2022年度 メディア掲載情報

5月

掲載年月日 媒体名 記事(番組)表題 記事(番組)概要
5月1日 ラブすぽ 微生物って、目に見えない生き物なの?【微生物の話】 東京農工大学大学院農学研究院 山形洋平教授のコラム【微生物の話】が掲載される。
5月1日 ラブすぽ ウイルスを別にして地球上に存在する、大きく2つに分けられる微生物とは?【微生物の話】 東京農工大学大学院農学研究院 山形洋平教授のコラム【微生物の話】が掲載される。
5月1日 佐賀新聞LiVE 政府、科学技術立国の実現へ設置 10兆円基金、4大学申請へ 
国立大調査、27校は「検討中」
政府が世界最高の研究水準を目指す大学を支援するために設けた10兆円規模の大学ファンド(基金)に関し、東京農工大学が申請する意向であることが紹介される。
5月1日 茨城新聞 10兆円大学ファンド、筑波大は「検討中」 国立大調査 政府が世界最高の研究水準を目指す大学を支援するために設けた10兆円規模の大学ファンド(基金)に関し、東京農工大学が申請する意向であることが紹介される。
5月1日 沖縄タイムスプラス 大学ファンドに4校が申請意向 政府が世界最高の研究水準を目指す大学を支援するために設けた10兆円規模の大学ファンド(基金)に関し、東京農工大学が申請する意向であることが紹介される。
5月2日 ラブすぽ パンやお酒(アルコール)などをつくる酵母やカビとキノコって、微生物なの?【微生物の話】 東京農工大学大学院農学研究院 山形洋平教授のコラム【微生物の話】が掲載される。
5月3日 ラブすぽ 私たちの病気の原因になるものの1つとして細菌と共によく知られている微生物の仲間とは?【微生物の話】 東京農工大学大学院農学研究院 山形洋平教授のコラム【微生物の話】が掲載される。
5月3日 Rakuten Infoseek News 人間の体を「あるべき状態」に整える自然の“生体調整機能”とは 東京農工大学修士課程(環境保護学)を修了した宮崎良文さん(現 千葉大学環境健康フィールド科学センターグランドフェロー)の「自然が人間に与える驚きの効果とその仕組み」についてのインタビューが掲載される。
5月3日 Rakuten Infoseek News 「一輪挿し」でも得られる自然の恩恵。大切なのは自分の心地よさ 東京農工大学修士課程(環境保護学)を修了した宮崎良文さん(現 千葉大学環境健康フィールド科学センターグランドフェロー)の「自然が人間に与える驚きの効果とその仕組み」についてのインタビューが掲載される。
5月4日 ラブすぽ 微生物は目に見えない程とても小さいのに〝巨大生物〟と呼ばれる理由とは?【微生物の話】 東京農工大学大学院農学研究院 山形洋平教授のコラム【微生物の話】が掲載される。
5月4日 新潟日報 10兆円基金、新潟大「検討中」
4校申請へ、長岡技科大と上越教育大は「見送り」
政府が世界最高の研究水準を目指す大学を支援するために設けた10兆円規模の大学ファンド(基金)に関し、東京農工大学が申請する意向であることが紹介される。
5月5日 ラブすぽ 原始の地球には酸素がほとんど無かった!地球に酸素を発生させた微生物とは?【微生物の話】 東京農工大学大学院農学研究院 山形洋平教授のコラム【微生物の話】が掲載される。
5月6日 ラブすぽ なにが得で、微生物は小さくなったのか?【微生物の話】 東京農工大学大学院農学研究院 山形洋平教授のコラム【微生物の話】が掲載される。
5月6日 朝日新聞デジタル 仕事退職→日光に住み着いた博士課程ハンター 地元猟師も認める熱意 東京農工大学の稲垣亜希乃さんが日光に住み着いた博士課程在籍のハンターとして紹介される。
5月6日 静岡県警察本部ホームページ 交差点では確実に安全確認しましょう 東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料が放映
5月6日 朝日新聞Reライフ.net <連載> べんの博士のウンチ講座
第9回 作り、育て、出す ウンチを出すには三つの力が必要です
辨野義己氏の略歴で「東京農工大学大学院獣医学専攻をへて理化学研究所へ」と紹介される。
5月7日 しんぶん赤旗 環境ホルモン汚染(上)
多摩川上流で高濃度
浮かび上がるごみ処分場
多摩川で目に見えない汚染が続いていることが東京農工大学の研究チームの調査で明らかになったと紹介される。
5月7日 しんぶん赤旗 環境ホルモン汚染(上)
異常な濃度分布
下水処理場付近で急上昇
東京都内を流れる川の水に含まれる環境ホルモンの問題に早くから取り組んできた高田秀重教授たちが、隅田川と多摩川の環境ホルモンの汚染状況を20年ぶりに調査したと紹介される。
5月7日 ラブすぽ ふつうの生物が生きられないような場所でも微生物が存在する理由とは?【微生物の話】 東京農工大学大学院農学研究院 山形洋平教授のコラム【微生物の話】が掲載される。
5月8日 しんぶん赤旗 環境ホルモン汚染(中)
処分場で発生か
東京農工大学の高田秀重教授たちの研究チームの調査で、長年の謎だった多摩川の水に含まれるビスフェノールAの排出源が主に上流にある二つの下水処理場であることが明らかになったと紹介される。
5月8日 ラブすぽ 地球上のどこにでも存在する微生物。ここ十数年間で発見された微生物の数とは?【微生物の話】 東京農工大学大学院農学研究院 山形洋平教授のコラム【微生物の話】が掲載される。
5月9日 ラブすぽ 微生物学の父/レーベンフックが人類で初めて微生物を発見した方法とは?【微生物の話】 東京農工大学大学院農学研究院 山形洋平教授のコラム【微生物の話】が掲載される。
5月9日 山陰中央新報デジタル 10兆円基金 4大学申請へ 地方見送り多数 格差懸念 国立大調査 政府が世界最高の研究水準を目指す大学を支援するために設けた10兆円規模の大学ファンド(基金)に関し、東京農工大学が申請する意向であることが紹介される。
5月10日 しんぶん赤旗 環境ホルモン汚染(下)
濃度 測定せず
東京農工大学の高田秀重教授たちの研究チームが、多摩川の上流の水に含まれる環境ホルモンのビスフェノールAの濃度が急激に上昇する原因をたどっていった結果、東京都下水道局の下水処理場が発生源である可能性が高いことが分かったと紹介される。
5月10日 ラブすぽ 私たちの体にはどれくらいの微生物が生きているのか?【微生物の話】 東京農工大学大学院農学研究院 山形洋平教授のコラム【微生物の話】が掲載される。
5月10日 Webむろみん電子版 空気感染する?しない?新型コロナ広がる経路 換気重要、用語で混乱も 水谷哲也東京農工大教授(ウイルス学)の「状況によっては空気感染も起こり得る、感染形態にグラデーションがあると理解すればいいのではないか」とコメントが紹介される。
5月10日 山陽新聞 新型コロナ広がる経路 空気感染する?しない? 水谷哲也東京農工大教授(ウイルス学)の「状況によっては空気感染も起こり得る、感染形態にグラデーションがあると理解すればいいのではないか」とコメントが紹介される。
5月10日 岩手日報 「エアロゾル」は空気感染?
