鑑】/BS11 アリの生態について東京農工大学佐藤俊幸准教授が出演し解説する。
9月30日 財経新聞 【10/18川崎・10/26岡山現地開催】《石油化学業界向けDX推進セミナー》 『製造現場に変革をもたらすデジタル技術の活用と推進のポイント』 「デジタル技術を駆使した 化学プラントの運転・保守」の講師として、東京農工大学 工学部 化学物理工学科 教授 山下 善之氏が登壇すると掲載される。
9月30日 静岡新聞 ドラレコ映像 教育に活用
東京農工大シンポ 県警 久田さん講演
東京農工大は29日、ドライブレコーダーとデータ活用をテーマとしたシンポジウムをオンラインで開いたと紹介される。
9月30日 あなたの静岡新聞 ドラレコ、教育に活用 東京農工大シンポ 静岡県警久田さん講演 東京農工大は29日、ドライブレコーダーとデータ活用をテーマとしたシンポジウムをオンラインで開いたと紹介される。
9月30日 山形経済新聞 農産物のアップサイクルに取り組む株式会社グリーンエース、第三者割当増資による資金調達を実施 グリーンエースは、“Green Power for Better Life”をビジョンに掲げ、農産物のアップサイクルに取り組む東京農工大学発のスタートアップだと紹介される。
9月30日 NOVUS LIGHT Consulting on Manufacturing, Management and Engineering of Optical Systems Ralf won a scholarship to do a PhD at Tokyo University of Agriculture and Technology.

8月

掲載年月日 媒体名 記事(番組)表題 記事(番組)概要
8月1日 日刊ケミカルニュース 中越パルプ工業 CNFの再生プラ、農工大に寄附講座を設置 中越パルプ工業は、東京農工大学に寄附講座を開設し、循環型資源であるセルロースナノファイバー(CNF)を用い、新たなプラスチック再生技術の社会実装を目的とした取り組みを開始したと発表したと紹介される。
8月2日 TOKYO FM/JFN ONE MORNING 現在流行しているオミクロンBA5とケンタウロスを解説する。
8月2日 日刊ゲンダイDIGITAL 安久工機 田中隆社長(1)「世界トップレベルのベンチャー7社」に選ばれた町工場
安久工機 田中隆社長(2)「人工心臓の権威」のもとで4年間、国内最高峰の技術を学ぶ
田中隆社長の経歴として東京農工大工学部卒業、大学院に進学し機械工学を学んだと紹介される。
8月2日 静岡県警察本部ホームページ ドラレコ映像R4-8
「交差点では、周囲の安全確認を徹底しましょう」
東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料が放映
8月3日 InfoPublik Penguatan Kerja Sama Riset, KBRI Tokyo Gelar Indonesia-Japan Forest Talks Bekerja sama dengan Tokyo University of Agriculture and Technology (TUAT), KBRI Tokyo menggelar diskusi ilmiah bidang kehutanan yang diberi tajuk Indonesia-Japan Forest Talks di Kampus Koganei TUAT, Selasa (2/8/2022).
*Indonesia-Japan Forest Talk 2022(日本とインドネシアの林業・林学研究の未来や、それにかかわる人材育成等について、関係者および若手で意見交換するシンポジウム)が開催されたことが紹介される。
8月3日 ngopibareng
Perlu Triple Helix KBRI Tokyo Gelar Indonesia-Japan Forest Talks
Kedutaan Besar Republik Indonesia (KBRI) Tokyo bekerja sama dengan Tokyo University of Agriculture and Technology (TUAT) menyelenggarakan diskusi ilmiah bidang kehutanan bertajuk Indonesia – Japan Forest Talks di kampus Koganei TUAT pada Selasa, 2 Agustus 2022.
*Indonesia-Japan Forest Talk 2022(日本とインドネシアの林業・林学研究の未来や、それにかかわる人材育成等について、関係者および若手で意見交換するシンポジウム)が開催されたことが紹介される。
8月4日 鶏鳴新聞 9月に和歌山で秋季技術研修会 鶏病研究会 「高病原性鳥インフルエンザ対策としての消毒」と題して東京農工大学・竹原一明教授が講演することが紹介される。
8月4日 mnctrijaya.com KBRI Tokyo dan Tokyo University of Agriculture and Technology Gelar Indonesia-Japan Forest Talks Tokyo - Kedutaan Besar Republik Indonesia (KBRI) Tokyo bekerja sama dengan Tokyo University of Agriculture and Technology (TUAT) menyelenggarakan diskusi ilmiah bidang kehutanan bertajuk Indonesia – Japan Forest Talks di kampus Koganei TUAT pada Selasa, 2 Agustus 2022.
*Indonesia-Japan Forest Talk 2022(日本とインドネシアの林業・林学研究の未来や、それにかかわる人材育成等について、関係者および若手で意見交換するシンポジウム)が開催されたことが紹介される。
8月4日 indonews.id KBRI Tokyo & Tokyo University of Agriculture and Technology Gelar Indonesia - Japan Forest Talks Kedutaan Besar Republik Indonesia (KBRI) Tokyo bekerja sama dengan Tokyo University of Agriculture and Technology (TUAT) menyelenggarakan diskusi ilmiah bidang kehutanan bertajuk Indonesia – Japan Forest Talks di kampus Koganei TUAT pada Selasa, 2 Agustus 2022.
*Indonesia-Japan Forest Talk 2022(日本とインドネシアの林業・林学研究の未来や、それにかかわる人材育成等について、関係者および若手で意見交換するシンポジウム)が開催されたことが紹介される。
8月4日 8760 “犬の脱け毛”は病気が原因のことも 獣医師が解説する「注意すべき抜け方」 回答者の獣医師 山本昌彦さんの経歴として東京農工大学獣医学科卒業と記載される。
8月4日 東京都 葛西海浜公園ビジターセンターのデザインへの工夫採用案が決まりました 葛西海浜公園保全活用推進有識者会議メンバーとして亀山章名誉教授が記載される。
8月5日 読売新聞 「コロナ 武漢の海鮮市場発」
米2チーム推定 ウイルス遺伝情報解析
東京農工大の水谷哲也教授 (ウイルス学) の話 「推定の一つだが、起源特定に向けた一歩になる。どのような変異で動物から人に感染するようになったのかなどを調べることも、起源を探る手がかりとなる」が紹介される。
8月5日 読売新聞オンライン コロナ流行の起源は「武漢の海鮮市場」、生きたまま販売の動物から人に感染…米研究チーム 東京農工大の水谷哲也教授 (ウイルス学) の話 「推定の一つだが、起源特定に向けた一歩になる。どのような変異で動物から人に感染するようになったのかなどを調べることも、起源を探る手がかりとなる」が紹介される。
8月5日 KBRI Tokyo KBRI Tokyo Gelar Indonesia Japan Forest Talk dengan TUAT Kedutaan Besar Republik Indonesia (KBRI) Tokyo bekerja sama dengan Tokyo University of Agriculture and Technology (TUAT) menyelenggarakan diskusi ilmiah bidang kehutanan bertajuk Indonesia – Japan Forest Talks di kampus Koganei TUAT pada Selasa, 2 Agustus 2022.
*Indonesia-Japan Forest Talk 2022(日本とインドネシアの林業・林学研究の未来や、それにかかわる人材育成等について、関係者および若手で意見交換するシンポジウム)が開催されたことが紹介される。
8月5日 寺子屋朝日 for Teachers 【無料ウェビナー】GIGAスクール時代の教室 -「SUGOI部屋」って何だ? イベント登壇者の加藤直樹さんの経歴として東京農工大学院工学研究科博士後期課程修了後、東京農工大学助手と記載される。
8月5日 日経産業新聞 Earth新潮流
AI・ロボで農業を脱炭素
「みどりの食料戦略」が始動
アイガモロボットを開発した有機米デザインは、東京農工大学と組み試作にこぎ着けたと紹介される。
8月7日 福島テレビ 身近なものがクレヨンに!?東京農工大学と連携「サイエンススクールNOKO」<福島・郡山市> 『サイエンススクールNOKO』は、東京農工大学と連携して、身近にある野菜や花などを使い大学生と一緒に科学の授業をうけるのが特徴であると紹介される。
8月8日 NIKKEI Asia AGRICULTURE
Banana growers fight renewed extinction risk as lethal fungus spreads
“I don't think bananas will go extinct,” said Tsutomu Arie, a professor at the Tokyo University of Agriculture and Technology (TUAT) who specializes in plant pathology.
8月8日 NIKKEI BUSINESS DAILY AI・ロボで農業の脱炭素 「みどりの食料戦略」が始動
Earth新潮流
アイガモロボットを開発した有機米デザインは、東京農工大学と組み試作にこぎ着けたと紹介される。
8月9日 Jurnal Soreang.com Dorong Penguatan Kerja Sama Riset dan Teknologi Kehutanan, KBRI Tokyo Gelar Indonesia-Japan Forest Talks Bekerja sama dengan Tokyo University of Agriculture and Technology (TUAT), KBRI Tokyo menggelar diskusi ilmiah bidang kehutanan yang diberi tajuk Indonesia-Japan Forest Talks di Kampus Koganei TUAT, baru-baru ini.
*Indonesia-Japan Forest Talk 2022(日本とインドネシアの林業・林学研究の未来や、それにかかわる人材育成等について、関係者および若手で意見交換するシンポジウム)が開催されたことが紹介される。
8月9日 毎日新聞 大和森林物語
/104 奈良の草原を探して/1 夏のスキー場は虫の楽園 /奈良
東京農工大学のチームが、スキー場に生息するチョウの研究を発表していたと紹介される。
8月9日 マイナビニュース ヒトを避けてすばやく食事?都市部のタヌキとアナグマの食事事情 東京農工大学大学院連合農学研究科、同大学院グローバルイノベーション研究院、サンパウロ州立大学らの国際共同研究チームは、都市に生息するタヌキとニホンアナグマは、人間活動を避けるような採食行動をとることで、都市の環境に適応している可能性を明らかにしたことが紹介される。
8月10日 日経産業新聞 PET分解、添加剤なしで原料に
東京農工大、低環境負荷の触媒
東京農工大学の平野雅文教授と大学院修士課程2年生の安倍亮汰さん、東京都立大学の野村琴広教授らは、ペットボトルを原料の化合物に分解する触媒を開発したと紹介される。
8月10日 静岡新聞 県警事故防止ムービー
右折は安全確認徹底
東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料の静止画が紙面掲載され,AR放映
8月11日 好書好日 自由研究のヒントになる絵本6選 『プラスチックモンスターをやっつけよう!きみが地球のためにできること』を監修した東京農工大学農学部環境資源科学科の高田秀重教授のインタビューが紹介される。
8月12日 NHK:Eテレ ダーウィンが来た!
「かわいいのに最強!?テントウムシ」(再放送)
身近なのに知らないことだらけのテントウムシ特集!制作に協力した番組が再放送される。
8月12日 日経産業新聞 ペットボトルを原料に 東京農工大学、添加剤不要の触媒 東京農工大学の平野雅文教授と大学院修士課程2年生の安倍亮汰さん、東京都立大学の野村琴広教授らは、ペットボトルを原料の化合物に分解する触媒を開発したと紹介される。
8月13日 産経新聞 政務官【外務】 吉川有美氏の経歴として東京農工大院修了と記載される。
8月14日 読売新聞 クマ捕獲10年で最多
生息数推定1300頭 20年で3倍近く
人とクマとの共存を目指す連絡組織「日本クマネットワーク」副代表の小池伸介・東京農工大大学院教授(生態学)の話「保護から管理への転換は全国的な流れだ。クマは山奥にいるという意識を変え、身近なイノシシやサルの鳥獣対策と同様に、人里に近づけないよう地域ぐるみで『すみ分け』を進めていくことが大事だ」が紹介される。
8月14日 読売新聞 「ガサガサ」と物音、黒い塊が体当たり…クマ急増で生息域の拡大防止へ方針転換 人とクマとの共存を目指す連絡組織「日本クマネットワーク」副代表の小池伸介・東京農工大大学院教授(生態学)の話「保護から管理への転換は全国的な流れだ。クマは山奥にいるという意識を変え、身近なイノシシやサルの鳥獣対策と同様に、人里に近づけないよう地域ぐるみで『すみ分け』を進めていくことが大事だ」が紹介される。
8月14日 yahoo!ニュース 「ガサガサ」と物音、黒い塊が体当たり…クマ急増で生息域の拡大防止へ方針転換 人とクマとの共存を目指す連絡組織「日本クマネットワーク」副代表の小池伸介・東京農工大大学院教授(生態学)の話「保護から管理への転換は全国的な流れだ。クマは山奥にいるという意識を変え、身近なイノシシやサルの鳥獣対策と同様に、人里に近づけないよう地域ぐるみで『すみ分け』を進めていくことが大事だ」が紹介される。
8月14日 So-netニュース 「ガサガサ」と物音、黒い塊が体当たり…クマ急増で生息域の拡大防止へ方針転換 人とクマとの共存を目指す連絡組織「日本クマネットワーク」副代表の小池伸介・東京農工大大学院教授(生態学)の話「保護から管理への転換は全国的な流れだ。クマは山奥にいるという意識を変え、身近なイノシシやサルの鳥獣対策と同様に、人里に近づけないよう地域ぐるみで『すみ分け』を進めていくことが大事だ」が紹介される。
8月14日 世界への窓
My Eyes Tokyo
Menikaru
落語ユニット
今から約20年前、東京農工大の先生でブルガリア人のエレオノラ・ヨフコバさん(現在は富山大学教授)に頼まれて、日本に来たばかりの若者たちに向けて日本語で落語を行ったことが、三遊亭竜楽さんの海外公演活動のルーツだと紹介される。
8月15日 THE BIG ISSUE プラスチックフリーな生き方へ プラスチックと添加剤のリスク、リサイクルの限界、インターナショナルペレットウォッチに活動などについて高田秀重教授のインタビューが掲載される。
8月16日 Rallys “もう1つのインカレ”全国公が17日開幕 情熱を燃やす学生の夏が3年ぶりに復活<全国国公立大学卓球大会> 男子団体予選リーグ組み合わせPグループ、女子団体予選リーグ(B方式)組み合わせCグループとして掲載される。
8月17日 GCU NEWS La Belle Labs:From robots to insulin sensors And a visiting Tokyo University of Agriculture and Technology scholar is at the lab working on molecular recognition elements for advanced sepsis care.
*東京農工大学からの客員研究員が在籍していることが紹介される。
8月18日 NHK WEB特集
”チョウの楽園”を私たちがつくっていた!?
生態学が専門で、子どもの頃からチョウが大好きだという東京農工大学の小池伸介教授のインタビューが掲載される。
8月18日 8760 猫の皮膚病予防や毛玉対策に有効なブラッシング 獣医師が教えるコツや注意点 回答者の獣医師 山本昌彦さんの経歴として東京農工大学獣医学科卒業と記載される。
8月18日 Forbes 平日朝食の定番 Mrk&Co 上條景介の推しメシ Mrk&Co代表取締役の上條景介さんの経歴として東京農工大学在籍中にブログ「がんばれ、生協の白石さん」を開設したと紹介される。
8月19日 読売新聞 痛くない注射 針を工夫「チクッ」感じにくく 貼るワクチン■蚊の吸血応用 集束ジェットによる革新的な無針注射技術基盤について紹介される。
8月19日 Rallys 高知工科大がアベックV 男子・埼玉大、女子・信州大は堂々の準優勝<全国国公立大学卓球大会> 男子団体予選リーグ組み合わせPグループ3位(1勝2敗)、女子団体予選リーグ(B方式)組み合わせCグループ2位(1勝1敗)と掲載される。
8月21日 AERAdot. 東工大、東京医科歯科大の統合協議で、「第二東大」目指した盟友・一橋、東京外大はどこへ向かうか 東京外国語大、東京農工大、電気通信大、一橋大は西東京(多摩地域)にある。東京学芸大も近い距離なので、いわば西東京5大学統合への期待であろうと紹介される。
8月22日 日刊工業新聞 新社長
アキレス 日景一郎氏
成長戦略加速”実”を取る
日景一郎氏の経歴として東京農工大卒と記載される。
8月22日 NHK:総合テレビ 今夜みんなで大発見!?シチズンラボ生放送スペシャル どうして大都市にタヌキが出没するの?タヌキ大調査!に金子弥生准教授が出演し、インタビューが放送される。
8月23日 NHK:総合テレビ NHK NEWS
「おはよう日本」
ホログラムコンタクトレンズについて高木康博教授のインタビューが放送される。
8月23日 Business Journal 東工大と東京医科歯科大の統合協議で到来か?東京の国立大学に迫る“合従連衡時代” 東京農工大の千葉一裕学長は、大学ファンドの国際卓越研究大学に応募することを明言していると紹介される。
8月23日 日刊工業新聞 研究か家庭かの2択、女性活躍阻む「雇用の壁」に風穴 東京農工大のリケジョ支援
8月24日 日刊工業新聞 働き方改革
東京農工大学
女性活躍ステップアップ 研究職支援 切れ目なく
東京農工大学の女性研究者向け新支援策「キャリアデザイン制度」及び天竺桂弘子副学長の話が紹介される。
8月24日 日刊工業新聞 働き方改革(160)東京農工大学 女性活躍、ステップアップ 東京農工大学の女性研究者向け新支援策「キャリアデザイン制度」及び天竺桂弘子副学長の話が紹介される。
8月24日 しんぶん赤旗 続・環境ホルモン汚染(上)
処理場環に急上昇
荒川・ハクチョウの飛来地で
のどかな風景を流れる荒川の水質に、ハクチョウ飛来地の看板が立つあたりで目に見えない変化が起こっていることが東京農工大学の高田秀重教授たちの調査によって明らかになったことが紹介される。
8月25日 しんぶん赤旗 続・環境ホルモン汚染(中)
荒川で多摩川の10倍
埋め立てごみから浸出か
東京農工大学の高田秀重教授たちの調査で、埼玉県内を流れる荒川と、東京都内を流れる多摩川で、下水処理場の処理水が放流されている場所の上流と下流で川の水に含まれるビスフェノールAの濃度が変化する現象が起こっていることが分かったことが紹介される。
8月26日 Science Daily Small molecules, giant (surface) potential “Significant work has already been done on molecules that align in a way that the light they emit can more easily escape a device,” says Masaki Tanaka, an assistant professor at Tokyo University of Agriculture and Technology (TUAT) who started the present work while at Kyushu University's Center for Organic Photonics and Electronics Research (OPERA) and continued further study of the molecular alignment in amorphous films after his transfer to TUAT.