新型コロナウイルス経路
定義あいまい、換気は重要
水谷哲也東京農工大教授(ウイルス学)の「状況によっては空気感染も起こり得る、感染形態にグラデーションがあると理解すればいいのではないか」とコメントが紹介される。
5月10日 茨城新聞 コロナは空気感染する? 
「エアロゾル」統一見解なし
用語で混乱、換気重要
水谷哲也東京農工大教授(ウイルス学)の「状況によっては空気感染も起こり得る、感染形態にグラデーションがあると理解すればいいのではないか」とコメントが紹介される。
5月10日 京都新聞 空気感染する?しない?新型コロナ広がる経路 用語で混乱も 水谷哲也東京農工大教授(ウイルス学)の「状況によっては空気感染も起こり得る、感染形態にグラデーションがあると理解すればいいのではないか」とコメントが紹介される。
5月10日 四国新聞 空気感染する?しない?
「エアロゾル」統一見解なし
水谷哲也東京農工大教授(ウイルス学)の「状況によっては空気感染も起こり得る、感染形態にグラデーションがあると理解すればいいのではないか」とコメントが紹介される。
5月10日 秋田魁新報 空気感染する?しない?新型コロナ広がる経路 換気重要、用語で混乱も 水谷哲也東京農工大教授(ウイルス学)の「状況によっては空気感染も起こり得る、感染形態にグラデーションがあると理解すればいいのではないか」とコメントが紹介される。
5月10日 埼玉新聞 空気感染する?しない?新型コロナ広がる経路 換気重要、用語で混乱も 水谷哲也東京農工大教授(ウイルス学)の「状況によっては空気感染も起こり得る、感染形態にグラデーションがあると理解すればいいのではないか」とコメントが紹介される。
5月10日 愛媛新聞 空気感染する?しない?新型コロナ広がる経路 換気重要、用語で混乱も 水谷哲也東京農工大教授(ウイルス学)の「状況によっては空気感染も起こり得る、感染形態にグラデーションがあると理解すればいいのではないか」とコメントが紹介される。
5月10日 徳島新聞 空気感染する?しない?新型コロナ広がる経路 換気重要、用語で混乱も 水谷哲也東京農工大教授(ウイルス学)の「状況によっては空気感染も起こり得る、感染形態にグラデーションがあると理解すればいいのではないか」とコメントが紹介される。
5月10日 長崎新聞 空気感染する?しない?新型コロナ広がる経路 換気重要、用語で混乱も 水谷哲也東京農工大教授(ウイルス学)の「状況によっては空気感染も起こり得る、感染形態にグラデーションがあると理解すればいいのではないか」とコメントが紹介される。
5月10日 沖縄タイムス 空気感染する?しない?新型コロナ広がる経路 換気重要、用語で混乱も 水谷哲也東京農工大教授(ウイルス学)の「状況によっては空気感染も起こり得る、感染形態にグラデーションがあると理解すればいいのではないか」とコメントが紹介される。
5月10日 EurekAlert! New research may revise a theory of reacting flow The research team of Tokyo University of Agriculture and Technology (TUAT) for the first time clearly demonstrates that the effect on the flow reverses according to the degree of change in the properties due to the reaction in a reacting flow with production of viscoelastic material, through experiments involving high-precision rheological measurements and a newly proposed theory.
5月10日 news wise New research may revise a theory of reacting flow The research team of Tokyo University of Agriculture and Technology (TUAT) for the first time clearly demonstrates that the effect on the flow reverses according to the degree of change in the properties due to the reaction in a reacting flow with production of viscoelastic material, through experiments involving high-precision rheological measurements and a newly proposed theory.
5月10日 丹波新聞 「アイガモロボ」を実証実験 水田の雑草発生を抑制 「無人で動かせるのが魅力」 東京農工大学発のベンチャー企業「有機米デザイン」が、実用化に向けて開発を進めている水田の抑草ロボット「アイガモロボ」の実証実験について紹介される。
5月11日 Chem-Station イミノアルキンと共役ジエンの形式的[4+1]アニュレーションによる多置換ピロール合成 第380回スポットライトリサーチへ東京農工大学大学院 工学府 応用化学専攻 物質応用化学専修 博士前期課程 (研究当時) の 栗田真之介 (くりた・しんのすけ) さんインタビューが掲載される。
5月11日 日刊工業新聞 小金井ならでは 「獣医学科があり動物病院を備える大学が関東の国立大学では本学と東京大学などに限られている」という千葉一裕学長のコメントが紹介される。また、全国の大学で初めてとなる、二つ目の動物病院の設置を発表したと紹介される。
5月11日 ラブすぽ 汗にはほとんど匂いがないのに時間が経つと臭くなる理由とは?【微生物の話】 東京農工大学大学院農学研究院 山形洋平教授のコラム【微生物の話】が掲載される。
5月11日 NEWSポストセブン ペットボトル、カップ麺など、食品の容器から有害物質が溶け出すリスクはあるのか プラスチックが私たちの体にどのような影響を及ぼしているのかについて東京農工大学の高田秀重教授のインタビューが掲載される。
5月11日 日本経済新聞 東京農工大など、昆虫行動を制御する新たな仕組みを発見 東京農工大学大学院連合農学研究科博士後期課程生の西子まあや さんとグローバルイノベーション研究院の坂本卓磨 特任助教、農学研究院生物生産科学部門の天竺桂弘子 教授、カンザス州立大学のMichael R.Kanost教授、韓国全南大学校のYasuyuki Arakane教授を中心とする研究グループは、昆虫の抗酸化酵素スーパーオキシドディスムターゼ(SOD)の1つが、活性酸素(ROS)の発生を単に抑制するだけではなく、時期特異的にROS発生を調節することで、変態期の神経筋接合の再構築を完成に導き、成虫が脚を動かせるようになる新たな仕組みを発見したと紹介される。
5月11日 AZO MATERIALS A New Stage of Reacting Flow Research For the first time, a research group from the Tokyo University of Agriculture and Technology (TUAT) has illustrated, with the help of experiments involving high-precision rheological measurements and a newly proposed theory, that the impact on the flow reverses according to the degree of change in the properties due to the reaction in a reacting flow with the formation of viscoelastic material.
5月11日 静岡新聞 交差点 周囲の安全確認
紙面に静止画,QRコードからアクセス「動画コンシェル」
東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料の静止画が紙面掲載され,AR放映
5月11日 Rallys 3年ぶりの公式開催 濱田、枝廣ら期待の新人が活躍するか<春季関東学生卓球リーグ戦見どころ> 春季関東学生卓球リーグ戦男子5部出場校:Cブロック、春季関東学生卓球リーグ戦女子5部出場校:Aブロックとして掲載される。
5月12日 日刊工業新聞 燃焼プロセス高効率化
東京農工大 灰付着9割抑える
東京農工大学大学院の堀口元規助教(研究当時)と岡田洋平准教授らは、燃料や下水汚泥などの燃焼プロセスの高効率化および安定運転に向け、燃焼灰の高温付着性を下げる技術を開発したと紹介される。
5月12日 ラブすぽ 体をゴシゴシ洗うのは肌に悪いと言われる理由とは?【微生物の話】 東京農工大学大学院農学研究院 山形洋平教授のコラム【微生物の話】が掲載される。
5月12日 ねとらぼ スキー場が閉鎖されるとチョウが生きられなくなる 東京農工大などの研究で判明
最近スキー場減っていますよね……。
スキー場が閉鎖されればされるほど、チョウが生きられなくなる環境になることが、東京農工大学や東京大学などの研究で明らかになったことが紹介される。
5月13日 IAEA IAEA Presents Nuclear Solutions for Plastic Pollution and Carbon Dioxide Removal at UN Forum Hideshige Takada, Professor of Environmental Chemistry of Organic Micropollutants at Tokyo University of Agriculture and Technology, explained that nuclear technology was used to determine that marine plastic pollution began to appear in the Asian region in the 1960s and 1970s.
5月13日 ラブすぽ ヒト一人が持つ腸内細菌は1.5〜2㎏?!腸内に100兆個以上存在する細菌の種類とは?【微生物の話】 東京農工大学大学院農学研究院 山形洋平教授のコラム【微生物の話】が掲載される。
5月13日 中部経済新聞 空気感染する?しない?新型コロナ広がる経路 換気重要、用語で混乱も 水谷哲也東京農工大教授(ウイルス学)の「状況によっては空気感染も起こり得る、感染形態にグラデーションがあると理解すればいいのではないか」とコメントが紹介される。
5月13日 北海道新聞 空気感染する?しない?新型コロナ広がる経路 換気重要、用語で混乱も 水谷哲也東京農工大教授(ウイルス学)の「状況によっては空気感染も起こり得る、感染形態にグラデーションがあると理解すればいいのではないか」とコメントが紹介される。
5月14日 ラブすぽ 腸内細菌と腸、そして脳の間には強い結びつきが?!腸が「第2の脳」と呼ばれる理由とは?【微生物の話】 東京農工大学大学院農学研究院 山形洋平教授のコラム【微生物の話】が掲載される。
5月16日 京都大学iPS細胞研究所 筋萎縮性側索硬化症(ALS)病因タンパク質TDP-43は コレステロール合成を制御する 〜ALSにおける脂質代謝異常と栄養療法の分子メカニズム探索〜 ALS病因タンパク質TDP-43が、コレステロール合成を制御する転写因子であるSREBP2の転写活性を通して、コレステロール合成を制御することを明らかにした研究論文に共著者として掲載される。
5月16日 日本経済新聞 Smart Times
東京農工大学教授 伊藤伸
マイクロマネジメント考
5月16日 文教.com 【農工大】スキー場であり続けることがチョウにとっては大切 ゲレンデの閉鎖はチョウ類相を衰退させることを発見 東京農工大学大学院農学府農学専攻の沖和人さん(修了生)、同大学院グローバルイノベーション研究院の小池伸介教授らの国際研究チームは、営業の停止に伴い、人為的なゲレンデ管理がなされなくなったスキー場跡地では、営業停止からの経過年数に伴い、観察されるチョウの種数や個体数が減少することを明らかにしたと紹介される。
5月17日 日本経済新聞 TDKや秋田県にかほ市など連携 ロボ使い環境保全型農業 農業生産法人の権右衛門(秋田県にかほ市)やTDK、井関農機、ロボット開発の有機米デザイン(東京農工大発ベンチャー:東京都小金井市)、にかほ市の5社・団体は17日、環境保全型スマート農業の推進に向け連携協定を結んだことが紹介される。
5月18日 読売新聞オンライン 仙台の山林 クマ目撃相次ぐ 小池伸介・東京農工大大学院教授の「全国的にもクマの生息地が市街地近くの山林へ拡大している。目撃情報がある場合、周辺住民はクマの行動が活発になる朝夕に1人での行動を避けるなど注意が必要。クマと遭遇する場所をなくすために河川の草を刈るのは効果的」とのコメントが紹介される。
5月18日 読売新聞オンライン クマに出会ったら「背中を見せずに離れて」…仙台の山林で相次ぐ目撃、看板で注意 小池伸介・東京農工大大学院教授の「全国的にもクマの生息地が市街地近くの山林へ拡大している。目撃情報がある場合、周辺住民はクマの行動が活発になる朝夕に1人での行動を避けるなど注意が必要。クマと遭遇する場所をなくすために河川の草を刈るのは効果的」とのコメントが紹介される。
5月18日 日本経済新聞 環境保全型農業推進、秋田で連携 農業生産法人の権右衛門(秋田県にかほ市)やTDK、井関農機、ロボット開発の有機米デザイン(東京農工大発ベンチャー:東京都小金井市)、にかほ市の5社・団体は17日、環境保全型スマート農業の推進に向け連携協定を結んだことが紹介される。
5月18日 日本経済新聞 スキー場、長期閉鎖でチョウ減少 東京農工大など発見 東京農工大学などの国際研究チームは、スキー場が閉鎖してゲレンデの管理が長期間なされないでいると、生息するチョウの種類や個体数が減少してしまうことを突き止めたと紹介される。
5月18日 EE Times Japan β型酸化ガリウムの事業化を加速
ノベルクリスタルテクノロジー、ロームから資金調達
ノベルクリスタルテクノロジーは、タムラ製作所や情報通信研究機構(NICT)、東京農工大学を中心メンバーとする研究チームが行ってきた酸化ガリウムの開発成果を基盤として、Ga2O3エピウエハーの開発や製造を行っていることが紹介される。
5月19日 産経新聞 3年ぶりに竹まつり 高山社情報館群馬・藤岡市 6月18日の講演会「新田猫の楽しみ方」講師として東京農工大学の横山岳氏が登壇されることが紹介される。