8月26日 Phys.Org Small molecules, giant (surface) potential “Significant work has already been done on molecules that align in a way that the light they emit can more easily escape a device,” says Masaki Tanaka, an assistant professor at Tokyo University of Agriculture and Technology (TUAT) who started the present work while at Kyushu University's Center for Organic Photonics and Electronics Research (OPERA) and continued further study of the molecular alignment in amorphous films after his transfer to TUAT.
8月26日 EurekAlert! Small molecules, giant (surface) potential “Significant work has already been done on molecules that align in a way that the light they emit can more easily escape a device,” says Masaki Tanaka, an assistant professor at Tokyo University of Agriculture and Technology (TUAT) who started the present work while at Kyushu University's Center for Organic Photonics and Electronics Research (OPERA) and continued further study of the molecular alignment in amorphous films after his transfer to TUAT.
8月26日 MIRAGE Small molecules, giant (surface) potential “Significant work has already been done on molecules that align in a way that the light they emit can more easily escape a device,” says Masaki Tanaka, an assistant professor at Tokyo University of Agriculture and Technology (TUAT) who started the present work while at Kyushu University's Center for Organic Photonics and Electronics Research (OPERA) and continued further study of the molecular alignment in amorphous films after his transfer to TUAT.
8月26日 NEWS WISE Small molecules, giant (surface) potential “Significant work has already been done on molecules that align in a way that the light they emit can more easily escape a device,” says Masaki Tanaka, an assistant professor at Tokyo University of Agriculture and Technology (TUAT) who started the present work while at Kyushu University's Center for Organic Photonics and Electronics Research (OPERA) and continued further study of the molecular alignment in amorphous films after his transfer to TUAT.
8月26日 科学新聞 自らの課題完遂できる人育てる
「危機の中で多彩な才能発見」真剣勝負で挑戦する環境必要
医薬品材料開発で幾多の経験 東京農工大の千葉学長が提言
東京農工大学の千葉一裕学長は、自身の経験を踏まえ、大学におけるイノベーション人材育成について総合科学技術・イノベーション会議有識者会合で提言したことが紹介される。
8月26日 科学新聞 自らの課題完遂できる人育てる 東京農工大の千葉学長が提言 東京農工大学の千葉一裕学長は、自身の経験を踏まえ、大学におけるイノベーション人材育成について総合科学技術・イノベーション会議有識者会合で提言したことが紹介される。
8月26日 しんぶん赤旗 続・環境ホルモン汚染(下)
負の遺産 監視必要
増え続けるプラごみ量
東京農工大学の高田秀重教授たちの調査で、埼玉県内を流れる荒川と、東京都内を流れる多摩川で、下水処理場の処理水が放流されている場所の上流と下流で川の水に含まれるビスフェノールAの濃度が変化する現象が起こっていることが分かったことが紹介される。
8月27日 毎日新聞 アフガンから避難「安全な日本で暮らしたい」 求められる公的支援 宮崎大のほか、東京農工大や島根大、千葉大、筑波大、東京外国語大の六つの大学の教授などが運営に関わることが紹介される。
8月28日 FARS Toward a Global Quantum Communication Network “Significant work has already been done on molecules that align in a way that the light they emit can more easily escape a device,” says Masaki Tanaka, an assistant professor at Tokyo University of Agriculture and Technology (TUAT) who started the present work while at Kyushu University's Center for Organic Photonics and Electronics Research (OPERA) and continued further study of the molecular alignment in amorphous films after his transfer to TUAT.
8月29日 AZO MATERIALS Creation of Molecules That Possess Giant Surface Potential “Significant work has already been done on molecules that align in a way that the light they emit can more easily escape a device,” says Masaki Tanaka, an assistant professor at Tokyo University of Agriculture and Technology (TUAT) who started the present work while at Kyushu University's Center for Organic Photonics and Electronics Research (OPERA) and continued further study of the molecular alignment in amorphous films after his transfer to TUAT.
8月29日 EducationDiary.com Creation of Molecules That Possess Giant Surface Potential “Significant work has already been done on molecules that align in a way that the light they emit can more easily escape a device,” says Masaki Tanaka, an assistant professor at Tokyo University of Agriculture and Technology (TUAT) who started the present work while at Kyushu University's Center for Organic Photonics and Electronics Research (OPERA) and continued further study of the molecular alignment in amorphous films after his transfer to TUAT.
8月29日 sippo 猫が留守番できる日数や時間は? 留守番時に気をつけたいトラブルと回避方法 監修:石村拓也氏の経歴として東京農工大学農学部獣医学科卒業と記載される。
8月30日 創業手帳 NousLagus株式会社 守屋恵美|デジタルツール導入の要件定義効率化ツールの提供事業が注目の企業 NousLagus株式会社(ノスラゴス株式会社)創業者の守屋恵美さんの経歴として東京農工大学大学院(農学修士)にて生物の個体群動態にかんする統計解析を学ぶと記載される。
8月30日 読売新聞 京王線巡り 宝探そう
府中、日野、多摩、稲城でイベント
京王線沿線を巡る宝探しイベント「探して!ぼくらの宝物」のクイズを東京農工大と帝京大、実践女子大の学生が考案したと紹介される。

7月

掲載年月日 媒体名 記事(番組)表題 記事(番組)概要
7月1日 肉牛ジャーナル 生きたまま染色体を診た受精卵から健康な子牛を産ませることに成功 東京農工大学、近畿大学、扶桑薬品工業、農研機構の研究グループが細胞を生きたまま連続観察する技術により、染色体分配の様子を捉えた体外受精卵から、健康な講師を産ませることに成功したと紹介される。
7月1日 Amazon Web Services 競争的研究資金を獲得した研究者がどのようにクラウドを活用しているか 東京農工大学 大学院工学研究院 生体信号情報学研究室の田中聡久教授、松井亮祐 産学官連携研究員の、科学技術振興機構(JST)の 資金提供プログラム(CREST)で採択された「脳波の機械判読によるてんかん診断・治療支援 AIの構築」の研究課題にてAWSをどのように活用したかについてのインタビューが掲載される。
7月1日 むさしのFM 「発信!わがまち・武蔵野人」 井の頭池の自然再生、とくに水草の保全について片桐浩司講師が電話によるインタビュー形式にて出演する。
7月1日 m3.com 【寄稿】COPDガイドライン2022は誰のため? 何のため? COPDガイドライン2022についての寄稿が紹介される。
7月1日 Chem-Station イミンアニオン型Smiles転位によるオルトヒドロキシフェニルケチミン合成法の開発 第394回のスポットライトリサーチへ、東京農工大学 大学院工学府 応用化学専攻 森研究室の神野 峻輝(じんの しゅんき)さんのインタビューが掲載される。
7月3日 スポニチアネックス 国枝師 史上15人目のJRA通算1000勝達成!足かけ33年、福島で見届け「感謝」 史上15人目のJRA通算1000勝達成した国枝氏の経歴として東京農工大学卒業と記載される。
7月3日 netkeiba.com 【国枝栄調教師】1000勝を達成した名伯楽、次なる目標へ「ダービーを勝っていないのではしょうがない」 史上15人目のJRA通算1000勝達成した国枝氏の経歴として東京農工大学卒業と記載される。
7月4日 日刊工業新聞 簡単にナノミスト化
浸透化粧品・薬剤向け
東京農工大が新手法
東京農工大学大学院の吉野大輔准教授、渡辺良輔大学院生らは、液体を大気圧プラズマに通すだけで簡単にナノミストにする手法を開発したと紹介される。
7月4日 FoodTechHub 日本の叡智がいま結集。超加速している「誰も飢えさせない」昆虫が支える世界に迫る 昆虫食のムーンショットプロジェクトに参加している東京農工大学の鈴木丈詞先生のインタビューが掲載される。
7月4日 文教.com 【科学技術館】海野和男昆虫写真展を開催 夏休み企画展 海野和男氏の経歴として東京農工大学で昆虫学を学んだことが紹介される。
7月4日 アサ芸プラス ウチの猫がガンになりました(2)2センチのシコリが肺に転移!そして大学病院で内視鏡検査を… 内視鏡検査、CTやMRIなどの検査機がある動物病院として府中の東京農工大が紹介される。
7月5日 日経BizGate 日経SDGsフェス
革新生む技術・人材 「知」の先駆者が貢献を
大学SDGsカンファレンス 基調講演・講演
講演「地球に要る事業を研究」と題した講演内容の要約が紹介される。
7月5日 マイナビニュース ペットボトルの原料であるポリエステルを完全分解する触媒反応、農工大が開発 東京農工大学(農工大)は7月1日、繊維、食器類、ペットボトル、自動車部品、農業用資材などの原材料として世界中で大量に利用されており、自然に分解しないために大きな社会問題となっているポリエステルを単量体に完全分解する触媒反応を開発したことを発表したと紹介される。
7月5日 スポーツ報知 【七夕賞】「1000勝トレーナー」国枝調教師、今週は現役最多103勝の福島にアンティシペイト送り込む 国枝氏の経歴として東京農工大学卒業と記載される。
7月6日 日刊工業新聞 ポリエステル→モノマー
東京農工大 酸・アルカリ使わず分解
東京農工大学の安倍亮汰大学院生と、小峰伸之助教平野雅文教授らは、酸やアルカリを使わずにポリエステルをモノマーに分解する触媒反応を開発したと紹介される。
7月6日 MIT Technology Review 持続可能エネルギー
ポリエステルを完全分解する触媒反応を開発=東京農工大など
東京農工大学と東京都立大学の共同研究チームは、ポリエステルを原料の単量体に完全分解する触媒反応を開発したと紹介される。
7月6日 fabcross for エンジニア ポリエステルを単量体に戻す触媒反応を開発――廃プラスチック問題の解決に寄与 農工大と都立大 東京農工大学は2022年7月1日、同大学大学院工学府応用化学専攻、同大学院工学研究院応用化学部門および東京都立大学大学院理学研究科の研究グループが、ポリエステルを単量体に戻す触媒反応を開発したと発表したことが紹介される。
7月6日 静岡県警察本部ホームページ ドラレコ映像R4-7
「曲がり角付近ではスピードを落としましょう」
東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料が放映
7月6日 河北新報 <Eパーソン>地ビール・ベアレン醸造所/嶌田洋一社長 嶌田洋一さんの経歴として東京農工大学卒業と記載される。
7月7日 8760 猫の皮膚病で飼い主が気を付けるべきこと 予防にはシャンプーよりも病気の原因のブロックが肝心 回答者の獣医師 山本昌彦さんの経歴として東京農工大学獣医学科卒業と記載される。
7月7日 OurAge 美肌のためだけじゃない!全身の健康をサポートする「コラーゲン」の働きとは? WEBセミナー講師として東京農工大学名誉教授の藤木大三郎先生が登壇される。
7月7日 大学ジャーナル プラごみ問題解決に糸口 ポリエステルを原料まで戻す完全分解反応を開発 東京農工大学と東京都立大学の研究チームが、プラスチック(ポリエステル)を原料の単量体に分解する新しい触媒反応を開発したと紹介される。
7月8日 大学受験情報誌 飛翔 学長登壇 若者への提言㉔
ゼミ・研究室探訪 vol.47
学長登壇:東京農工大学千葉一裕学長のインタビューが掲載される。
ゼミ・研究室探訪:平原俊助教大倉茂講師のインタビューが掲載され、農学部の各学科について紹介される。
7月8日 日刊ケミカルニュース 横浜ゴムなど サステナブル資源のゴム材料研究が受賞 日本ゴム協会会長として東京農工大学斎藤拓教授の写真が掲載される。
7月8日 東京新聞 ユニット「めにかる」結成 国際派・竜楽/スウェーデン人・好青年 落語の力で世界に平和を 秋に東京農工大で公演予定と紹介される。
7月8日 東京新聞 ユニット「めにかる」結成 国際派・竜楽/スウェーデン人・好青年 落語の力で世界に平和を 秋に東京農工大で公演予定と紹介される。
7月9日 読売新聞 3大学で研究機構設立
農工大、外大、電通大 社会課題解決へ
東京農工大と東京外国語大、電気通信大は3大学による「西東京三大学共同サステイナビリティ国際社会実装研究機構」を設立したと東京農工大学府中キャンパスにて記者会見したことが紹介される。
7月9日 @DIME シニアソムリエまみちゃんのイチオシ!水戸市のワイン選手権で決定した「日本で一番納豆に合うワイン」 国際学術誌「バイオケミカル・アンド・バイオフィジカル・リサーチ・コミュニケーションズ」の電子版に、東京農工大などの研究チームが、ワインや納豆に含まれる天然アミノ酸の一種、「5-アミノレブリン酸(5-ALA)」が新型コロナウイルスの感染に強い抑制効果があることを報告したことが紹介される。
7月10日 AERA 東大・京大「推薦型入試」で合格者を出す高校の秘訣 1万字の卒業論文に課題研究発表も 渋谷教育学園渋谷高等学校の国公立大学への総合型選抜や学校推薦型選抜で合格者を出している大学として東京農工大学が記載される。
7月11日 朝日新聞 大学ランキングや規模以外も大事
国のファンド支援先めぐり
東京農工大・千葉一裕学長 
世界トップレベルの研究力をめざす大学に、国が創設した大学ファンドで支援する制度に申請する方向で検討している東京農工大学千葉一裕学長のインタビューが掲載される。
7月11日 朝日新聞 大学ランキングや規模以外も大事
東京農工大・千葉一裕学長 国のファンド支援先めぐり
世界トップレベルの研究力をめざす大学に、国が創設した大学ファンドで支援する制度に申請する方向で検討している東京農工大学千葉一裕学長のインタビューが掲載される。
7月11日 EurekAlert! New method to produce nano-sized plasma “mist” holds potential for expanded medical use A research team from Tokyo University of Agriculture and Technology has developed a method to directly generate plasma in the form of a nano-sized mist.