5月20日 MRT宮崎放送 「Check!」 東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料が放映
5月21日 khb マイクロプラスチック問題に理解を 仙台で「海洋ごみセミナー」開催 東京農工大学の高田秀重教授が講演し、プラスチックが細かくなることで生殖や成長に異常をきたす添加剤が魚貝類に取り込まれ、更に海鳥や人間にも影響が出始めていることなどが紹介される。
5月21日 日本農業新聞 虫の足を動かなくする仕組み発見 東京農工大学などの研究グループは、昆虫の体内にある酵素の働きを抑え、虫の脚を正常に動かなくする仕組みを発見したと紹介される。
5月22日 BSフジ ガリレオX 「わたしたちの動物観」動物が人間を癒す
東京農工大学の甲田菜穂子准教授の研究チームは動物が出てくる絵本を5,000冊以上調査し、動物を人になぞらえる「擬人化」について定量分析をおこなったことについて撮影・取材に協力している。
5月22日 河北新報 「マイクロプラ、人体に悪影響」 仙台で研究者講演 東京農工大の高田秀重教授(環境化学)が発生構造や解決への道筋などをテーマに講演したと紹介される。
5月22日 朝日中高生新聞 東京湾の底にマイクロプラスチック
海のプラごみ汚染60年代から
泥を採取し堆積を確認
東京農工大などの研究グループが調査したことが紹介される。
5月22日 日本農業新聞 虫「移動制限」仕組みを発見
酵素の働き阻害、脚動かなく
東京農工大、チヨウ目に応用期待
東京農工大学などの研究グループは、昆虫の体内にある酵素の働きを抑え、虫が脚を正常に動かせなくする仕組みを発見したと紹介される。
5月22日 日本農業新聞 虫「移動制限」仕組み発見 酵素の働き阻害、脚動かせず 東京農工大、チョウ目に応用期待 東京農工大学などの研究グループは、昆虫の体内にある酵素の働きを抑え、虫が脚を正常に動かせなくする仕組みを発見したと紹介される。
5月23日 日本経済新聞 東京農工大、尿カテーテルを使って犬正常膀胱オルガノイドの作出に成功 国立大学法人東京農工大学大学院農学研究院のモハメド・エルバダウィー訪問研究員、同大学農学部共同獣医学科の藤坂航大氏(当時 学部 6年)、同大学大学院農学府共同獣医学専攻の山本晴氏(博士課程2 年)、同大学大学院農学研究院の佐々木一昭准教授臼井達哉特任講師らは、尿カテーテルを用いて回収した正常犬の尿中に含まれる細胞から3次元(3D)オルガノイド培養を行い、膀胱粘膜組織の特徴を再現可能な犬正常膀胱オルガノイドを作出することに成功したことが紹介される。
5月23日 SAKURA internet 粗利率50%!驚異の数値を叩き出す、旬八青果店の八百屋DX 東京農工大学卒業後、食農ビジネスを起業。株式会社アグリゲートを立ち上げ、東京都心部を中心に旬八青果店を展開している左今 克憲さんのインタビューが掲載される。
5月23日 日本経済新聞 「ワクワク」通じ地域の課題解決 ヤマガタデザイン
地域のチカラ スタートアップ
東京農工大学と共同開発し、22年は33都府県で実証実験することが紹介される。
5月24日 DreamNews 【藻類による炭酸ガスの吸収・利用】2022年5月25日発刊! 《カーボンニュートラル関連特許レポート》 大学・研究機関として東京農工大学が記載される。
5月24日 日本経済新聞 (地域のチカラ スタートアップ) ヤマガタデザイン(山形県鶴岡市) 観光や農業にワクワク感
心つかみ、課題解決
東京農工大学と共同開発し、22年は33都府県で実証実験することが紹介される。
5月25日 毎日新聞 だいあろ~ぐ
東京彩人記 動物守る心を育てる 井の頭自然文化園園長 金子美香子さん(57) /東京
東京農工大農学部獣医学科を卒業した金子美香子さん(現 井之頭自然文化園園長)の「動物守る心を育てる」についてのインタビューが掲載される。
5月25日 朝日新聞DIGITAL 有機米の田んぼに浮かぶアイガモロボ 水面ぐるぐる、まるで掃除ロボ アイガモロボは、同市と開発を担った東京農工大発のベンチャー企業「有機米デザイン」(東京)、有機農業に取り組む地元農家らが連携して進める、「環境保全型スマート農業」で導入されると紹介される。
5月26日 tokyo chips 全身の健康や回復に必要なコラーゲンの最新トレンド、選び方&摂り方を次世代コラーゲン・カラダラボが伝授! で東京農工大学名誉教授の藤本大三郎先生は、コラーゲン摂取のポイントについてインタビューが掲載される。
5月26日 スポニチ 【日本ダービー】NF天栄・木実谷場長 皐月賞1、2着馬は充実の調整基地で心身ともリラックスを明かす 東京農工大では馬術部に所属し、卒業後ノーザンファームに入社した金子美香子さん(現 ノーザンファーム天栄場長)の日本ダービーに向けてのインタビューが掲載される。
5月27日 タウンニュース 愛川町長選
新人 今鉾氏が出馬表明
「町民の生命財産守る」
今鉾君雄氏の経歴として東京農工大学を卒業と紹介される。
5月27日 静岡新聞 社説(5月27日)大学ファンド 底上げは必要ないのか 認定申請の意向について、共同通信が国立大学を対象に聞いたところ、4月下旬までの回答で申請意向は東北、東京農工、名古屋、大阪の4大学と紹介される。
5月27日 朝日新聞デジタル 10兆円ファンドの「稼げる大学」に5大学検討 選択と集中へ不安も 東京農工大学も「申請する方向で検討中」とし、理由として「自律的に成長する世界第一線の研究大学を目指している」と紹介される。
5月27日 朝日新聞デジタル 「輝く大学へまたとない機会」「研究力低下」 10兆円ファンド賛否 「応募」の方向で検討中とした東京農工大学は異色の存在だと紹介される。
5月28日 朝日新聞デジタル 10兆円ファンドに申請しますか? 43大学から聞こえる期待と不満 朝日新聞社が国公私立大学にアンケートを行た回答として東京農工大学が10兆円ファンドに申請する理由や10兆円ファンドに対する意見などが紹介される。
5月29日 日本テレビ ザ!鉄腕!DASH!! 「新宿DASH」の企画として、ミツバチ・ブルーベリーについて農学研究院 自然環境保全学部門 金子弥生准教授が都内に生息する野生動物の撮影・取材に協力している。
5月29日 THE JAPAN TIMES Four Japanese universities set to apply for ¥10 trillion government fund Tohoku University, Tokyo University of Agriculture and Technology, Nagoya University and Osaka University intend to apply for the funds, established as part of the government's efforts to promote science and technology in Japan.