7月11日 NHK:総合テレビ 首都圏ネットワーク 井の頭池井の頭池で異常繁茂する外来種「コカナダモ」について片桐浩司講師がオンライン・録画によるインタビュー形式にて出演する。
7月11日 NHK NEWS WEB 東京 井の頭公園の池で外来種の水草が急激に増加 井の頭池井の頭池で異常繁茂する外来種「コカナダモ」について水生植物の生態に詳しい東京農工大学グローバル教育院専任講師の片桐浩司先生のインタビューが掲載される。
7月11日 ASCII 「ポツンと一軒家」チーフプロデューサーを招き、ICTの力で変革していくスマート林業の可能性を議論するオンラインセミナー開催(7月19日・参加無料) 講師として登壇する大萱直花さんの経歴として東京農工大学大学院環境資源学修了と記載される。
7月12日 日刊工業新聞 レーザー
創造的分解
「循環型社会に向けプラスチックの創造的分解に挑戦したい」と東京農工大学平野雅文教授のインタビューが掲載される。
7月12日 日刊工業新聞 経営ひと言/東京農工大学・平野雅文教授「創造的分解」 「循環型社会に向けプラスチックの創造的分解に挑戦したい」と東京農工大学平野雅文教授のインタビューが掲載される。
7月12日 Science Portal ペットボトルを分解する触媒反応を開発 東京農工大など、プラごみ問題への貢献期待 ペットボトルのほか繊維や食器、自動車部品などに広く使われているプラスチックであるポリエステルを単量体(モノマー)に戻すことができる触媒反応を開発した、と東京農工大学などの研究グループが発表したことが紹介される。
7月13日 BUSINESS INSIDER 東京湾のカタクチイワシ8割にプラ。人も年間5万個摂取?広がるプラスチックの海洋汚染の現実 国内外のプラスチック汚染についての研究を続ける高田秀重・東京農工大学教授(環境化学)のインタビューが掲載される。
7月13日 日刊自動車新聞 〈新役員紹介〉マツダ 弘中武都氏 執行役員生産技術・物流担当の弘中武都氏の経歴として東京農工大学電子工学科卒業と記載される。
7月13日 あさがくナビ 若手社員に聞く
SDGsに貢献する仕事
サントリーホールディングス〈前編〉
「水と生きる」を約束 環境に良い活動は全社員の基盤【SDGsに貢献する仕事】
インタビューを受けた香川法子さんの経歴として東京農工大学農学部地域生態システム学科卒業と記載される。
7月14日 日刊工業新聞 サステナ研究・実装
東京外大など3国立大が協定
カカオ生産課題など
東京外国語大学、東京農工大学、電気通信大学は国際サステイナビリティーの連携を、教育から研究と社会実装に広げる基本協定を結んだと紹介される。
7月14日 静岡新聞 県警事故防止ムービー
カーブ減速、左側維持を
東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料の静止画が紙面掲載され,AR放映
7月15日 GoodMorning アフガニスタン元留学生と家族の命を守りたい
#アフガン#避難民支援
2002年にアフガニスタン教育支援を開始し、70名もの修士号・博士号取得者を輩出している東京農工大学の取り組みが紹介される。
7月15日 日本大学 本法人役員等の決定について 新たに選任された理事の木村順平氏の経歴として東京農工大学大学院農学研究科獣医学専攻修了と記載される。
7月16日 東京新聞 井の頭池で外来種が2.6倍大繁殖 希少種の水草をほぼ駆逐 「モネの池」の景色一変 都は対策検討 水生植物の生態に詳しい東京農工大学グローバル教育院講師の片桐浩司氏のコメントが紹介される。
7月16日 朝日新聞 (私のThe Best!)草花の世界へ誘った図鑑 植物生態学者・多田多恵子さん 東京農工大学非常勤講師である多田多恵子さんのインタビューが掲載される。
7月17日 読売新聞 オミクロン「BA・5」、主な5変異を網羅…さらに感染力高いタイプ登場の可能性も 東京農工大の水谷哲也教授(ウイルス学)によると、細胞に侵入しやすくなったり、抗体から逃れやすくなったりするとみられる突起の主な変異は、これまでに5か所特定されているとのコメントが紹介される。
7月17日 読売新聞 BA・5 主な5変異網羅
「免疫逃れ」さらに高く?
東京農工大の水谷哲也教授(ウイルス学)によると、細胞に侵入しやすくなったり、抗体から逃れやすくなったりするとみられる突起の主な変異は、これまでに5か所特定されているとのコメントが紹介される。
7月18日 日刊ゲンダイDIGITAL 森保J中盤の要MF田中碧が「高い発信力」を身に付けた原点とW杯での可能性 U-12(12歳以下)監督を皮切りにU-18時代まで関わってきた恩師・郄粼康嗣(52=J3テゲバジャーロ宮崎監督)の経歴として東京農工大学卒業と記載される。
7月18日 朝日新聞 雑草の花や葉から「草となり」を知る 植物生態学者・多田多恵子さん 東京農工大学非常勤講師である多田多恵子さんのインタビューが掲載される。
7月18日 NHK:総合テレビ NHK学生ロボコン ロボット研究会R.U.Rが出場し、特別賞「ローム株式会社賞」を受賞したNHK学生ロボコン2022が放映される。
7月19日 朝日新聞 東京外語・東京農工・電気通信
社会問題の解決へ
国立3大学 新組織
多摩地域にある東京外国語、東京農工、電気通信の国立3大学が、連携して新たな組織を設置したと紹介される。
7月19日 朝日新聞 社会問題の解決へ 東京外語・東京農工・電気通信の3大学が連携組織 東京都西部の多摩地域にある東京外国語、東京農工、電気通信の国立3大学が、連携して新たな組織を設置したと紹介される。
7月19日 健康産業新聞 日本黒酢研究会、3年ぶりの開催 黒酢の肥満抑制など発表 壺つくり黒酢の研究発表で、東京農工大学大学院教授の蓮見惠司氏が、㈱えがおと共同で、「脂肪細胞分化を抑制する黒酢メラノイジン」で発表を行ったと紹介される。
7月19日 NHK:Eテレ キュレーターバトル 「ナゾすぎるアート」をテーマにした放送回で、東京農工大学科学博物館のヘチマタワシでできたベストが放送される。
7月19日 朝日新聞 ビル林立の都心、緑残る多摩 都内「ゼロカーボン」宣言自治体の戦略 府中市は昨年12月、協働を目的に東芝府中事業所やサントリービールなど地域を代表する企業4社、東京農工大学と地域協定を結んだと紹介される。
7月19日 TECHABLE 田んぼの厄介ごとを「アイガモロボ」が泳いで解決。元・日産技術者がめざす農業の未来 東京農工大学から「ベンチャー企業として受け入れる」という話をいただいたと紹介される。
7月20日 繊研新聞 東京農工大らの研究グループ
ポリエステル分解する触媒反応発見
ケミカルサイクルに応用
低コストの新技術
東京農工大学大学院の安倍亮汰氏、小峰伸之助教平野雅文教授らの研究チームは、ポリエステルを触媒反応によってモノマーに戻す技術を開発したと紹介される。
7月20日 AERAdot. 都会にすむタヌキやアナグマは「早食い」だった! 最新研究でわかった知られざる生態とは? 東京農工大学大学院特別研究生の大杉滋さんと小池伸介教授らの国際共同研究チームは、「山間部の森林」と、住宅街に接した「都市の森林」にすむタヌキとアナグマの食事のしかたを調査して、興味深い事実を明らかにしたと紹介される。
7月20日 FQ Kids Learning 昆虫好きの子供にオススメ! 世界各地の“擬態姿”を大型パネルで楽しめる写真展開催 昆虫写真の第一人者・海野和男氏の経歴として東京農工大学の日高敏隆研究室で昆虫行動学を学んだことが紹介される。
7月20日 日本経済新聞 農業活性化にアイガモロボ×有機米 秋田の生産法人 東京農工大発ベンチャー、有機米デザインが開発した抑草ロボット(アイガモロボ)を使用したことが紹介される。
7月21日 みんなの趣味の園芸 育てて楽しい、食べておいしいブドウの魅力&ギモン、伴 琢也さんにもっと聞いてみました!【趣味の園芸8月号こぼれ話・前編】 育てて楽しい、食べておいしいブドウの魅力のほか、「教えて伴さん」のコーナーで紹介しきれなかったユーザーさんからの質問への伴琢也准教授の回答が紹介される。
7月21日 趣味の園芸 ブドウはビギナーに魅力的な果樹! ブドウのエキスパートである伴琢也准教授が、ブドウの魅力を語り、園芸ビギナーのお悩みに対するアドバイスが掲載される。さらに、シャインマスカットの栽培について詳細に解説する。
7月21日 毎日新聞 ワクチンで拡大防げる? 新型コロナ「BA・5」今わかっていること コロナウイルスに詳しい水谷哲也・東京農工大教授(ウイルス学)の「昨夏のデルタ株による流行まではワクチンによって感染者をコントロールできたが、いまは難しくなっている。これからは飲み薬が、より重要な役割を果たすのではないか」とのコメントが紹介される。
7月21日 テレビ朝日 グッドモーニング 井の頭池井の頭池で異常繁茂する外来種「コカナダモ」について片桐浩司講師がオンラインによるインタビュー形式にて出演する。
7月21日 8760 犬の耳がにおったら要注意!外耳炎の可能性も 予防のための耳そうじのやり方 回答者の獣医師 山本昌彦さんの経歴として東京農工大学獣医学科卒業と記載される。
7月22日 Samachar Central Scientists expand entomological research using genome editing The team, with scientists from Hiroshima University, Tokyo University of Agriculture and Technology, and RIKEN Center for Integrative Medical Sciences, has published their Fanflow4Insects method on June 27 in the journal Insects.
7月22日 NEWS MEDICAL LIFE SCIENCE Using genome editing to expand the possibilities of entomological research The team, with scientists from Hiroshima University, Tokyo University of Agriculture and Technology, and RIKEN Center for Integrative Medical Sciences, has published their Fanflow4Insects method on June 27 in the journal Insects.
7月22日 Phys.Org Scientists expand entomological research using genome editing The team, with scientists from Hiroshima University, Tokyo University of Agriculture and Technology, and RIKEN Center for Integrative Medical Sciences, has published their Fanflow4Insects method on June 27 in the journal Insects.
7月22日 毎日新聞 新型コロナ 「BA・5」にワクチンは? 感染抑止↘ 重症化は予防 「『BA・5』は、これまでの変異株や派生型の中でも多くの変異がある」とコロナウイルスに詳しい水谷哲也・東京農工大教授(ウイルス学)のコメントが紹介される。
7月22日 The Mainichi As BA.5 spreads in Japan, vaccines prevent severe COVID but don't curb infections “BA.5 has many mutations compared to previous variants and subvariants,” says Tetsuya Mizutani, professor of virology at Tokyo University of Agriculture and Technology, an expert on the coronavirus.
7月22日 タウンニュース メカデザイナー宮武さん
谷戸拠点に創作・後進育成
宮武一貴さんの経歴として東京農工大学大学院在学中にデザイン会社を設立したことが紹介される。
7月22日 週刊アスキー 【8/9現地開催】事業切り出し手法カーブアウトの可能性を探るセミナー 講師である木下太郎氏の経歴として東京農工大学大学院修士課程(応用化学専攻)を修了と掲載される。
7月23日 日本経済新聞 バナナに「絶滅」危機 枯死病が猛威、ワクチンを早く
科学の絶景
有江力教授らが練る戦略の1つが「ワクチン」の実現であり、23年度から東京農工大学が率いる日本側とペルー側の国立ラ・モリーナ農業大学などが診断や土壌管理といった対策の充実に挑む予定であることが紹介される。
7月23日 福山大学 「新しい教科書『哺乳類学』の刊行」のプレスリリースについて 新しい教科書『哺乳類学』において、序章、第III部、終章、あとがきを小池伸介教授が担当していることが紹介される。
7月23日 REAL NEWS ON-LINE! 科学者はゲノム編集を使用して昆虫研究を拡大します-ScienceDaily 広島大学大学院統合生命科学研究科の坊農秀雅特任教授は、理化学研究所生命医科学研究センターの粕川雄也チームリーダー、東京農工大学グローバルイノベーション研究院の坂本卓磨特任助教、天竺桂弘子教授と共同で、昆虫の遺伝子機能アノテーションのワークフロー)「Fanflow4Insects」を開発したことが紹介される。
7月24日 日本経済新聞 科学の絶景
バナナを脅かす「絶滅」危機
枯死病が猛威、ワクチン研究も
有江力教授らが練る戦略の1つが「ワクチン」の実現であり、23年度から東京農工大学が率いる日本側とペルー側の国立ラ・モリーナ農業大学などが診断や土壌管理といった対策の充実に挑む予定であることが紹介される。
7月24日 Nation World News Scientists expand entomological research using genome editing The team, along with scientists from Hiroshima University, Tokyo University of Agriculture and Technology and the RIKEN Center for Integrative Medical Sciences, have published their FanFlow 4 insect method on June 27 in the journal Pest.
7月25日 Genetic Engineering & Biotechnology News Insect Functional Genomics Workflow Expands Editing Possibilities Scientists at Hiroshima University, Tokyo University of Agriculture and Technology, and the RIKEN Center for Integrative Medical Sciences, have developed a workflow process called Fanflow4Insects to annotate the function of insect genes that makes use of transcribed sequences and reference genomes and protein sequence databases. Using Fanflow4Insects, the group has annotated gene functions of the Japanese stick insect and the silkworm.
7月25日 list23 The Insect Functional Genomics Workflow opens up new editing possibilities Scientists from Hiroshima University, Tokyo University of Agriculture and Technology, and the RIKEN Center for Integrative Medical Sciences, have developed a workflow process called Fanflow4Insects to annotate insect genes that makes use of transcribed sequences and reference genomes and protein sequence databases.
7月25日 NHK:Eテレ キュレーターバトル 「ナゾすぎるアート」をテーマにした放送回で、東京農工大学科学博物館のヘチマタワシでできたベストが放送される。
7月25日 MORNINGSTAR 中越パ、CNFを用い新たなプラスチック再生技術の社会実装を目指した取り組みを開始 東京農工大学に寄附講座を開設し、セルロースナノファイバー(CNF)を用いたプラスチック再生技術の社会実装を目的とした取り組みを開始したと発表したことが紹介される。
7月25日 MINKABU 中越パはしっかり、プラ再生技術の社会実装を目的とした取り組みを開始 東京農工大学に寄附講座を開設し、セルロースナノファイバー(CNF)を用いたプラスチック再生技術の社会実装を目的とした取り組みを開始したと発表したことが紹介される。
7月25日 みんなの経済新聞 府中の観光物産館で「夏のフェスタ」 地元農産物やご当地アイスのセールなど 機械を使わないことによるCO2削減や東京農工大学(府中市晴見町3)との連携事業など、東芝府中事業所の取り組みをパネルで紹介することが紹介される。
7月25日 調布経済新聞 府中の観光物産館で「夏のフェスタ」 地元農産物やご当地アイスのセールなど 機械を使わないことによるCO2削減や東京農工大学(府中市晴見町3)との連携事業など、東芝府中事業所の取り組みをパネルで紹介することが紹介される。
7月25日 高校生新聞
ONLINE
2022年度国立大学オープンキャンパス日程一覧 東京農工大学のオープンキャンパス日程が紹介される。
7月26日 Reライフ.net 腸内フローラ検査 「D判定」の理由 食物繊維不足、加齢の可能性
腸内細菌調べました 第3回 対策編
辨野義己氏の略歴で「東京農工大学大学院獣医学専攻をへて理化学研究所へ」と紹介される。
7月26日 株式新聞 中越パ、CNFを用い新たなプラスチック再生技術の社会実装を目指した取り組みを開始 東京農工大学に寄附講座を開設し、循環型資源であるセルロースナノファイバー(CNF)を用い、新たなプラスチック再生技術の社会実装を目的とした取り組みを開始したと発表したことが紹介される。
7月26日 加工技術研究会 【CNF】中越パルプ工業、東京農工大に寄附講座を開設し再生プラスチックの循環型社会実装への取り組みを開始 東京農工大学に寄附講座を開設し、循環型資源であるセルロースナノファイバー(CNF)を用い、新たなプラスチック再生技術の社会実装を目的とした取り組みを開始したと発表したことが紹介される。
7月26日 日刊工業新聞 深層断面/素材各社、パワー半導体ウエハー素材技術に商機 電力低減ニーズ追う 酸化ガリウム(Ga2O3)は、情報通信研究機構(NICT)と東京農工大学、タムラ製作所などの研究チームが、パワーデバイス向けエピウエハー世界で初めて開発した"日本発"の材料であると紹介される。
7月27日 日刊工業新聞 東京農工大が野口酒造と協定
東京産米で日本酒
東京農工大学大学院農学研究院と野口酒造店は、日本酒造りの地域連携や事業化について基本協定を結んだと紹介される。
7月27日 日本農業新聞 生かせ!未利用資源㊦
タンパク質代替で有望
昆虫-飼料@実用化へ研究中
東京農工大学は3月、採卵鶏の飼料としてコオロギを与える試験を行ったことが紹介される。
7月27日 NHK NEWS WEB 科学の楽しさ伝えるサイエンススクール教室 郡山 講師を務める東京農工大学の大学院生がペクチンには糖や酸を加えると固まる性質があることを説明したと紹介される。
7月28日 読売新聞 痛くない注射 開発期待
貼るワクチン 針使わず
集束ジェットによる革新的な無針注射技術基盤について紹介される。
7月28日 みんなの趣味の園芸 育てて楽しい、食べておいしいブドウの魅力&ギモン、伴 琢也さんにもっと聞いてみました!【趣味の園芸8月号こぼれ話・後編】 育てて楽しい、食べておいしいブドウの魅力のほか、「教えて伴さん」のコーナーで紹介しきれなかったユーザーさんからの質問への伴琢也准教授の回答が紹介される。
7月28日 テレビ東京 ワールドビジネスサテライト 工学研究院 先端機械システム部門の水内郁夫教授の研究室で開発された「タコ足ロボット」について紹介される。
7月28日 EurekAlert! Decoding “photoplethysmograms” to broaden the scope of health monitoring technologies Assistant Professor Sviridova holds a PhD from the Tokyo University of Agriculture and Technology.
*Nina Sviridovaさんの経歴として東京農工大学で博士号取得したことが紹介される。
7月28日 ニュースイッチ パワー半導体ウエハー素材技術に新たな商機、素材メーカーが「SiC」「GaN」で成長狙う 酸化ガリウム(Ga2O3)は、情報通信研究機構(NICT)と東京農工大学、タムラ製作所などの研究チームが、パワーデバイス向けエピウエハーを世界で初めて開発した〝日本発〟の材料であると紹介される。
7月28日 テレビ東京 【トレたま】タコ型ロボット タコ型ロボットOCTOの開発者として東京農工大学と紹介される。
7月30日 毎日新聞 第二の人生は福島とブータンの懸け橋に 元県職員、きのこ栽培指導へ  国際協力機構(JICA)協力隊員の熊田淳さんの経歴として東京農工大大学院博士課程修了と紹介される。
7月30日 毎日新聞 JICA協力隊員 郡山の熊田淳さん ブータンとの「懸け橋」に 現地で「きのこ栽培」指導へ /福島  国際協力機構(JICA)協力隊員の熊田淳さんの経歴として東京農工大大学院博士課程修了と紹介される。
7月31日 NHK:総合テレビ 週刊まるわかりニュース
「ミガケ、好奇心!」
昨年9月に発表した「送電線下の蝶」、また今年5月に発表した「閉鎖されたゲレンデにおける蝶」の発表を軸に「自然と共生することの大切さ」「これらの発表を通じ、種の保存など将来どのように生かすことができるのか」などが紹介される。
7月31日 日本農業新聞 四季 <睡蓮の円錐形の蕾浮く池にざぶざぶと鍬洗ふなり>歌人の石川不二子が東京農工大学在学中に詠んだ歌が紹介される。

6月

掲載年月日 媒体名 記事(番組)表題 記事(番組)概要
6月1日 日本経済新聞 犬のぼうこうのミニ臓器 東京農工大、がん研究に応用 東京農工大学の臼井達哉特任講師らは、治療の難しい犬のぼうこうがんの発症の仕組みを研究するのに役立つ「ミニ臓器」の作製に成功したと発表したことが紹介される。
6月2日 静岡県警察本部ホームページ 信号をしっかり確認しましょう 東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料が放映
6月3日 朝日新聞 チョウが消える…相次ぐスキー場閉鎖で起きる生態系の変化と歯止め策 スキー場が閉鎖されると周辺のチョウも減っていく――。東京農工大学(東京都府中市)の研究チームがそんな調査結果を発表したと紹介される。
6月4日 Rallys 國學院大學、男女揃っての1部リーグ昇格に挑む<春季関東学生卓球リーグ戦> 男子5部最終順位のCブロック3位に東京農工大学、女子5部最終順位のAブロック3位に東京農工大学が記載される。
6月5日 NEWSつくば 350人が苗木1000本を植樹 筑波山神社林で2年半ぶり 東京農工大学連携大学院のある茨城大学農学部(阿見町)で学ぶイグデ・カルタ・サトリアウィバウさんの「何が感動したって、こんなに多くの人が木を植えるために山に登ってくる。インドネシアに持ち帰って是非やってみたいと思った」とのコメントが紹介される。
6月6日 産経新聞 着物だけではない 食品や再生医療に使えるシルクの力 東京農工大学大学院工学研究院の中澤靖元教授は「日本の養蚕業は衰退し、生糸の生産量は減っているが、水溶液やパウダーにすれば医療分野など日本のシルク産業に新たな風を吹かせることができる。この工場が拠点となる」とコメントしていることが紹介される。
6月6日 EurekAlert! Great progress in interfacial hydrodynamics combined with chemical thermodynamics The international collaborative team of Tokyo University of Agriculture and Technology (TUAT) in Japan, Osaka University in Japan, and Indian Institute of Technology Ropar (IIT Ropar) in India has succeeded for the first time in numerically reproducing a topological change of viscous fingering (one of classical interfacial hydrodynamics), which is driven by a partial miscibility, where the two liquids do not mix completely with finite solubility.
6月6日 財界ONLINE 【チョコレート菓子「ブラックサンダー」で旋風】有楽製菓・河合辰信社長が語る“日本一ワクワクする菓子屋づくり” 06年には東京農工大学の学生と生協職員のやりとりが人気を集めたブログが登場し「ブラックサンダー」が話題を呼んだと紹介される。
6月7日 あなたの静岡新聞 環境維持足元から 大学教授が講演 浜松・三ケ日中 「アグロフォレストリー(森林農法)」を専門とする東京農工大の山田祐彰教授らを講師に招いた講演会が開催されたことが紹介される。
6月7日 しんぶん赤旗 「共産党躍進に期待します」
各界著名53氏メッセージ
各界の著名人として本間 愼(元フェリス女学院大学長、東京農工大学名誉教授)先生が記載される。
6月8日 sippo 猫の気持ちや健康のひけつとは 猫の飼い主さんむけ講座を「ねこ医学会」が12日開催 「猫の気持ちの読み方」
講師:入交眞巳(JSFM学術理事、東京農工大学、どうぶつの総合病院)
ポイント:猫の行動から、猫の気持ちを解説することが紹介される。
6月8日 AZO MATERIALS Experts Numerically Reproduce a Topological Change of Viscous Fingering An international collaborative group, for the first time, has been successful in reproducing a topological change of viscous fingering in a numeric manner.
The group included researchers from the Tokyo University of Agriculture and Technology (TUAT) in Japan, Osaka University in Japan, and the Indian Institute of Technology Ropar (IIT Ropar) in India.
6月8日 東京新聞 愛川町長選告示 現新3人の争いに 12日に投開票 立候補者 今鉾君雄さんの経歴として東京農工大学卒業と記載される。
6月8日 ヤマケイオンライン 「なぜ山に登るのか」がテーマ。山岳写真家 三宅修さん・三宅岳さんの父子写真展が松本で開催 山岳写真家 三宅岳さんの経歴として東京農工大学卒業と記載される。
6月8日 Livedoorニュース キウイとの組み合わせが効果的!腸活を助けるスーパー食物繊維「α-オリゴ糖」とは? 著者 寺尾啓二さんの経歴として東京農工大学客員教授であったことが記載される。
6月9日 静岡新聞 信号標示しっかり確認
紙面に静止画,QRコードからアクセス「動画コンシェル」
東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料の静止画が紙面掲載され,AR放映
6月9日 8760 犬の吠えグセを解決するには?「まずオスワリ」「徹底して無視」など吠え方によって異なる対策 回答者の獣医師 山本昌彦さんの経歴として東京農工大学獣医学科卒業と記載される。
6月9日 読売新聞 解説
大学ファンド10兆円
世界レベルの研究 支援模索
読売新聞の取材に対し、東京農工大学が国際卓越研究大への申請の意向を明らかにしたと紹介される。
6月9日 日経産業新聞 心臓手術後の回復促す薬開発 医療スタートアップのルカ・サイエンスが京都大学、北海道大学、東京理科大学、東京農工大学とミトコンドリア製剤を使った新型コロナウイルスによる急性呼吸窮迫症候群(ARDS)を治療する薬の研究開発を進めていると紹介される。
6月9日 日経バイオテク 東京農工大など、生きたまま染色体を診た受精卵から健康な子牛を産ませることに成功 東京農工大学、近畿大学、扶桑薬品工業、農研機構の研究グループは、細胞を生きたまま連続観察する「ライブセルイメージング技術」により染色体分配の様子を捉えた体外受精卵から、健康な子牛を産ませることに成功したことが紹介される。
6月9日 月刊私塾界 2023年版QS世界大学ランキング 「QS World University Ranking 2023」発表 QS世界大学ランキング2023にランクインした日本の大学として、701-705位に東京農工大学が記載される。
6月9日 上毛新聞 2023年版QS世界大学ランキング 世界のトップクラスの大学として日本の大学50校が選出 QS世界大学ランキング2023にランクインした日本の大学として、701-705位に東京農工大学が記載される。
6月10日 DreamNews 戦時下に生を享けた筆者が、母の個人史への想いに重ねて振り返る「心の昭和史」母を主軸とした家族の思い出、平和への思い。藤本高士著『開戦八十年に思う 私の昭和あれこれ』 2022年6月発売 定価1320円 著者 藤本高士さんの経歴として東京農工大学卒業とが記載される。
6月10日 日経産業新聞 スキー場閉鎖でチョウ減少 東京農工大学などの国際研究チームは、スキー場が閉鎖してゲレンデの管理が長期間なされないでいると、生息するチョウの種類や個体数が減少してしまうことを突き止めたと紹介される。
6月10日 農業協同組合新聞 生きたまま染色体を診た受精卵から健康な子牛を産ませることに成功 東京農工大など 東京農工大学、近畿大学、扶桑薬品工業、農研機構の研究グループは、細胞を生きたまま連続観察する「ライブセルイメージング技術」により、染色体分配の様子を捉えた体外受精卵から、健康な子牛を産ませることに成功したと紹介される。
6月10日 エステー アンモニア・トリメチルアミンに応答するヒトの鼻にある受容体を同定 ― 消臭作用のある香料も数種発見 ― エステー株式会社は、国立大学法人東京農工大学との共同研究で、アンモニアおよびトリメチルアミンに応答するヒトのトレースアミン関連受容体を同定し、実用的な消臭作用のある香料物質の探索を行ったと紹介される。
6月10日 ロボスタ 田んぼの自動抑草ロボ「アイガモロボ」来年度発売へ 井関農機から2億円調達 販売に向けて連携強化 有機米デザイン株式会社が東京農工大学と有機米の栽培に関する知見の収集と諸課題の解決に向けた共同研究を2020年に開始したと紹介される。
6月10日 愛媛新聞 有機米デザイン 井関農機から2億円を調達 アイガモロボ販売に向け連携強化 有機米デザイン株式会社が東京農工大学と有機米の栽培に関する知見の収集と諸課題の解決に向けた共同研究を2020年に開始したと紹介される。
6月12日 日本テレビ ザ!鉄腕!DASH!! 「新宿DASH」のコーナーにて農工大で撮影協力した部分が放映される。
6月12日 日テレTOPICS 新宿DASH ~ニホンミツバチ~ 新宿ミツバチプロジェクトの一環として、10年以上養蜂を研究する職員の乃万了技術専門職員が紹介される。
6月13日 WirelessWire News 自己組織化(self-organization)の「自己」って何だ? 講師の末松信彦先生の経歴として東京農工大学大学院・共生科学技術研究院非常勤研究員と記載される。
6月14日 ロケーションジャパン 映画・ドラマに登場した学校5選! 「キミスイ」に「ごくせん」も 鉄板ロケ地となった学校として、東京農工大学(登録有形文化財にもなっている左右対称の時計台が目印となる洋館)が紹介される。
6月15日 月刊 ジュニアエラ 「都市」に進出したタヌキやアナグマは「山間部」と生活スタイルを変えていた!
食事は、「夜に素早くこっそり」が都会流!
東京農工大学大学院特別研究生の大杉滋さんと小池伸介教授らの国際共同研究チームは「山間部の森林」と、住宅街に接した「都市の森林」に住むタヌキとアナグマの食事のしかたを調査したことが紹介される。
6月16日 マイナビニュース 雑食動物であるクマの食事とシカの生息数の関係に迫る 東京農工大学大学院グローバルイノベーション研究院、森林研究・整備機構 森林総研(森林総研)、サウスイーストノルウェー大学、東京農業大学地域環境科学部らの国際共同研究チームは、ニホンジカの増減でツキノワグマの食生活がどう変わるかについて調査したと紹介される。
6月16日 ドローンジャーナル 有機米デザイン、井関農機から2億円を調達 アイガモロボを来年度発売 有機米デザイン株式会社が東京農工大学と有機米の栽培に関する知見の収集と諸課題の解決に向けた共同研究を2020年に開始したと紹介される。
6月17日 朝日新聞 スキー場閉鎖ならチョウが消える 東京農工大、生態系の影響調査 スキー場が閉鎖されると周辺のチョウも減っていく――。東京農工大学(東京都府中市)の研究チームがそんな調査結果を発表したと紹介される。
6月17日 朝日新聞 スキー場閉鎖ならチョウが消える 東京農工大、生態系の影響調査 スキー場が閉鎖されると周辺のチョウも減っていく――。東京農工大学(東京都府中市)の研究チームがそんな調査結果を発表したと紹介される。
6月17日 日刊工業新聞 動き柔軟 たこ足ロボ
東京農工大・東大 お風呂掃除向け
東京農工大学の水内郁夫教授と東京農工大学の原田恵大学院生が、タコのような4本脚のソフトロボットを開発したと紹介される。
6月17日 日刊工業新聞 東京農工大と東大、動き柔軟“たこ足ロボ”開発 お風呂掃除向け 東京農工大学の水内郁夫教授と東京農工大学の原田恵大学院生が、開発したタコのような4本脚のソフトロボットの動画が掲載される。
6月17日 日本経済新聞 東京農工大、デジタルアーカイブ「繭標本・生糸・真綿」の資料を公開 東京農工大学科学博物館(東京都小金井市、館長:金子敬一)では博物館5ヵ年計画にデジタル化によるリニューアルを据え、蚕糸学術コレクションのデジタルアーカイブ化に着手していることが紹介される。
6月19日 朝日新聞 早稲田、明治はリアル型へ 青山、立教、法政は オープンキャンパス 工学部および農学部で開催されたオープンキャンパスについて紹介される。
6月20日 ニュースイッチ お風呂掃除で活躍へ、動きが柔軟な“たこ足ロボット”が誕生した 東京農工大学の水内郁夫教授と東京大学の原田恵大学院生は、タコのような4本脚のソフトロボットを開発したと紹介される。
6月20日 朝日新聞 ヤギも先生 福生の環境フェスティバル、3年ぶり体験イベントが人気 人と動物の共生を研究し、伝える活動をしている東京農工大学の自主ゼミ「のたっと」が初出展したことが紹介され、展示ブースの写真が掲載される。
6月20日 朝日新聞 オープンキャンパス、「来場型」回帰が鮮明に 河合塾調査 東京農工大学小金井キャンパスにて開かれた在校生による座談会の写真が掲載される。
6月20日 文教.com 【農工大】科学博物館がデジタルアーカイブ「繭標本・生糸・真綿」資料を公開 東京農工大学科学博物館では博物館5ヵ年計画にデジタル化によるリニューアルを据え、蚕糸学術コレクションのデジタルアーカイブ化に着手していると紹介される。
6月21日 マイナビニュース 農工大、「π-π相互作用」の未開拓の性質を基盤とした有機分子触媒を開発 水素結合に比べて少ないπ-π相互作用の利用例
東京農工大学(農工大)は6月20日、2つの芳香環を平行配列させた際に生じる「π-π相互作用」のこれまで未開拓であった性質(空間を介した電子調節効果)を基盤とした、新しい有機分子触媒の開発に成功したことを発表したと紹介される。
6月21日 朝日新聞 10兆円ファンド検討の農工大学長「大学の大きさではなく信念大事」 千葉学長が、「農工大が『世界第一線の研究大学って』と思われる方が多いかもしれないが、人の価値を高めることを世界の大学がめざしている。大学の大きさとかではなく、それを成し遂げていこうという信念が一番大事」と述べたと紹介される。
6月22日 産経新聞 「そばロボット」JR山手線内に初導入 人手不足解消へ 開発したのは東京農工大学発ロボットベンチャーのコネクテッドロボティクス(東京都小金井市)。同大の水内郁夫准教授の研究成果を活用し、どんぶりを自動で洗う食洗ロボットなどを開発していると紹介される。
6月22日 日本経済新聞 東京農工大、液体を大気圧プラズマに通すだけでナノミストを作製する手法を開発 東京農工大学大学院工学府物理システム工学専攻の渡邊良輔 大学院生、生物システム応用科学府食料エネルギーシステム科学専攻の田中詩織 大学院生、工学研究院先端物理工学部門の吉野大輔 准教授宮地悟代 准教授は、液体を大気圧プラズマに通すだけでナノミストを作製する手法を開発したと紹介される。
6月22日 Phys.Org Chromosomal errors that develop early lead to embryonic loss in assisted reproductive technology ”Chromosome aneuploidy is thought to occur due to chromosome segregation errors that develop early, which may cause embryonic loss,” said researcher Satoshi Sugimura of the Institute of Agriculture at the Tokyo University of Agriculture and Technology in Tokyo, Japan.