5月30日 日刊工業新聞 粉体工業技術協会
会長に牧野氏
電中研研究アドバイザー
副会長に角井寿雄氏(67、東京農工大学監事)が就任したことが紹介される。
5月30日 NumberWeb “最強のダービー2着馬”は? 成績は58戦5勝、それでも愛されたあの馬も「最強に“幸せな”2着馬かもね」《今年はイクイノックス》 ダービー2着馬のスマイルジャックが現在は「咲風(えみかぜ)」と改名し、小桧山の母校・東京農工大学の馬術部で活躍していることが紹介される。
5月30日 RNB:南海放送 養蚕から新産業を「せとうちシルクファクトリー」開所 ユナイテッドシルクは、東京農工大学と共同で、抗がん剤やワクチンの原料としての活用も目指していることが紹介される。
5月31日 BUSINESS DAY IAEA unveils nuclear technology solution to plastic pollution, carbon dioxide removal Hideshige Takada, Professor of Environmental Chemistry of Organic Micropollutants at Tokyo University of Agriculture and Technology, explained that nuclear technology was used to determine that marine plastic pollution began to appear in the Asian region in the 1960s and 1970s.
5月31日 日本経済新聞 九大と東京農工大、成膜するだけで正負の巨大表面電位を示す分子を開発 田中 正樹 博士(現 東京農工大学 助教)、Morgan Auffray 博士(当時 九州大学)、中野谷 一 准教授(九州大学)、安達 千波矢 主幹教授(九州大学)の研究グループは、GSPの大きさだけでなく、その極性をも任意に制御された有機自発配向分極薄膜の作製に成功したと紹介される。
5月31日 日刊工業新聞 表面電位持つ分子膜開発
有機分子配向 振動発電を効率化
東京農工大・九大など
東京農工大学の田中正樹助教と九州大学の中野谷一准教授らは、有機分子が配列して大きな表面電位を持つ分子膜を開発したと紹介される。
5月31日 日刊工業新聞 有機分子配向で表面電位 東京農工大・九大など分子膜開発 東京農工大学の田中正樹助教と九州大学の中野谷一准教授らは、有機分子が配向して大きな表面電位を持つ分子膜を開発したと紹介される。
5月31日 マイナビニュース 九大など、巨大表面電位の大きさと極性を制御した有機分子薄膜の作製に成功 九州大学(九大)と東京農工大学(農工大)は5月31日、分子デザインの観点から、巨大な表面電位(GSP)の大きさに加え、その極性も任意に制御した有機自発配向分極薄膜の作製に成功したことを発表したと紹介される。
5月31日 KNB:北日本放送 アイガモロボとコメ作り 中央農業高が導入 GPSで自動で動くアイガモロボットは東京農工大学と共同で研究を進める東京のベンチャー企業が開発し、中央農業高校に無償で提供したと紹介される。
5月31日 朝日新聞 大学ファンド 浮かぶ懸念
国の支援新制度 応募前向き5校
「10兆円大学ファンド」アンケートの主な回答として東京農工大学の回答が紹介される。
5月31日 朝日新聞 大学ファンド、浮かぶ懸念 国の支援新制度、応募前向き5校 「要件難しい」見送りも 朝日新聞社調査 東京農工大学が「申請する方向で検討中」と回答したことが紹介される。
5月31日 The Asahi Shimbun Asahi survey: Most universities won’t apply for government fund Osaka University and the Tokyo University of Agriculture and Technology said they were considering moving toward submitting applications.

4月

掲載年月日 媒体名 記事(番組)表題 記事(番組)概要
4月1日 サイエンスに載った日本人 水平伝播した寄生蜂致死因子が宿主昆虫を寄生蜂から防御する 「サイエンスに載った日本人」として、東京農工大学の仲井まどか教授が紹介される。
4月1日 日本経済新聞 Smart Times
東京農工大学教授 伊藤伸
実績積む大学技術移転
4月1日 日本経済新聞 Smart Times
東京農工大学教授 伊藤伸
実績積む大学技術移転
4月1日 EDUWARD MEDIA 獣医療のミライ インタビューシリーズ #6 大森啓太郎
飼い主の切実な想いと命の重みが学びを深め、技量を磨き続ける原動力に
東京農工大学大学院 農学研究院動物生命科学部門 大森啓太郎准教授の研究や臨床から得た経験をもとにした未来へのビジョンや見解が紹介される。
4月1日 文春オンライン 植物の“香りの声”を聴く少女、オアレ稲に依存したウマール帝国を襲う虫害… 上橋菜穂子が語る新作ファンタジー『香君』を描いた原動力
上橋菜穂子さんインタビュー#2
東京農工大学の藤井義晴名誉教授による『アレロパシー 他感物質の作用と利用』について言及される。
4月1日 yahooニュース 植物の“香りの声”を聴く少女、オアレ稲に依存したウマール帝国を襲う虫害… 上橋菜穂子が語る新作ファンタジー『香君』を描いた原動力
上橋菜穂子さんインタビュー#2
東京農工大学の藤井義晴名誉教授による『アレロパシー 他感物質の作用と利用』について言及される。
4月1日 gooニュース 植物の“香りの声”を聴く少女、オアレ稲に依存したウマール帝国を襲う虫害… 上橋菜穂子が語る新作ファンタジー『香君』を描いた原動力
上橋菜穂子さんインタビュー#2
東京農工大学の藤井義晴名誉教授による『アレロパシー 他感物質の作用と利用』について言及される。
4月1日 文春オンライン 植物の“香りの声”を聴く少女、オアレ稲に依存したウマール帝国を襲う虫害… 上橋菜穂子が語る新作ファンタジー『香君』を描いた原動力
上橋菜穂子さんインタビュー#2
東京農工大学の藤井義晴名誉教授による『アレロパシー 他感物質の作用と利用』について言及される。
4月1日 Livedoorニュース 植物の“香りの声”を聴く少女、オアレ稲に依存したウマール帝国を襲う虫害… 上橋菜穂子が語る新作ファンタジー『香君』を描いた原動力 東京農工大学の藤井義晴名誉教授による『アレロパシー 他感物質の作用と利用』について言及される。
4月1日 朝日新聞Reライフ.net 【連載】 べんの博士のウンチ講座
第5回 腸内細菌はお母さんから赤ちゃんに引き継がれる
いま知りたい! 腸活のための基礎知識 / 腸内細菌はどこからくるの?