6月22日 EurekAlert! Chromosomal errors that develop early lead to embryonic loss in assisted reproductive technology “Chromosome aneuploidy is thought to occur due to chromosome segregation errors that develop early, which may cause embryonic loss,” said researcher Satoshi Sugimura of the Institute of Agriculture at the Tokyo University of Agriculture and Technology in Tokyo, Japan.
6月22日 リセマム 【大学受験2023】国立理系大「電農名繊」オープンキャンパス4選 「電農名繊」と大学群にまとめられる国立の理工系大学の電気通信大学・東京農工大学・名古屋工業大学・京都工芸繊維大学の2022年度オープンキャンパス情報が紹介される。
6月22日 The Japan Times Will a ¥10 trillion fund be the savior of Japan’s universities? The government will start accepting applications for the fund by the end of fiscal 2022. So far, four universities — Tohoku University, Tokyo University of Agriculture and Technology, Nagoya University and Osaka University — intend to apply, according to a recent survey of national universities by Kyodo News.
6月23日 8760 犬・猫のマイクロチップ装着、「健康被害は?」「痛くないの?」疑問に獣医師が回答 回答者の獣医師 山本昌彦さんの経歴として東京農工大学獣医学科卒業と記載される。
6月24日 読売新聞 サル痘、ヒトへの感染で変異加速か…感染力や毒性高まる可能性も 水谷哲也東京農工大教授(ウイルス学)の「すぐに感染力や毒性が高まった株が現れるとは考えにくいが、変異への警戒を促す内容だ。感染の封じ込めが重要になる」とコメントが紹介される。
6月24日 マイナビニュース 農工大、液体を大気圧プラズマに通すだけでナノミスト化できる技術を開発 東京農工大学(農工大)は6月23日、液体を大気圧プラズマに通すだけでナノミストを作製する手法を開発したと発表したと紹介される。
6月24日 読売新聞 長さ2cmの巨大細菌を発見「人間に例えれば、富士山より背の高い人」 米ローレンス・バークレー国立研究所などのチームが24日付の科学誌サイエンスで発表する、長さが最大で2センチにもなる巨大な細菌を発見したことについて山形洋平・東京農工大教授(応用微生物学)のコメントが紹介される。
6月24日 読売新聞 長さ2センチの巨大細菌
米研究チーム カリブ海の島で発見
米ローレンス・バークレー国立研究所などのチームが24日付の科学誌サイエンスで発表する、長さが最大で2センチにもなる巨大な細菌を発見したことについて山形洋平・東京農工大教授(応用微生物学)のコメントが紹介される。
6月24日 タウンニュース 市長選
桂秀光氏 出馬を表明
報酬削減など訴え
任期満了に伴い10月に行われる茅ヶ崎市長選挙に、無所属で立候補する意向を表明した桂秀光氏(65)の経歴として東京農工大学大学院修了と記載される。
6月24日 Science Portal 鮮やかな高山植物は虫のおかげで子孫を維持している 北大研究者が30年間の大雪山系調査で確認 北海道大学大学院地球環境科学研究院の工藤岳准教授の経歴として東京農工大学農学部で林学を学んだと紹介される。
6月25日 朝日新聞 オープンキャンパスに行こう
首都圏リアル開催回帰も
工学部および農学部で開催されたオープンキャンパスについて紹介される。
6月25日 読売新聞 「サル痘」の変異
人間感染で加速?
ポルトガル研究チーム
水谷哲也東京農工大教授(ウイルス学)の「すぐに感染力や毒性が高まった株が現れるとは考えにくいが、変異への警戒を促す内容だ。感染の封じ込めが重要になる」とコメントが紹介される。
6月25日 日刊スポーツ 学生が企画運営「魅力ある大会」関東JUNKOオールスター初開催 準硬式の向上と知名度拡大へ 関東JUNKOオールスター初開催の開幕試合の写真に安居院勇源(東京農工大・3年)さんが掲載される。
6月25日 朝日新聞 最古の獣医さん、患畜はあの白ウサギ 獣医療のはじまりを歩く 日本獣医師会の前会長で、東京農工大学名誉教授の山根義久さんの獣医療に関するインタビューが掲載される。
6月25日 朝日新聞 (はじまりを歩く)獣医療 鳥取市、東京都新宿区 白兎癒やした、神さまの医術 日本獣医師会の前会長で、東京農工大学名誉教授の山根義久さんの獣医療に関するインタビューが掲載される。
6月25日 朝日新聞 土曜増刊be 白兎癒した神様の医術 日本獣医師会の前会長で、東京農工大学名誉教授の山根義久さんの獣医療に関するインタビューが掲載される。
6月25日 朝日新聞 みなさんから・編集部から 獣医療について取材をした編集者の感想として、日本における近代獣医療の発展に東京大学農学部や東京農工大学農学部の前身となる農事修学場を設置した大久保利通が大きくかかわっていたことが紹介される。
6月26日 週刊女性PRIME ペットボトル飲料の危険リスク 雑菌繁殖に大量の添加物「買わないほうがいい」専門家も警鐘! 化学物質という点でいうと、実はペットボトル容器自体にも大きな問題があることについて高田秀重教授のインタビューが詳細される。
6月26日 PLAYER! 【東京都大学サッカーリーグ戦チャレンジリーグ第8節】まもなく開始!工学院大vs農工大 東京都大学サッカーリーグ戦チャレンジリーグ第8節 工学院大学(男子) vs 東京農工大学(男子)の試合が工学院大学八王子キャンパスグラウンドにて行われると紹介される。
6月27日 日本経済新聞 東京農工大、ナノポアを用いた血中がんマーカーのパターン識別に成功 東京農工大学大学院工学研究院生命機能科学部門の川野竜司教授と同大学大学院工学府大学院生 竹内七海(卓越大学院生)、平谷萌恵(当時)は、DNA分子を用いて情報処理を行う「DNAコンピューティング技術」と「ナノポア」により血液中の複数のmicroRNA(血中がんマーカー)を同時検出し、胆管がんを識別することに成功したと紹介される。
6月27日 EurekAlert! Detection of cancer biomarkers from blood samples using nanopore-based DNA computing technology Researchers at the Tokyo University of Agriculture and Technology have developed a new method for the detection of cancer miRNA patterns based on DNA computing technology.
6月27日 日経産業新聞 犬のぼうこうのミニ臓器 東京農工大学の臼井達哉特任講師らは、治療の難しい犬のぼうこうがんの発症の仕組みを研究するのに役立つ「ミニ臓器」の作製に成功したと発表したことが紹介される。
6月27日 プレジデントオンライン 「100歳越えの高齢者が50人以上いる長寿島」で欠かさず食べられている"ある健康野菜" 辨野義己氏の略歴で「東京農工大学大学院獣医学専攻をへて理化学研究所へ」と紹介される。
6月28日 Genetic Engineering & Biotechnology News Nanopore Technology Detects Cancer Biomarkers from Patients’ Blood “DNA computing uses the biochemical reactions of the information-encoding DNA molecules to solve problems based on formal logic, in the same way that normal computers do,” said Ryuji Kawano, PhD, professor, Tokyo University of Agriculture and Technology (TUAT). ”In this case, a diagnostic DNA molecule was designed to be able to bind five different kinds of miRNA associated with bile duct cancer.
6月28日 マイナビニュース 農工大、DNAコンピューティングとナノポア計測で胆管がんの識別に成功 東京農工大学(農工大)は6月27日、「DNAコンピューティング技術」と「ナノポア」計測技術を組み合わせることで、血液中のがんマーカーの複数のmicroRNA(miRNA)を同時に検出し、胆管がんを識別することに成功したことを発表したと紹介される。
6月28日 日刊工業新聞 新役員
マツダ
執行役員生産技術・物流担当の弘中武都氏の経歴として東京農工大学卒業と記載される。
6月28日 プレジデントオンライン 「ためしてガッテン」も大注目…がん死亡率が日本でもっとも低い掛川市で飲まれている"特殊なお茶" 辨野義己氏の略歴で「東京農工大学大学院獣医学専攻をへて理化学研究所へ」と紹介される。
6月29日 D1SoftballNews.com Researchers reveal method to detect cancer biomarkers with blood samples At the Tokyo University of Agriculture and Technology (Japan), a new method has been developed for miRNA pattern detection carcinogens based on DNA computer technology.
6月29日 MIT Technology Review 液体をプラズマでナノミストにする新手法、東京農工大が開発 東京農工大学の研究チームは、液体を大気圧プラズマに通すだけでナノメートル・サイズのミストを作製する手法を開発した(1ナノメートルは1ミリメートルの百万分の1)と紹介される。
6月30日 読売新聞 学ぶ育む
「対面授業半分以下」なお49校
文科省が調査した2022年度前期授業において全面対面(コロナ禍以前と同様)にて実施した主な大学として東京農工大学が記載される。
6月30日 ベネッセ教育情報サイト 【高校受験】内申点を今から1ポイントでも上げるために 保護者ができるサポートは? 志望校合格を決めた大学生体験談として東京農工大 工学部 K・K先輩のコメントが紹介される。
6月30日 日本流通産業新聞 フォーデイズ 22年3月期/売上高は325億4400万円/健康食品が堅調に推移(2022年6月30日号) 昨年度に東京農工大学内に設置した「フォーデイズ次世代核酸研究講座」において、引き続き同大学との共同研究における連携を強化したと紹介される。
6月30日 日本経済新聞 イチゴ栽培のホーブ、夏品種と南下政策で攻める 東京農工大学の果樹のライフサイクルを短縮する技術「連続開花結実法」を用い、冬季のブルーベリー出荷を始めていることが紹介される。

5月

掲載年月日 媒体名 記事(番組)表題 記事(番組)概要
5月1日 ラブすぽ 微生物って、目に見えない生き物なの?【微生物の話】 東京農工大学大学院農学研究院 山形洋平教授のコラム【微生物の話】が掲載される。
5月1日 ラブすぽ ウイルスを別にして地球上に存在する、大きく2つに分けられる微生物とは?【微生物の話】 東京農工大学大学院農学研究院 山形洋平教授のコラム【微生物の話】が掲載される。
5月1日 佐賀新聞LiVE 政府、科学技術立国の実現へ設置 10兆円基金、4大学申請へ 
国立大調査、27校は「検討中」
政府が世界最高の研究水準を目指す大学を支援するために設けた10兆円規模の大学ファンド(基金)に関し、東京農工大学が申請する意向であることが紹介される。
5月1日 茨城新聞 10兆円大学ファンド、筑波大は「検討中」 国立大調査 政府が世界最高の研究水準を目指す大学を支援するために設けた10兆円規模の大学ファンド(基金)に関し、東京農工大学が申請する意向であることが紹介される。
5月1日 沖縄タイムスプラス 大学ファンドに4校が申請意向 政府が世界最高の研究水準を目指す大学を支援するために設けた10兆円規模の大学ファンド(基金)に関し、東京農工大学が申請する意向であることが紹介される。
5月2日 ラブすぽ パンやお酒(アルコール)などをつくる酵母やカビとキノコって、微生物なの?【微生物の話】 東京農工大学大学院農学研究院 山形洋平教授のコラム【微生物の話】が掲載される。
5月3日 ラブすぽ 私たちの病気の原因になるものの1つとして細菌と共によく知られている微生物の仲間とは?【微生物の話】 東京農工大学大学院農学研究院 山形洋平教授のコラム【微生物の話】が掲載される。
5月3日 Rakuten Infoseek News 人間の体を「あるべき状態」に整える自然の“生体調整機能”とは 東京農工大学修士課程(環境保護学)を修了した宮崎良文さん(現 千葉大学環境健康フィールド科学センターグランドフェロー)の「自然が人間に与える驚きの効果とその仕組み」についてのインタビューが掲載される。
5月3日 Rakuten Infoseek News 「一輪挿し」でも得られる自然の恩恵。大切なのは自分の心地よさ 東京農工大学修士課程(環境保護学)を修了した宮崎良文さん(現 千葉大学環境健康フィールド科学センターグランドフェロー)の「自然が人間に与える驚きの効果とその仕組み」についてのインタビューが掲載される。
5月4日 ラブすぽ 微生物は目に見えない程とても小さいのに〝巨大生物〟と呼ばれる理由とは?【微生物の話】 東京農工大学大学院農学研究院 山形洋平教授のコラム【微生物の話】が掲載される。
5月4日 新潟日報 10兆円基金、新潟大「検討中」
4校申請へ、長岡技科大と上越教育大は「見送り」
政府が世界最高の研究水準を目指す大学を支援するために設けた10兆円規模の大学ファンド(基金)に関し、東京農工大学が申請する意向であることが紹介される。
5月5日 ラブすぽ 原始の地球には酸素がほとんど無かった!地球に酸素を発生させた微生物とは?【微生物の話】 東京農工大学大学院農学研究院 山形洋平教授のコラム【微生物の話】が掲載される。
5月6日 ラブすぽ なにが得で、微生物は小さくなったのか?【微生物の話】 東京農工大学大学院農学研究院 山形洋平教授のコラム【微生物の話】が掲載される。
5月6日 朝日新聞デジタル 仕事退職→日光に住み着いた博士課程ハンター 地元猟師も認める熱意 東京農工大学の稲垣亜希乃さんが日光に住み着いた博士課程在籍のハンターとして紹介される。
5月6日 静岡県警察本部ホームページ 交差点では確実に安全確認しましょう 東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料が放映
5月6日 朝日新聞Reライフ.net <連載> べんの博士のウンチ講座
第9回 作り、育て、出す ウンチを出すには三つの力が必要です
辨野義己氏の略歴で「東京農工大学大学院獣医学専攻をへて理化学研究所へ」と紹介される。
5月7日 しんぶん赤旗 環境ホルモン汚染(上)
多摩川上流で高濃度
浮かび上がるごみ処分場
多摩川で目に見えない汚染が続いていることが東京農工大学の研究チームの調査で明らかになったと紹介される。
5月7日 しんぶん赤旗 環境ホルモン汚染(上)
異常な濃度分布
下水処理場付近で急上昇
東京都内を流れる川の水に含まれる環境ホルモンの問題に早くから取り組んできた高田秀重教授たちが、隅田川と多摩川の環境ホルモンの汚染状況を20年ぶりに調査したと紹介される。
5月7日 ラブすぽ ふつうの生物が生きられないような場所でも微生物が存在する理由とは?【微生物の話】 東京農工大学大学院農学研究院 山形洋平教授のコラム【微生物の話】が掲載される。
5月8日 しんぶん赤旗 環境ホルモン汚染(中)
処分場で発生か
東京農工大学の高田秀重教授たちの研究チームの調査で、長年の謎だった多摩川の水に含まれるビスフェノールAの排出源が主に上流にある二つの下水処理場であることが明らかになったと紹介される。
5月8日 ラブすぽ 地球上のどこにでも存在する微生物。ここ十数年間で発見された微生物の数とは?【微生物の話】 東京農工大学大学院農学研究院 山形洋平教授のコラム【微生物の話】が掲載される。
5月9日 ラブすぽ 微生物学の父/レーベンフックが人類で初めて微生物を発見した方法とは?【微生物の話】 東京農工大学大学院農学研究院 山形洋平教授のコラム【微生物の話】が掲載される。
5月9日 山陰中央新報デジタル 10兆円基金 4大学申請へ 地方見送り多数 格差懸念 国立大調査 政府が世界最高の研究水準を目指す大学を支援するために設けた10兆円規模の大学ファンド(基金)に関し、東京農工大学が申請する意向であることが紹介される。
5月10日 しんぶん赤旗 環境ホルモン汚染(下)
濃度 測定せず
東京農工大学の高田秀重教授たちの研究チームが、多摩川の上流の水に含まれる環境ホルモンのビスフェノールAの濃度が急激に上昇する原因をたどっていった結果、東京都下水道局の下水処理場が発生源である可能性が高いことが分かったと紹介される。
5月10日 ラブすぽ 私たちの体にはどれくらいの微生物が生きているのか?【微生物の話】 東京農工大学大学院農学研究院 山形洋平教授のコラム【微生物の話】が掲載される。
5月10日 Webむろみん電子版 空気感染する?しない?新型コロナ広がる経路 換気重要、用語で混乱も 水谷哲也東京農工大教授(ウイルス学)の「状況によっては空気感染も起こり得る、感染形態にグラデーションがあると理解すればいいのではないか」とコメントが紹介される。
5月10日 山陽新聞 新型コロナ広がる経路 空気感染する?しない? 水谷哲也東京農工大教授(ウイルス学)の「状況によっては空気感染も起こり得る、感染形態にグラデーションがあると理解すればいいのではないか」とコメントが紹介される。
5月10日 岩手日報 「エアロゾル」は空気感染?