辨野義己氏の略歴で「東京農工大学大学院獣医学専攻をへて理化学研究所へ」と紹介される。
4月1日 yahooニュース 【連載】 べんの博士のウンチ講座
第5回 腸内細菌はお母さんから赤ちゃんに引き継がれる
いま知りたい! 腸活のための基礎知識 / 腸内細菌はどこからくるの?
辨野義己氏の略歴で「東京農工大学大学院獣医学専攻をへて理化学研究所へ」と紹介される。
4月4日 Space.com SpaceX private Ax-1 mission's science includes self-assembling robots and light-powered air filters Japan Manned Space Systems Corporation (JAMSS) Photocatalyst: An air purification device called a photocatalyst will be used for a technical demonstration to evaluate its performance. The device will use light to convert air gasses into water and carbon dioxide. Collaborators include JAMSS, the Tokyo University of Science and the Tokyo University of Agriculture and Technology.
4月5日 Livedoorニュース 〈『香君』刊行インタビュー〉植物の“香りの声”を聴く少女、オアレ稲に依存したウマール帝国を襲う虫害… 上橋菜穂子が語る新作ファンタジー『香君』を描いた原動力 上橋菜穂子さんインタビュー#2 東京農工大学の藤井義晴名誉教授による『アレロパシー 他感物質の作用と利用』について言及される。
4月5日 静岡県警察本部ホームページ 横断歩道 東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料が放映
4月5日 福島民友新聞 「桜福姫」純米吟醸2種発売 二本松、独自酒米を地元で仕込む逸品 発売したオリジナル日本酒「桜福姫」の「純米吟醸生酒」と「スパークリング純米吟醸」の新品種酒米として、東京農工大学が開発した「NOKO1号」(仮称)が紹介される。
4月6日 Bollyinside The science behind SpaceX’s private mission includes self-assembling robots and light-powered air cleaners. Japan Manned Space Systems Corporation (JAMSS) Photocatalyst: An air purification device called a photocatalyst will be used for a technical demonstration to evaluate its performance. The device will use light to convert air gasses into water and carbon dioxide. Collaborators include JAMSS, the Tokyo University of Science and the Tokyo University of Agriculture and Technology.
4月7日 北海道新聞 子グマ2頭残されたまま 札幌市は監視継続 三角山2人けが1週間 冬眠穴の調査法検討へ 昨年度まで道ヒグマ保護管理検討会で座長を務めた東京農工大の梶光一名誉教授のコメントが紹介される。
4月7日 yahooニュース 札幌・三角山、子グマ2頭残されたまま 2人負傷から1週間、札幌市は監視継続 昨年度まで道ヒグマ保護管理検討会で座長を務めた東京農工大の梶光一名誉教授のコメントが紹介される。
4月7日 yahooニュース こっそりサクッと…都市のタヌキとアナグマ、気遣いの食生活 農工大 日本の哺乳類学専門誌「ママル・スタディー」電子版に2月15日付で掲載された「タヌキとニホンアナグマが、人目を避けるような時間帯と場所で、短時間に食事を済ませている」という成果について紹介される。
4月7日 時事通信 動物救急センター開設へ 犬猫の休日・夜間対応―東京農工大 ペットの休日・夜間診療に対応する「動物救急医療センター」を、小金井キャンパス(東京都小金井市)に今年秋をめどに開設することが紹介される。
4月8日 yahooニュース ビフィズス菌の減少は腸老化のサイン 【べんの博士のウンチ講座】あなたの腸は何歳? 腸年齢チェックシートで測定 辨野義己氏の略歴で「東京農工大学大学院獣医学専攻をへて理化学研究所へ」と紹介される。
4月8日 朝日新聞Reライフ.net 【連載】 べんの博士のウンチ講座
第6回 ビフィズス菌の減少が、腸老化のサインです
いま知りたい! 腸活のための基礎知識 / あなたの腸は何歳ですか?
辨野義己氏の略歴で「東京農工大学大学院獣医学専攻をへて理化学研究所へ」と紹介される。
4月8日 J:COM 「ジモト応援!つながるNews」
~府中・小金井・国分寺・武蔵野・三鷹~
4/7に実施した新動物病院設置に関する記者会見について紹介される
4月9日 読売新聞 コロナ新系統「XE」日本流入の懸念…オミクロンBA・2より高い感染力 コロナ新系統「XE」日本流入について感染症未来疫学研究センター水谷哲也教授のコメントが紹介される。
4月10日 毎日放送 あしたワクワク 未来予報 東京農工大学の新垣篤史教授がプレスリリースした「カブトムシの翅を頑強にするタンパク質を同定」について紹介される。
4月10日 日本経済新聞 ウミガメ、不織布マスク誤飲
農工大など発見 廃棄物管理が課題
感染症対策に役立つ不織布マスクを日本海のウミガメが呑み込んでいる実態を排泄物から確認したと、東京農工大学や東京大学の研究グループが発表したことが紹介され、東京農工大学の福岡拓也研究員のコメントが紹介される。
4月12日 テレビュー福島 「Nスタふくしま」
シリーズ「気になる現場」
停車したバスの死角の危険性を伝える特集中に、スマートモビリティ研究拠点が資料映像とする目的のドライブレコーダー映像を提供
4月13日 静岡新聞 県警事故防止ムービー
安全横断三つの柱 実践
東京農工大学のスマートモビリティ研究拠点が提供した映像資料の静止画が紙面掲載され,AR放映
4月13日 MIT Technology Review 宇宙旅行を快適に、JAMSSらが空気浄化装置をISSで実証へ 有人宇宙システム(JAMSS)、東京理科大学、東京農工大学が共同開発した光触媒空気浄化装置の技術実証機が打ち上げられたことが紹介される。
4月14日 読売新聞 ニュースの門
街の中 クマに出会ったら…
クマと人が住み分けをする『ゾーニング』について東京農工大学小池伸介教授のコメントが紹介される。
4月14日 読売新聞 日本にもいる「アーバンベア」…市街地周辺に恒常的に生息、突然遭遇したときの対処法とは クマと人が住み分けをする『ゾーニング』について東京農工大学小池伸介教授のコメントが紹介される。