新型コロナウイルス経路
定義あいまい、換気は重要
水谷哲也東京農工大教授(ウイルス学)の「状況によっては空気感染も起こり得る、感染形態にグラデーションがあると理解すればいいのではないか」とコメントが紹介される。
5月10日 茨城新聞 コロナは空気感染する? 
「エアロゾル」統一見解なし
用語で混乱、換気重要
水谷哲也東京農工大教授(ウイルス学)の「状況によっては空気感染も起こり得る、感染形態にグラデーションがあると理解すればいいのではないか」とコメントが紹介される。
5月10日 京都新聞 空気感染する?しない?新型コロナ広がる経路 用語で混乱も 水谷哲也東京農工大教授(ウイルス学)の「状況によっては空気感染も起こり得る、感染形態にグラデーションがあると理解すればいいのではないか」とコメントが紹介される。
5月10日 四国新聞 空気感染する?しない?
「エアロゾル」統一見解なし
水谷哲也東京農工大教授(ウイルス学)の「状況によっては空気感染も起こり得る、感染形態にグラデーションがあると理解すればいいのではないか」とコメントが紹介される。
5月10日 秋田魁新報 空気感染する?しない?新型コロナ広がる経路 換気重要、用語で混乱も 水谷哲也東京農工大教授(ウイルス学)の「状況によっては空気感染も起こり得る、感染形態にグラデーションがあると理解すればいいのではないか」とコメントが紹介される。
5月10日 埼玉新聞 空気感染する?しない?新型コロナ広がる経路 換気重要、用語で混乱も 水谷哲也東京農工大教授(ウイルス学)の「状況によっては空気感染も起こり得る、感染形態にグラデーションがあると理解すればいいのではないか」とコメントが紹介される。
5月10日 愛媛新聞 空気感染する?しない?新型コロナ広がる経路 換気重要、用語で混乱も 水谷哲也東京農工大教授(ウイルス学)の「状況によっては空気感染も起こり得る、感染形態にグラデーションがあると理解すればいいのではないか」とコメントが紹介される。
5月10日 徳島新聞 空気感染する?しない?新型コロナ広がる経路 換気重要、用語で混乱も 水谷哲也東京農工大教授(ウイルス学)の「状況によっては空気感染も起こり得る、感染形態にグラデーションがあると理解すればいいのではないか」とコメントが紹介される。
5月10日 長崎新聞 空気感染する?しない?新型コロナ広がる経路 換気重要、用語で混乱も 水谷哲也東京農工大教授(ウイルス学)の「状況によっては空気感染も起こり得る、感染形態にグラデーションがあると理解すればいいのではないか」とコメントが紹介される。
5月10日 沖縄タイムス 空気感染する?しない?新型コロナ広がる経路 換気重要、用語で混乱も 水谷哲也東京農工大教授(ウイルス学)の「状況によっては空気感染も起こり得る、感染形態にグラデーションがあると理解すればいいのではないか」とコメントが紹介される。
5月10日 EurekAlert! New research may revise a theory of reacting flow The research team of Tokyo University of Agriculture and Technology (TUAT) for the first time clearly demonstrates that the effect on the flow reverses according to the degree of change in the properties due to the reaction in a reacting flow with production of viscoelastic material, through experiments involving high-precision rheological measurements and a newly proposed theory.
5月10日 news wise New research may revise a theory of reacting flow The research team of Tokyo University of Agriculture and Technology (TUAT) for the first time clearly demonstrates that the effect on the flow reverses according to the degree of change in the properties due to the reaction in a reacting flow with production of viscoelastic material, through experiments involving high-precision rheological measurements and a newly proposed theory.
5月10日 丹波新聞 「アイガモロボ」を実証実験 水田の雑草発生を抑制 「無人で動かせるのが魅力」 東京農工大学発のベンチャー企業「有機米デザイン」が、実用化に向けて開発を進めている水田の抑草ロボット「アイガモロボ」の実証実験について紹介される。
5月11日 Chem-Station イミノアルキンと共役ジエンの形式的[4+1]アニュレーションによる多置換ピロール合成 第380回スポットライトリサーチへ東京農工大学大学院 工学府 応用化学専攻 物質応用化学専修 博士前期課程 (研究当時) の 栗田真之介 (くりた・しんのすけ) さんインタビューが掲載される。
5月11日 日刊工業新聞 小金井ならでは 「獣医学科があり動物病院を備える大学が関東の国立大学では本学と東京大学などに限られている」という千葉一裕学長のコメントが紹介される。また、全国の大学で初めてとなる、二つ目の動物病院の設置を発表したと紹介される。
5月11日 ラブすぽ 汗にはほとんど匂いがないのに時間が経つと臭くなる理由とは?【微生物の話】 東京農工大学大学院農学研究院 山形洋平教授のコラム【微生物の話】が掲載される。
5月11日 NEWSポストセブン ペットボトル、カップ麺など、食品の容器から有害物質が溶け出すリスクはあるのか プラスチックが私たちの体にどのような影響を及ぼしているのかについて東京農工大学の高田秀重教授のインタビューが掲載される。
5月11日 日本経済新聞 東京農工大など、昆虫行動を制御する新たな仕組みを発見 東京農工大学大学院連合農学研究科博士後期課程生の西子まあや さんとグローバルイノベーション研究院の坂本卓磨 特任助教、農学研究院生物生産科学部門の天竺桂弘子 教授、カンザス州立大学のMichael R.Kanost教授、韓国全南大学校のYasuyuki Arakane教授を中心とする研究グループは、昆虫の抗酸化酵素スーパーオキシドディスムターゼ(SOD)の1つが、活性酸素(ROS)の発生を単に抑制するだけではなく、時期特異的にROS発生を調節することで、変態期の神経筋接合の再構築を完成に導き、成虫が脚を動かせるようになる新たな仕組みを発見したと紹介される。
5月11日 AZO MATERIALS A New Stage of Reacting Flow Research For the first time, a research group from the Tokyo University of Agriculture and Technology (TUAT) has illustrated, with the help of experiments involving high-precision rheological measurements and a newly proposed theory, that the impact on the flow reverses according to the degree of change in the properties due to the reaction in a reacting flow with the formation of viscoelastic material.
5月11日 静岡新聞 交差点 周囲の安全確認
紙面に静止画,QRコードからアクセス「動画コンシェル」
東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料の静止画が紙面掲載され,AR放映
5月11日 Rallys 3年ぶりの公式開催 濱田、枝廣ら期待の新人が活躍するか<春季関東学生卓球リーグ戦見どころ> 春季関東学生卓球リーグ戦男子5部出場校:Cブロック、春季関東学生卓球リーグ戦女子5部出場校:Aブロックとして掲載される。
5月12日 日刊工業新聞 燃焼プロセス高効率化
東京農工大 灰付着9割抑える
東京農工大学大学院の堀口元規助教(研究当時)と岡田洋平准教授らは、燃料や下水汚泥などの燃焼プロセスの高効率化および安定運転に向け、燃焼灰の高温付着性を下げる技術を開発したと紹介される。
5月12日 ラブすぽ 体をゴシゴシ洗うのは肌に悪いと言われる理由とは?【微生物の話】 東京農工大学大学院農学研究院 山形洋平教授のコラム【微生物の話】が掲載される。
5月12日 ねとらぼ スキー場が閉鎖されるとチョウが生きられなくなる 東京農工大などの研究で判明
最近スキー場減っていますよね……。
スキー場が閉鎖されればされるほど、チョウが生きられなくなる環境になることが、東京農工大学や東京大学などの研究で明らかになったことが紹介される。
5月13日 IAEA IAEA Presents Nuclear Solutions for Plastic Pollution and Carbon Dioxide Removal at UN Forum Hideshige Takada, Professor of Environmental Chemistry of Organic Micropollutants at Tokyo University of Agriculture and Technology, explained that nuclear technology was used to determine that marine plastic pollution began to appear in the Asian region in the 1960s and 1970s.
5月13日 ラブすぽ ヒト一人が持つ腸内細菌は1.5〜2㎏?!腸内に100兆個以上存在する細菌の種類とは?【微生物の話】 東京農工大学大学院農学研究院 山形洋平教授のコラム【微生物の話】が掲載される。
5月13日 中部経済新聞 空気感染する?しない?新型コロナ広がる経路 換気重要、用語で混乱も 水谷哲也東京農工大教授(ウイルス学)の「状況によっては空気感染も起こり得る、感染形態にグラデーションがあると理解すればいいのではないか」とコメントが紹介される。
5月13日 北海道新聞 空気感染する?しない?新型コロナ広がる経路 換気重要、用語で混乱も 水谷哲也東京農工大教授(ウイルス学)の「状況によっては空気感染も起こり得る、感染形態にグラデーションがあると理解すればいいのではないか」とコメントが紹介される。
5月14日 ラブすぽ 腸内細菌と腸、そして脳の間には強い結びつきが?!腸が「第2の脳」と呼ばれる理由とは?【微生物の話】 東京農工大学大学院農学研究院 山形洋平教授のコラム【微生物の話】が掲載される。
5月16日 京都大学iPS細胞研究所 筋萎縮性側索硬化症(ALS)病因タンパク質TDP-43は コレステロール合成を制御する 〜ALSにおける脂質代謝異常と栄養療法の分子メカニズム探索〜 ALS病因タンパク質TDP-43が、コレステロール合成を制御する転写因子であるSREBP2の転写活性を通して、コレステロール合成を制御することを明らかにした研究論文に共著者として掲載される。
5月16日 文教.com 【農工大】スキー場であり続けることがチョウにとっては大切 ゲレンデの閉鎖はチョウ類相を衰退させることを発見 東京農工大学大学院農学府農学専攻の沖和人さん(修了生)、同大学院グローバルイノベーション研究院の小池伸介教授らの国際研究チームは、営業の停止に伴い、人為的なゲレンデ管理がなされなくなったスキー場跡地では、営業停止からの経過年数に伴い、観察されるチョウの種数や個体数が減少することを明らかにしたと紹介される。
5月17日 日本経済新聞 TDKや秋田県にかほ市など連携 ロボ使い環境保全型農業 農業生産法人の権右衛門(秋田県にかほ市)やTDK、井関農機、ロボット開発の有機米デザイン(東京農工大発ベンチャー:東京都小金井市)、にかほ市の5社・団体は17日、環境保全型スマート農業の推進に向け連携協定を結んだことが紹介される。
5月18日 読売新聞オンライン 仙台の山林 クマ目撃相次ぐ 小池伸介・東京農工大大学院教授の「全国的にもクマの生息地が市街地近くの山林へ拡大している。目撃情報がある場合、周辺住民はクマの行動が活発になる朝夕に1人での行動を避けるなど注意が必要。クマと遭遇する場所をなくすために河川の草を刈るのは効果的」とのコメントが紹介される。
5月18日 読売新聞オンライン クマに出会ったら「背中を見せずに離れて」…仙台の山林で相次ぐ目撃、看板で注意 小池伸介・東京農工大大学院教授の「全国的にもクマの生息地が市街地近くの山林へ拡大している。目撃情報がある場合、周辺住民はクマの行動が活発になる朝夕に1人での行動を避けるなど注意が必要。クマと遭遇する場所をなくすために河川の草を刈るのは効果的」とのコメントが紹介される。
5月18日 日本経済新聞 環境保全型農業推進、秋田で連携 農業生産法人の権右衛門(秋田県にかほ市)やTDK、井関農機、ロボット開発の有機米デザイン(東京農工大発ベンチャー:東京都小金井市)、にかほ市の5社・団体は17日、環境保全型スマート農業の推進に向け連携協定を結んだことが紹介される。
5月18日 日本経済新聞 スキー場、長期閉鎖でチョウ減少 東京農工大など発見 東京農工大学などの国際研究チームは、スキー場が閉鎖してゲレンデの管理が長期間なされないでいると、生息するチョウの種類や個体数が減少してしまうことを突き止めたと紹介される。
5月18日 EE Times Japan β型酸化ガリウムの事業化を加速
ノベルクリスタルテクノロジー、ロームから資金調達
ノベルクリスタルテクノロジーは、タムラ製作所や情報通信研究機構(NICT)、東京農工大学を中心メンバーとする研究チームが行ってきた酸化ガリウムの開発成果を基盤として、Ga2O3エピウエハーの開発や製造を行っていることが紹介される。
5月19日 産経新聞 3年ぶりに竹まつり 高山社情報館群馬・藤岡市 6月18日の講演会「新田猫の楽しみ方」講師として東京農工大学の横山岳氏が登壇されることが紹介される。
5月20日 MRT宮崎放送 「Check!」 東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料が放映
5月21日 khb マイクロプラスチック問題に理解を 仙台で「海洋ごみセミナー」開催 東京農工大学の高田秀重教授が講演し、プラスチックが細かくなることで生殖や成長に異常をきたす添加剤が魚貝類に取り込まれ、更に海鳥や人間にも影響が出始めていることなどが紹介される。
5月21日 日本農業新聞 虫の足を動かなくする仕組み発見 東京農工大学などの研究グループは、昆虫の体内にある酵素の働きを抑え、虫の脚を正常に動かなくする仕組みを発見したと紹介される。
5月22日 BSフジ ガリレオX 「わたしたちの動物観」動物が人間を癒す
東京農工大学の甲田菜穂子准教授の研究チームは動物が出てくる絵本を5,000冊以上調査し、動物を人になぞらえる「擬人化」について定量分析をおこなったことについて撮影・取材に協力している。
5月22日 河北新報 「マイクロプラ、人体に悪影響」 仙台で研究者講演 東京農工大の高田秀重教授(環境化学)が発生構造や解決への道筋などをテーマに講演したと紹介される。
5月22日 朝日中高生新聞 東京湾の底にマイクロプラスチック
海のプラごみ汚染60年代から
泥を採取し堆積を確認
東京農工大などの研究グループが調査したことが紹介される。
5月22日 日本農業新聞 虫「移動制限」仕組みを発見
酵素の働き阻害、脚動かなく
東京農工大、チヨウ目に応用期待
東京農工大学などの研究グループは、昆虫の体内にある酵素の働きを抑え、虫が脚を正常に動かせなくする仕組みを発見したと紹介される。
5月22日 日本農業新聞 虫「移動制限」仕組み発見 酵素の働き阻害、脚動かせず 東京農工大、チョウ目に応用期待 東京農工大学などの研究グループは、昆虫の体内にある酵素の働きを抑え、虫が脚を正常に動かせなくする仕組みを発見したと紹介される。
5月23日 日本経済新聞 東京農工大、尿カテーテルを使って犬正常膀胱オルガノイドの作出に成功 国立大学法人東京農工大学大学院農学研究院のモハメド・エルバダウィー訪問研究員、同大学農学部共同獣医学科の藤坂航大氏(当時 学部 6年)、同大学大学院農学府共同獣医学専攻の山本晴氏(博士課程2 年)、同大学大学院農学研究院の佐々木一昭准教授臼井達哉特任講師らは、尿カテーテルを用いて回収した正常犬の尿中に含まれる細胞から3次元(3D)オルガノイド培養を行い、膀胱粘膜組織の特徴を再現可能な犬正常膀胱オルガノイドを作出することに成功したことが紹介される。
5月23日 SAKURA internet 粗利率50%!驚異の数値を叩き出す、旬八青果店の八百屋DX 東京農工大学卒業後、食農ビジネスを起業。株式会社アグリゲートを立ち上げ、東京都心部を中心に旬八青果店を展開している左今 克憲さんのインタビューが掲載される。
5月23日 日本経済新聞 「ワクワク」通じ地域の課題解決 ヤマガタデザイン
地域のチカラ スタートアップ
東京農工大学と共同開発し、22年は33都府県で実証実験することが紹介される。
5月24日 DreamNews 【藻類による炭酸ガスの吸収・利用】2022年5月25日発刊! 《カーボンニュートラル関連特許レポート》 大学・研究機関として東京農工大学が記載される。
5月24日 日本経済新聞 (地域のチカラ スタートアップ) ヤマガタデザイン(山形県鶴岡市) 観光や農業にワクワク感
心つかみ、課題解決
東京農工大学と共同開発し、22年は33都府県で実証実験することが紹介される。
5月25日 毎日新聞 だいあろ~ぐ
東京彩人記 動物守る心を育てる 井の頭自然文化園園長 金子美香子さん(57) /東京
東京農工大農学部獣医学科を卒業した金子美香子さん(現 井之頭自然文化園園長)の「動物守る心を育てる」についてのインタビューが掲載される。
5月25日 朝日新聞DIGITAL 有機米の田んぼに浮かぶアイガモロボ 水面ぐるぐる、まるで掃除ロボ アイガモロボは、同市と開発を担った東京農工大発のベンチャー企業「有機米デザイン」(東京)、有機農業に取り組む地元農家らが連携して進める、「環境保全型スマート農業」で導入されると紹介される。
5月26日 tokyo chips 全身の健康や回復に必要なコラーゲンの最新トレンド、選び方&摂り方を次世代コラーゲン・カラダラボが伝授! で東京農工大学名誉教授の藤本大三郎先生は、コラーゲン摂取のポイントについてインタビューが掲載される。
5月26日 スポニチ 【日本ダービー】NF天栄・木実谷場長 皐月賞1、2着馬は充実の調整基地で心身ともリラックスを明かす 東京農工大では馬術部に所属し、卒業後ノーザンファームに入社した金子美香子さん(現 ノーザンファーム天栄場長)の日本ダービーに向けてのインタビューが掲載される。
5月27日 タウンニュース 愛川町長選
新人 今鉾氏が出馬表明
「町民の生命財産守る」
今鉾君雄氏の経歴として東京農工大学を卒業と紹介される。
5月27日 静岡新聞 社説(5月27日)大学ファンド 底上げは必要ないのか 認定申請の意向について、共同通信が国立大学を対象に聞いたところ、4月下旬までの回答で申請意向は東北、東京農工、名古屋、大阪の4大学と紹介される。
5月27日 朝日新聞デジタル 10兆円ファンドの「稼げる大学」に5大学検討 選択と集中へ不安も 東京農工大学も「申請する方向で検討中」とし、理由として「自律的に成長する世界第一線の研究大学を目指している」と紹介される。
5月27日 朝日新聞デジタル 「輝く大学へまたとない機会」「研究力低下」 10兆円ファンド賛否 「応募」の方向で検討中とした東京農工大学は異色の存在だと紹介される。
5月28日 朝日新聞デジタル 10兆円ファンドに申請しますか? 43大学から聞こえる期待と不満 朝日新聞社が国公私立大学にアンケートを行た回答として東京農工大学が10兆円ファンドに申請する理由や10兆円ファンドに対する意見などが紹介される。
5月29日 日本テレビ ザ!鉄腕!DASH!! 「新宿DASH」の企画として、ミツバチ・ブルーベリーについて農学研究院 自然環境保全学部門 金子弥生准教授が都内に生息する野生動物の撮影・取材に協力している。
5月29日 THE JAPAN TIMES Four Japanese universities set to apply for ¥10 trillion government fund Tohoku University, Tokyo University of Agriculture and Technology, Nagoya University and Osaka University intend to apply for the funds, established as part of the government's efforts to promote science and technology in Japan.