4月14日 読売新聞 ペット病院 ニーズ増
寿命延び「人並み医療を」
東京農工大学の千葉一裕学長により発表された「東京都小金井市に犬猫専門の救急病院を今年秋頃にオープンする」ことが紹介される。さらに東京農工大の福島隆治教授のペットへ人並みの医療を望む飼育者のニーズの高まりに関するコメントが紹介される。
4月14日 読売新聞 寿命延び「人並み医療を」、ペット病院ニーズ増…施設数10年で2割増 東京農工大学の千葉一裕学長により発表された「東京都小金井市に犬猫専門の救急病院を今年秋頃にオープンする」ことが紹介される。さらに東京農工大の福島隆治教授のペットへ人並みの医療を望む飼育者のニーズの高まりに関するコメントが紹介される。
4月14日 河北新報 オミクロン株「XE」国内確認
派生型 続く変異/感染拡大 未知数
オミクロン株「XE」について東京農工大学の水谷哲也教授の「感染が続いており注意が必要だ」というコメントが紹介される。
4月14日 東奥日報 オミクロン株「XE」国内確認
派生型 続く変異/感染拡大 未知数
オミクロン株「XE」について東京農工大学の水谷哲也教授の「感染が続いており注意が必要だ」というコメントが紹介される。
4月14日 秋田魁新報 オミクロン株「XE」国内確認
派生型 続く変異/感染拡大 未知数
オミクロン株「XE」について東京農工大学の水谷哲也教授の「感染が続いており注意が必要だ」というコメントが紹介される。
4月14日 岩手日報 オミクロン株「XE」国内確認
派生型 続く変異/感染拡大 未知数
オミクロン株「XE」について東京農工大学の水谷哲也教授の「感染が続いており注意が必要だ」というコメントが紹介される。
4月14日 福島民報 オミクロン株「XE」国内確認
派生型 続く変異/感染拡大 未知数
オミクロン株「XE」について東京農工大学の水谷哲也教授の「感染が続いており注意が必要だ」というコメントが紹介される。
4月14日 福島民友新聞 オミクロン株「XE」国内確認
派生型 続く変異/感染拡大 未知数
オミクロン株「XE」について東京農工大学の水谷哲也教授の「感染が続いており注意が必要だ」というコメントが紹介される。
4月14日 茨城新聞 オミクロン株「XE」国内確認
派生型 続く変異/感染拡大 未知数
オミクロン株「XE」について東京農工大学の水谷哲也教授の「感染が続いており注意が必要だ」というコメントが紹介される。
4月14日 千葉日報 オミクロン株「XE」国内確認
派生型 続く変異/感染拡大 未知数
オミクロン株「XE」について東京農工大学の水谷哲也教授の「感染が続いており注意が必要だ」というコメントが紹介される。
4月14日 信濃毎日新聞 オミクロン株「XE」国内確認
派生型 続く変異/感染拡大 未知数
オミクロン株「XE」について東京農工大学の水谷哲也教授の「感染が続いており注意が必要だ」というコメントが紹介される。
4月14日 岐阜新聞 Q&A オミクロン「XE」 遺伝情報交ざったウイルス オミクロン株「XE」について東京農工大学の水谷哲也教授の「感染が続いており注意が必要だ」というコメントが紹介される。
4月14日 北日本新聞 オミクロン株「XE」国内確認
派生型 続く変異/感染拡大 未知数
オミクロン株「XE」について東京農工大学の水谷哲也教授の「感染が続いており注意が必要だ」というコメントが紹介される。
4月14日 山陰中央新報 Q&A オミクロン「XE」 遺伝情報交ざったウイルス オミクロン株「XE」について東京農工大学の水谷哲也教授の「感染が続いており注意が必要だ」というコメントが紹介される。
4月14日 徳島新聞 オミクロン株「XE」国内確認
派生型 続く変異/感染拡大 未知数
オミクロン株「XE」について東京農工大学の水谷哲也教授の「感染が続いており注意が必要だ」というコメントが紹介される。
4月14日 西日本新聞 Q&A:オミクロン派生型「XE」は怖いの? オミクロン株「XE」について東京農工大学の水谷哲也教授の「感染が続いており注意が必要だ」というコメントが紹介される。
4月14日 大分合同新聞 オミクロン株「XE」国内確認
派生型 続く変異/感染拡大 未知数
オミクロン株「XE」について東京農工大学の水谷哲也教授の「感染が続いており注意が必要だ」というコメントが紹介される。
4月14日 長崎新聞 オミクロン株「XE」国内確認
派生型 続く変異/感染拡大 未知数
オミクロン株「XE」について東京農工大学の水谷哲也教授の「感染が続いており注意が必要だ」というコメントが紹介される。
4月14日 南日本新聞 オミクロン株「XE」国内確認
派生型 続く変異/感染拡大 未知数
オミクロン株「XE」について東京農工大学の水谷哲也教授の「感染が続いており注意が必要だ」というコメントが紹介される。
4月14日 日刊工業新聞 動物救急センター開設へ
東京農工大学小金井キャンパス 放射線治療など
2022年秋に開設予定の「小金井動物救急医療センター」について紹介される。
4月15日 日経産業新聞 植物と微生物で燃料電池 東京農工大学の直井勝彦卓越教授沖田尚久助教らが観葉植物と金が発電した電気でともす照明機器を開発したことが紹介される。
4月15日 デイリー新潮 コロナ「BA.2」の感染力、重症化率は高くない? 四つ以上の「基礎疾患」に要注意 「感染者数は徐々に減っていく」感染症未来疫学研究センター水谷哲也教授の「感染者数は徐々に減っていく」旨のコメントが紹介される。
4月15日 北陸中日新聞 オミクロン株「XE」国内確認
派生型 続く変異/感染拡大 未知数
オミクロン株「XE」について東京農工大学の水谷哲也教授の「感染が続いており注意が必要だ」というコメントが紹介される。
4月15日 Japantimes Alpha Online Love of birds and nature drives learning journey 東京農工大学農学部卒業後、イギリスに留学し、大学院で児童書や絵本の挿絵について学んだ絵本作家の東郷なりささんのインタビューが掲載される。
4月15日 Japantimes Alpha紙 Love of birds and nature drives learning journey 東京農工大学農学部卒業後、イギリスに留学し、大学院で児童書や絵本の挿絵について学んだ絵本作家の東郷なりささんのインタビューが掲載される。
4月16日 Sci Tech Daily Gaming the Known and Unknown via Puzzle Solving With an Artificial Intelligence Agent About Professor Hiroyuki Iida from Japan Advanced Institute of Science and Technology, Japan
Dr. Hiroyuki Iida received his Ph.D. in 1994 on Heuristic Theories on Game-Tree Search from the Tokyo University of Agriculture and Technology, Japan.