5月30日 日刊工業新聞 粉体工業技術協会
会長に牧野氏
電中研研究アドバイザー
副会長に角井寿雄氏(67、東京農工大学監事)が就任したことが紹介される。
5月30日 NumberWeb “最強のダービー2着馬”は? 成績は58戦5勝、それでも愛されたあの馬も「最強に“幸せな”2着馬かもね」《今年はイクイノックス》 ダービー2着馬のスマイルジャックが現在は「咲風(えみかぜ)」と改名し、小桧山の母校・東京農工大学の馬術部で活躍していることが紹介される。
5月30日 RNB:南海放送 養蚕から新産業を「せとうちシルクファクトリー」開所 ユナイテッドシルクは、東京農工大学と共同で、抗がん剤やワクチンの原料としての活用も目指していることが紹介される。
5月31日 BUSINESS DAY IAEA unveils nuclear technology solution to plastic pollution, carbon dioxide removal Hideshige Takada, Professor of Environmental Chemistry of Organic Micropollutants at Tokyo University of Agriculture and Technology, explained that nuclear technology was used to determine that marine plastic pollution began to appear in the Asian region in the 1960s and 1970s.
5月31日 日本経済新聞 九大と東京農工大、成膜するだけで正負の巨大表面電位を示す分子を開発 田中 正樹 博士(現 東京農工大学 助教)、Morgan Auffray 博士(当時 九州大学)、中野谷 一 准教授(九州大学)、安達 千波矢 主幹教授(九州大学)の研究グループは、GSPの大きさだけでなく、その極性をも任意に制御された有機自発配向分極薄膜の作製に成功したと紹介される。
5月31日 日刊工業新聞 表面電位持つ分子膜開発
有機分子配向 振動発電を効率化
東京農工大・九大など
東京農工大学の田中正樹助教と九州大学の中野谷一准教授らは、有機分子が配列して大きな表面電位を持つ分子膜を開発したと紹介される。
5月31日 日刊工業新聞 有機分子配向で表面電位 東京農工大・九大など分子膜開発 東京農工大学の田中正樹助教と九州大学の中野谷一准教授らは、有機分子が配向して大きな表面電位を持つ分子膜を開発したと紹介される。
5月31日 マイナビニュース 九大など、巨大表面電位の大きさと極性を制御した有機分子薄膜の作製に成功 九州大学(九大)と東京農工大学(農工大)は5月31日、分子デザインの観点から、巨大な表面電位(GSP)の大きさに加え、その極性も任意に制御した有機自発配向分極薄膜の作製に成功したことを発表したと紹介される。
5月31日 KNB:北日本放送 アイガモロボとコメ作り 中央農業高が導入 GPSで自動で動くアイガモロボットは東京農工大学と共同で研究を進める東京のベンチャー企業が開発し、中央農業高校に無償で提供したと紹介される。
5月31日 朝日新聞 大学ファンド 浮かぶ懸念
国の支援新制度 応募前向き5校
「10兆円大学ファンド」アンケートの主な回答として東京農工大学の回答が紹介される。
5月31日 朝日新聞 大学ファンド、浮かぶ懸念 国の支援新制度、応募前向き5校 「要件難しい」見送りも 朝日新聞社調査 東京農工大学が「申請する方向で検討中」と回答したことが紹介される。
5月31日 The Asahi Shimbun Asahi survey: Most universities won’t apply for government fund Osaka University and the Tokyo University of Agriculture and Technology said they were considering moving toward submitting applications.

4月

掲載年月日 媒体名 記事(番組)表題 記事(番組)概要
4月1日 サイエンスに載った日本人 水平伝播した寄生蜂致死因子が宿主昆虫を寄生蜂から防御する 「サイエンスに載った日本人」として、東京農工大学の仲井まどか教授が紹介される。
4月1日 日本経済新聞 Smart Times
東京農工大学教授 伊藤伸
実績積む大学技術移転
4月1日 日本経済新聞 Smart Times
東京農工大学教授 伊藤伸
実績積む大学技術移転
4月1日 EDUWARD MEDIA 獣医療のミライ インタビューシリーズ #6 大森啓太郎
飼い主の切実な想いと命の重みが学びを深め、技量を磨き続ける原動力に
東京農工大学大学院 農学研究院動物生命科学部門 大森啓太郎准教授の研究や臨床から得た経験をもとにした未来へのビジョンや見解が紹介される。
4月1日 文春オンライン 植物の“香りの声”を聴く少女、オアレ稲に依存したウマール帝国を襲う虫害… 上橋菜穂子が語る新作ファンタジー『香君』を描いた原動力
上橋菜穂子さんインタビュー#2
東京農工大学の藤井義晴名誉教授による『アレロパシー 他感物質の作用と利用』について言及される。
4月1日 yahooニュース 植物の“香りの声”を聴く少女、オアレ稲に依存したウマール帝国を襲う虫害… 上橋菜穂子が語る新作ファンタジー『香君』を描いた原動力
上橋菜穂子さんインタビュー#2
東京農工大学の藤井義晴名誉教授による『アレロパシー 他感物質の作用と利用』について言及される。
4月1日 gooニュース 植物の“香りの声”を聴く少女、オアレ稲に依存したウマール帝国を襲う虫害… 上橋菜穂子が語る新作ファンタジー『香君』を描いた原動力
上橋菜穂子さんインタビュー#2
東京農工大学の藤井義晴名誉教授による『アレロパシー 他感物質の作用と利用』について言及される。
4月1日 文春オンライン 植物の“香りの声”を聴く少女、オアレ稲に依存したウマール帝国を襲う虫害… 上橋菜穂子が語る新作ファンタジー『香君』を描いた原動力
上橋菜穂子さんインタビュー#2
東京農工大学の藤井義晴名誉教授による『アレロパシー 他感物質の作用と利用』について言及される。
4月1日 Livedoorニュース 植物の“香りの声”を聴く少女、オアレ稲に依存したウマール帝国を襲う虫害… 上橋菜穂子が語る新作ファンタジー『香君』を描いた原動力 東京農工大学の藤井義晴名誉教授による『アレロパシー 他感物質の作用と利用』について言及される。
4月1日 朝日新聞Reライフ.net 【連載】 べんの博士のウンチ講座
第5回 腸内細菌はお母さんから赤ちゃんに引き継がれる
いま知りたい! 腸活のための基礎知識 / 腸内細菌はどこからくるの?
辨野義己氏の略歴で「東京農工大学大学院獣医学専攻をへて理化学研究所へ」と紹介される。
4月1日 yahooニュース 【連載】 べんの博士のウンチ講座
第5回 腸内細菌はお母さんから赤ちゃんに引き継がれる
いま知りたい! 腸活のための基礎知識 / 腸内細菌はどこからくるの?
辨野義己氏の略歴で「東京農工大学大学院獣医学専攻をへて理化学研究所へ」と紹介される。
4月4日 Space.com SpaceX private Ax-1 mission's science includes self-assembling robots and light-powered air filters Japan Manned Space Systems Corporation (JAMSS) Photocatalyst: An air purification device called a photocatalyst will be used for a technical demonstration to evaluate its performance. The device will use light to convert air gasses into water and carbon dioxide. Collaborators include JAMSS, the Tokyo University of Science and the Tokyo University of Agriculture and Technology.
4月5日 Livedoorニュース 〈『香君』刊行インタビュー〉植物の“香りの声”を聴く少女、オアレ稲に依存したウマール帝国を襲う虫害… 上橋菜穂子が語る新作ファンタジー『香君』を描いた原動力 上橋菜穂子さんインタビュー#2 東京農工大学の藤井義晴名誉教授による『アレロパシー 他感物質の作用と利用』について言及される。
4月5日 静岡県警察本部ホームページ 横断歩道 東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料が放映
4月5日 福島民友新聞 「桜福姫」純米吟醸2種発売 二本松、独自酒米を地元で仕込む逸品 発売したオリジナル日本酒「桜福姫」の「純米吟醸生酒」と「スパークリング純米吟醸」の新品種酒米として、東京農工大学が開発した「NOKO1号」(仮称)が紹介される。
4月6日 Bollyinside The science behind SpaceX’s private mission includes self-assembling robots and light-powered air cleaners. Japan Manned Space Systems Corporation (JAMSS) Photocatalyst: An air purification device called a photocatalyst will be used for a technical demonstration to evaluate its performance. The device will use light to convert air gasses into water and carbon dioxide. Collaborators include JAMSS, the Tokyo University of Science and the Tokyo University of Agriculture and Technology.
4月7日 北海道新聞 子グマ2頭残されたまま 札幌市は監視継続 三角山2人けが1週間 冬眠穴の調査法検討へ 昨年度まで道ヒグマ保護管理検討会で座長を務めた東京農工大の梶光一名誉教授のコメントが紹介される。
4月7日 yahooニュース 札幌・三角山、子グマ2頭残されたまま 2人負傷から1週間、札幌市は監視継続 昨年度まで道ヒグマ保護管理検討会で座長を務めた東京農工大の梶光一名誉教授のコメントが紹介される。
4月7日 yahooニュース こっそりサクッと…都市のタヌキとアナグマ、気遣いの食生活 農工大 日本の哺乳類学専門誌「ママル・スタディー」電子版に2月15日付で掲載された「タヌキとニホンアナグマが、人目を避けるような時間帯と場所で、短時間に食事を済ませている」という成果について紹介される。
4月7日 時事通信 動物救急センター開設へ 犬猫の休日・夜間対応―東京農工大 ペットの休日・夜間診療に対応する「動物救急医療センター」を、小金井キャンパス(東京都小金井市)に今年秋をめどに開設することが紹介される。
4月8日 yahooニュース ビフィズス菌の減少は腸老化のサイン 【べんの博士のウンチ講座】あなたの腸は何歳? 腸年齢チェックシートで測定 辨野義己氏の略歴で「東京農工大学大学院獣医学専攻をへて理化学研究所へ」と紹介される。
4月8日 朝日新聞Reライフ.net 【連載】 べんの博士のウンチ講座
第6回 ビフィズス菌の減少が、腸老化のサインです
いま知りたい! 腸活のための基礎知識 / あなたの腸は何歳ですか?
辨野義己氏の略歴で「東京農工大学大学院獣医学専攻をへて理化学研究所へ」と紹介される。
4月8日 J:COM 「ジモト応援!つながるNews」
~府中・小金井・国分寺・武蔵野・三鷹~
4/7に実施した新動物病院設置に関する記者会見について紹介される
4月9日 読売新聞 コロナ新系統「XE」日本流入の懸念…オミクロンBA・2より高い感染力 コロナ新系統「XE」日本流入について感染症未来疫学研究センター水谷哲也教授のコメントが紹介される。
4月10日 毎日放送 あしたワクワク 未来予報 東京農工大学の新垣篤史教授がプレスリリースした「カブトムシの翅を頑強にするタンパク質を同定」について紹介される。
4月10日 日本経済新聞 ウミガメ、不織布マスク誤飲
農工大など発見 廃棄物管理が課題
感染症対策に役立つ不織布マスクを日本海のウミガメが呑み込んでいる実態を排泄物から確認したと、東京農工大学や東京大学の研究グループが発表したことが紹介され、東京農工大学の福岡拓也研究員のコメントが紹介される。
4月12日 テレビュー福島 「Nスタふくしま」
シリーズ「気になる現場」
停車したバスの死角の危険性を伝える特集中に、スマートモビリティ研究拠点が資料映像とする目的のドライブレコーダー映像を提供
4月13日 静岡新聞 県警事故防止ムービー
安全横断三つの柱 実践
東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料の静止画が紙面掲載され,AR放映
4月13日 MIT Technology Review 宇宙旅行を快適に、JAMSSらが空気浄化装置をISSで実証へ 有人宇宙システム(JAMSS)、東京理科大学、東京農工大学が共同開発した光触媒空気浄化装置の技術実証機が打ち上げられたことが紹介される。
4月14日 読売新聞 ニュースの門
街の中 クマに出会ったら…
クマと人が住み分けをする『ゾーニング』について東京農工大学小池伸介教授のコメントが紹介される。
4月14日 読売新聞 日本にもいる「アーバンベア」…市街地周辺に恒常的に生息、突然遭遇したときの対処法とは クマと人が住み分けをする『ゾーニング』について東京農工大学小池伸介教授のコメントが紹介される。
4月14日 読売新聞 ペット病院 ニーズ増
寿命延び「人並み医療を」
東京農工大学の千葉一裕学長により発表された「東京都小金井市に犬猫専門の救急病院を今年秋頃にオープンする」ことが紹介される。さらに東京農工大の福島隆治教授のペットへ人並みの医療を望む飼育者のニーズの高まりに関するコメントが紹介される。
4月14日 読売新聞 寿命延び「人並み医療を」、ペット病院ニーズ増…施設数10年で2割増 東京農工大学の千葉一裕学長により発表された「東京都小金井市に犬猫専門の救急病院を今年秋頃にオープンする」ことが紹介される。さらに東京農工大の福島隆治教授のペットへ人並みの医療を望む飼育者のニーズの高まりに関するコメントが紹介される。
4月14日 河北新報 オミクロン株「XE」国内確認
派生型 続く変異/感染拡大 未知数
オミクロン株「XE」について東京農工大学の水谷哲也教授の「感染が続いており注意が必要だ」というコメントが紹介される。
4月14日 東奥日報 オミクロン株「XE」国内確認
派生型 続く変異/感染拡大 未知数
オミクロン株「XE」について東京農工大学の水谷哲也教授の「感染が続いており注意が必要だ」というコメントが紹介される。
4月14日 秋田魁新報 オミクロン株「XE」国内確認
派生型 続く変異/感染拡大 未知数
オミクロン株「XE」について東京農工大学の水谷哲也教授の「感染が続いており注意が必要だ」というコメントが紹介される。
4月14日 岩手日報 オミクロン株「XE」国内確認
派生型 続く変異/感染拡大 未知数
オミクロン株「XE」について東京農工大学の水谷哲也教授の「感染が続いており注意が必要だ」というコメントが紹介される。
4月14日 福島民報 オミクロン株「XE」国内確認
派生型 続く変異/感染拡大 未知数
オミクロン株「XE」について東京農工大学の水谷哲也教授の「感染が続いており注意が必要だ」というコメントが紹介される。
4月14日 福島民友新聞 オミクロン株「XE」国内確認
派生型 続く変異/感染拡大 未知数
オミクロン株「XE」について東京農工大学の水谷哲也教授の「感染が続いており注意が必要だ」というコメントが紹介される。
4月14日 茨城新聞 オミクロン株「XE」国内確認
派生型 続く変異/感染拡大 未知数
オミクロン株「XE」について東京農工大学の水谷哲也教授の「感染が続いており注意が必要だ」というコメントが紹介される。
4月14日 千葉日報 オミクロン株「XE」国内確認
派生型 続く変異/感染拡大 未知数
オミクロン株「XE」について東京農工大学の水谷哲也教授の「感染が続いており注意が必要だ」というコメントが紹介される。
4月14日 信濃毎日新聞 オミクロン株「XE」国内確認
派生型 続く変異/感染拡大 未知数
オミクロン株「XE」について東京農工大学の水谷哲也教授の「感染が続いており注意が必要だ」というコメントが紹介される。
4月14日 岐阜新聞 Q&A オミクロン「XE」 遺伝情報交ざったウイルス オミクロン株「XE」について東京農工大学の水谷哲也教授の「感染が続いており注意が必要だ」というコメントが紹介される。
4月14日 北日本新聞 オミクロン株「XE」国内確認
派生型 続く変異/感染拡大 未知数
オミクロン株「XE」について東京農工大学の水谷哲也教授の「感染が続いており注意が必要だ」というコメントが紹介される。
4月14日 山陰中央新報 Q&A オミクロン「XE」 遺伝情報交ざったウイルス オミクロン株「XE」について東京農工大学の水谷哲也教授の「感染が続いており注意が必要だ」というコメントが紹介される。
4月14日 徳島新聞 オミクロン株「XE」国内確認
派生型 続く変異/感染拡大 未知数
オミクロン株「XE」について東京農工大学の水谷哲也教授の「感染が続いており注意が必要だ」というコメントが紹介される。
4月14日 西日本新聞 Q&A:オミクロン派生型「XE」は怖いの? オミクロン株「XE」について東京農工大学の水谷哲也教授の「感染が続いており注意が必要だ」というコメントが紹介される。
4月14日 大分合同新聞 オミクロン株「XE」国内確認
派生型 続く変異/感染拡大 未知数
オミクロン株「XE」について東京農工大学の水谷哲也教授の「感染が続いており注意が必要だ」というコメントが紹介される。
4月14日 長崎新聞 オミクロン株「XE」国内確認
派生型 続く変異/感染拡大 未知数
オミクロン株「XE」について東京農工大学の水谷哲也教授の「感染が続いており注意が必要だ」というコメントが紹介される。
4月14日 南日本新聞 オミクロン株「XE」国内確認
派生型 続く変異/感染拡大 未知数
オミクロン株「XE」について東京農工大学の水谷哲也教授の「感染が続いており注意が必要だ」というコメントが紹介される。
4月14日 日刊工業新聞 動物救急センター開設へ
東京農工大学小金井キャンパス 放射線治療など
2022年秋に開設予定の「小金井動物救急医療センター」について紹介される。
4月15日 日経産業新聞 植物と微生物で燃料電池 東京農工大学の直井勝彦卓越教授沖田尚久助教らが観葉植物と金が発電した電気でともす照明機器を開発したことが紹介される。
4月15日 デイリー新潮 コロナ「BA.2」の感染力、重症化率は高くない? 四つ以上の「基礎疾患」に要注意 「感染者数は徐々に減っていく」感染症未来疫学研究センター水谷哲也教授の「感染者数は徐々に減っていく」旨のコメントが紹介される。
4月15日 北陸中日新聞 オミクロン株「XE」国内確認
派生型 続く変異/感染拡大 未知数
オミクロン株「XE」について東京農工大学の水谷哲也教授の「感染が続いており注意が必要だ」というコメントが紹介される。
4月15日 Japantimes Alpha Online Love of birds and nature drives learning journey 東京農工大学農学部卒業後、イギリスに留学し、大学院で児童書や絵本の挿絵について学んだ絵本作家の東郷なりささんのインタビューが掲載される。
4月15日 Japantimes Alpha紙 Love of birds and nature drives learning journey 東京農工大学農学部卒業後、イギリスに留学し、大学院で児童書や絵本の挿絵について学んだ絵本作家の東郷なりささんのインタビューが掲載される。
4月16日 Sci Tech Daily Gaming the Known and Unknown via Puzzle Solving With an Artificial Intelligence Agent About Professor Hiroyuki Iida from Japan Advanced Institute of Science and Technology, Japan
Dr. Hiroyuki Iida received his Ph.D. in 1994 on Heuristic Theories on Game-Tree Search from the Tokyo University of Agriculture and Technology, Japan.
4月16日 sorae ISSで“臭い”除去の技術実証。国内企業&大学が開発した光触媒空気浄化装置がISSへ 有人宇宙システム株式会社(JAMSS)が東京理科大学・東京農工大学の共同開発による光触媒空気浄化装置を、国際宇宙ステーション(ISS)に向けて打ち上げられたことが紹介される。
4月17日 日本テレビ ザ!鉄腕!DASH!! 「新宿DASH」の企画として、アナグマについて農学研究院 自然環境保全学部門 金子弥生准教授が都内に生息する野生動物の撮影・取材に協力している。
4月17日 毎日新聞 鳥取県倉吉市・獣医師 山根義久さん(79) 昭和の愛犬との絆、児童書に /鳥取 山根義久氏の経歴で「東京農工大学大学教授や日本獣医師会長を歴任した」と紹介される。
4月18日 ASIA NEWS NETWORK High demand for animal clinics as Japan’s pets live longer On April 7, Tokyo University of Agriculture and Technology (TUAT) President Kazuhiro Chiba announced that the university would open an emergency hospital specializing in dogs and cats in Koganei, Tokyo, around autumn.
4月18日 THE JAPAN NEWS High demand for animal clinics as pets live longer On April 7, Tokyo University of Agriculture and Technology (TUAT) President Kazuhiro Chiba announced that the university would open an emergency hospital specializing in dogs and cats in Koganei, Tokyo, around autumn.
4月19日 Livedoorニュース その視点欠けてたかも…動物の幸せを考える「アニマルウェルフェア」の取り組み 「アニマルウェルフェア(Animal Welfare)」という聞きなれない言葉について、専門に研究している東京農工大学の新村毅准教授のインタビューが掲載される。
4月20日 semiconductor TODAY Nippon Sanso’s first Ga2O3 MOCVD system installed and qualified Taiyo Nippon Sanso Corp (TNSC) of Tokyo, Japan has installed its first gallium oxide (Ga2O3) metal-organic chemical vapor deposition (MOCVD) system in the laboratory of professor Yoshinao Kumagai at the Tokyo University of Agriculture and Technology.
4月20日 マイナビニュース 飛散した砂はどのように落下してくるのか?、都立大などが解明 東京都立大学(都立大)と東京農工大学(農工大)が砂の落下運動を明らかにすることに成功したと発表したことが紹介される。
4月21日 JAPAN TODAY There are many owners waiting for their pets to get medical treatment. We’ll make it one of Japan’s largest veterinary medical centers, while developing new treatments. Tokyo University of Agriculture and Technology (TUAT) President Kazuhiro Chiba, announcing that the university will open an emergency hospital specializing in dogs and cats in Koganei, Tokyo, around autumn.
4月21日 福島民報 【戻せ恵みの森に ―原発事故の断面―】第4部 鳥獣被害(31) 情報一元化の動き 「宝の山」対策に活用 慶応、東京農、東京農工、東北、長崎、日本、福島の七大学が参加し、定例会での情報交換やシンポジウムを開催していることが紹介される。
4月22日 日刊工業新聞 1-2工程で合成
多置換ピロール増殖阻害剤向け
東京農工大学
東京農工大学の平野雅文教授と清田小織技術専門職員、小峰伸之助教らが、医薬品の有効成分や生体分子などにみられる多置換ピロールの新しい合成法を開発したと紹介される。
4月22日 名古屋テレビ ニュース情報番組「アップ!」 交通安全啓発のための資料映像として、スマートモビリティ研究拠点がドライブレコーダー映像を4点提供
4月22日 yahoo!ニュース 「バスを校庭に持ち出し交通安全教室を開催 死角から車が飛び出す様子を実演 名古屋メ~テレ」 交通安全啓発のための資料映像として、ドライブレコーダー映像を4点提供し放映された
4月22日 東京新聞 東京農工大 小金井にも動物病院
「救急医療センター」
東京農工大学が小金井キャンパスに「小金井動物救急医療センター」を新設すると紹介される。
4月22日 東京新聞 東京農工大小金井キャンバスに「動物救急医療センター」 府中キャンパスに続く設置 全国初  東京農工大学(府中市)が、小金井市のキャンパスに「小金井動物救急医療センター」を新設すると紹介される。
4月24日 日本テレビ ザ!鉄腕!DASH!! 「新宿DASH」の企画として、アナグマについて農学研究院 自然環境保全学部門 金子弥生准教授が都内に生息する野生動物の撮影・取材に協力している。
4月24日 時事通信 理系男子コレクション 写真特集 漫才コンビ「ハマカーン」の浜谷健司さんと 神田伸一郎さんが東京農工大卒として紹介される。
4月24日 産経新聞 奨励賞に東京農工大の櫻井准教授ら 日本女性科学者の会 「日本女性科学者の会」が、第27回奨励賞に東京農工大大学院の櫻井香里准教授ら3人を選出したことが紹介される。
4月25日 Jbpress SDGs時代に避けられない「脱プラスチック」の視点
遅れを取る日本企業、これからどう動くべきか?
プラスチックが地球環境や私たちの体にどのような影響を及ぼしているのかについて東京農工大学の高田秀重教授のインタビューが掲載される。
4月25日 大学ジャーナル 日本女性科学者の会、奨励賞に京都大学の飯間助教ら3名選出 日本女性科学者の会は2022年度の奨励賞に京都大学医学部付属病院の飯間麻美助教、東京農工大学大学院工学研究院の櫻井香里准教授、東京工業大学生命理工学院の星野歩子准教授の3人を選んだことが紹介される。
4月25日 ロボスタ 有機米デザイン 田んぼの自動抑草ロボット「アイガモロボ」のプロトタイプを発表 HAL東京カーデザイン学科の学生がデザイン 東京農工大学との共同研究契約を締結し、開発を進めてきたことが紹介される。
4月26日 ニュースイッチ 高度専門医療の動物救急センターを開設する東京農工大の「初」 東京農工大学が2022年秋をめどに、工学部の小金井キャンパス(東京都小金井市)に動物の高度専門医療の救急センターを開設することが紹介される。
4月26日 山形新聞 田んぼの雑草にお困りの方へ“救世主” 抑草アイガモロボ、来年度にも発売へ 有機米デザインは2019年にヤマガタデザインの出資で東京農工大内に設立されたベンチャー企業だと紹介される。
4月28日 日本経済新聞 つくばに続け 茨城でロボットの社会実装が加速 東京農工大発ベンチャーで、ロボット開発の有機米デザインが手がけた「アイガモロボ」が紹介される。
4月29日 日本経済新聞 スズキ財団、「やらまいか大賞・特別賞」を2氏に授与 東京農工大学名誉教授の永井正夫氏に大賞が授与されたと紹介される。
4月29日 日刊工業新聞 スズキ財団、やらまいか大賞・特別賞の贈呈式 東京農工大の永井名誉教授に大賞 東京農工大学名誉教授の永井正夫氏に大賞が授与されたと紹介される。
4月29日 朝日新聞デジタル 春の叙勲 4146人が受章 東京農工大学名誉教授の多田全宏氏が受章したことが紹介される。
4月29日 毎日新聞 春の叙勲受章者 東京農工大学名誉教授の多田全宏氏が受章したことが紹介される。
4月29日 日本経済新聞 愛知のブルーベリー工場、受粉の全自動化で通年収穫 東京農工大学が開発した技術を導入し、通常年に1回のみの収穫を通年でできるようにしたと紹介される。
4月29日 sorae 初の民間主導ISS滞在ミッション「Ax-1」参加した4名が地球に無事帰還 有人宇宙システム株式会社(JAMSS)・東京理科大学・東京農工大学が共同開発した光触媒空気浄化装置が含まれていることが紹介される。
4月29日 幻冬舎ゴールドオンライン 獣医師試験「大学別合格ランキング2022」1位は岐阜大学 2022年の獣医師国家試験の結果、3位は東京農工大学で94.3%で前年4位(95.1%)だったことが紹介される。
4月30日 大学ジャーナル JAMSS×東京理科大学×東京農工大学が共同開発、「光触媒空気浄化装置」ISSで実証実験 有人宇宙システム株式会社(JAMSS)と東京理科大学、東京農工大学が共同研究契約を締結して開発を進めている、光触媒を使った空気浄化装置の技術実証機の打ち上げについて紹介される。
4月30日 共同通信
10兆円基金、4大学が申請へ
27校は検討、国立大調査
政府が世界最高の研究水準を目指す大学を支援するために設けた10兆円規模の大学ファンド(基金)に関し、東京農工大学が申請する意向であることが紹介される。
4月30日 東京新聞 10兆円基金、4大学が申請へ 27校は検討、国立大調査 政府が世界最高の研究水準を目指す大学を支援するために設けた10兆円規模の大学ファンド(基金)に関し、東京農工大学が申請する意向であることが紹介される。
4月30日 京都新聞
10兆円基金、4大学が申請へ
27校は検討、国立大調査
政府が世界最高の研究水準を目指す大学を支援するために設けた10兆円規模の大学ファンド(基金)に関し、東京農工大学が申請する意向であることが紹介される。
4月30日 西日本新聞 10兆円基金、4大学が申請へ 政府が世界最高の研究水準を目指す大学を支援するために設けた10兆円規模の大学ファンド(基金)に関し、東京農工大学が申請する意向であることが紹介される。
4月30日 デイリー 10兆円基金、4大学が申請へ27校は検討、国立大調査 政府が世界最高の研究水準を目指す大学を支援するために設けた10兆円規模の大学ファンド(基金)に関し、東京農工大学が申請する意向であることが紹介される。
4月30日 熊本日日新聞 10兆円基金、4大学が申請へ
27校は検討、国立大調査
政府が世界最高の研究水準を目指す大学を支援するために設けた10兆円規模の大学ファンド(基金)に関し、東京農工大学が申請する意向であることが紹介される。
4月30日 高知新聞Plus 10兆円基金、4大学が申請へ 27校は検討、国立大調査 政府が世界最高の研究水準を目指す大学を支援するために設けた10兆円規模の大学ファンド(基金)に関し、東京農工大学が申請する意向であることが紹介される。
4月30日 新潟日報デジタルプラス 10兆円基金、4大学が申請へ
27校は検討、国立大調査
政府が世界最高の研究水準を目指す大学を支援するために設けた10兆円規模の大学ファンド(基金)に関し、東京農工大学が申請する意向であることが紹介される。
4月30日 gooニュース 10兆円基金、4大学が申請へ 27校は検討、国立大調査 政府が世界最高の研究水準を目指す大学を支援するために設けた10兆円規模の大学ファンド(基金)に関し、東京農工大学が申請する意向であることが紹介される。
4月30日 神戸新聞NEXT 10兆円基金、4大学が申請へ 27校は検討、国立大調査 政府が世界最高の研究水準を目指す大学を支援するために設けた10兆円規模の大学ファンド(基金)に関し、東京農工大学が申請する意向であることが紹介される。
4月30日 徳島新聞電子版 10兆円基金、4大学が申請へ
27校は検討、国立大調査
政府が世界最高の研究水準を目指す大学を支援するために設けた10兆円規模の大学ファンド(基金)に関し、東京農工大学が申請する意向であることが紹介される。
4月30日 四国新聞社 10兆円基金、4大学が申請へ/27校は検討、国立大調査 政府が世界最高の研究水準を目指す大学を支援するために設けた10兆円規模の大学ファンド(基金)に関し、東京農工大学が申請する意向であることが紹介される。
4月30日 宮崎日日新聞 10兆円基金、4大学が申請へ 27校は検討、国立大調査 政府が世界最高の研究水準を目指す大学を支援するために設けた10兆円規模の大学ファンド(基金)に関し、東京農工大学が申請する意向であることが紹介される。
4月30日 奈良新聞デジタル 10兆円基金、4大学が申請へ - 27校は検討、国立大調査 政府が世界最高の研究水準を目指す大学を支援するために設けた10兆円規模の大学ファンド(基金)に関し、東京農工大学が申請する意向であることが紹介される。