4月16日 sorae ISSで“臭い”除去の技術実証。国内企業&大学が開発した光触媒空気浄化装置がISSへ 有人宇宙システム株式会社(JAMSS)が東京理科大学・東京農工大学の共同開発による光触媒空気浄化装置を、国際宇宙ステーション(ISS)に向けて打ち上げられたことが紹介される。
4月17日 日本テレビ ザ!鉄腕!DASH!! 「新宿DASH」の企画として、アナグマについて農学研究院 自然環境保全学部門 金子弥生准教授が都内に生息する野生動物の撮影・取材に協力している。
4月17日 毎日新聞 鳥取県倉吉市・獣医師 山根義久さん(79) 昭和の愛犬との絆、児童書に /鳥取 山根義久氏の経歴で「東京農工大学大学教授や日本獣医師会長を歴任した」と紹介される。
4月18日 ASIA NEWS NETWORK High demand for animal clinics as Japan’s pets live longer On April 7, Tokyo University of Agriculture and Technology (TUAT) President Kazuhiro Chiba announced that the university would open an emergency hospital specializing in dogs and cats in Koganei, Tokyo, around autumn.
4月18日 THE JAPAN NEWS High demand for animal clinics as pets live longer On April 7, Tokyo University of Agriculture and Technology (TUAT) President Kazuhiro Chiba announced that the university would open an emergency hospital specializing in dogs and cats in Koganei, Tokyo, around autumn.
4月19日 Livedoorニュース その視点欠けてたかも…動物の幸せを考える「アニマルウェルフェア」の取り組み 「アニマルウェルフェア(Animal Welfare)」という聞きなれない言葉について、専門に研究している東京農工大学の新村毅准教授のインタビューが掲載される。
4月20日 semiconductor TODAY Nippon Sanso’s first Ga2O3 MOCVD system installed and qualified Taiyo Nippon Sanso Corp (TNSC) of Tokyo, Japan has installed its first gallium oxide (Ga2O3) metal-organic chemical vapor deposition (MOCVD) system in the laboratory of professor Yoshinao Kumagai at the Tokyo University of Agriculture and Technology.
4月20日 マイナビニュース 飛散した砂はどのように落下してくるのか?、都立大などが解明 東京都立大学(都立大)と東京農工大学(農工大)が砂の落下運動を明らかにすることに成功したと発表したことが紹介される。
4月21日 JAPAN TODAY There are many owners waiting for their pets to get medical treatment. We’ll make it one of Japan’s largest veterinary medical centers, while developing new treatments. Tokyo University of Agriculture and Technology (TUAT) President Kazuhiro Chiba, announcing that the university will open an emergency hospital specializing in dogs and cats in Koganei, Tokyo, around autumn.
4月21日 福島民報 【戻せ恵みの森に ―原発事故の断面―】第4部 鳥獣被害(31) 情報一元化の動き 「宝の山」対策に活用 慶応、東京農、東京農工、東北、長崎、日本、福島の七大学が参加し、定例会での情報交換やシンポジウムを開催していることが紹介される。
4月22日 日刊工業新聞 1-2工程で合成
多置換ピロール増殖阻害剤向け
東京農工大学
東京農工大学の平野雅文教授と清田小織技術専門職員、小峰伸之助教らが、医薬品の有効成分や生体分子などにみられる多置換ピロールの新しい合成法を開発したと紹介される。
4月22日 名古屋テレビ ニュース情報番組「アップ!」 交通安全啓発のための資料映像として、スマートモビリティ研究拠点がドライブレコーダー映像を4点提供
4月22日 yahoo!ニュース 「バスを校庭に持ち出し交通安全教室を開催 死角から車が飛び出す様子を実演 名古屋メ~テレ」 交通安全啓発のための資料映像として、ドライブレコーダー映像を4点提供し放映された
4月22日 東京新聞 東京農工大 小金井にも動物病院
「救急医療センター」
東京農工大学が小金井キャンパスに「小金井動物救急医療センター」を新設すると紹介される。
4月22日 東京新聞 東京農工大小金井キャンバスに「動物救急医療センター」 府中キャンパスに続く設置 全国初  東京農工大学(府中市)が、小金井市のキャンパスに「小金井動物救急医療センター」を新設すると紹介される。
4月24日 日本テレビ ザ!鉄腕!DASH!! 「新宿DASH」の企画として、アナグマについて農学研究院 自然環境保全学部門 金子弥生准教授が都内に生息する野生動物の撮影・取材に協力している。
4月24日 時事通信 理系男子コレクション 写真特集 漫才コンビ「ハマカーン」の浜谷健司さんと 神田伸一郎さんが東京農工大卒として紹介される。
4月24日 産経新聞 奨励賞に東京農工大の櫻井准教授ら 日本女性科学者の会 「日本女性科学者の会」が、第27回奨励賞に東京農工大大学院の櫻井香里准教授ら3人を選出したことが紹介される。
4月25日 Jbpress SDGs時代に避けられない「脱プラスチック」の視点
遅れを取る日本企業、これからどう動くべきか?
プラスチックが地球環境や私たちの体にどのような影響を及ぼしているのかについて東京農工大学の高田秀重教授のインタビューが掲載される。
4月25日 大学ジャーナル 日本女性科学者の会、奨励賞に京都大学の飯間助教ら3名選出 日本女性科学者の会は2022年度の奨励賞に京都大学医学部付属病院の飯間麻美助教、東京農工大学大学院工学研究院の櫻井香里准教授、東京工業大学生命理工学院の星野歩子准教授の3人を選んだことが紹介される。
4月25日 ロボスタ 有機米デザイン 田んぼの自動抑草ロボット「アイガモロボ」のプロトタイプを発表 HAL東京カーデザイン学科の学生がデザイン 東京農工大学との共同研究契約を締結し、開発を進めてきたことが紹介される。
4月26日 ニュースイッチ 高度専門医療の動物救急センターを開設する東京農工大の「初」 東京農工大学が2022年秋をめどに、工学部の小金井キャンパス(東京都小金井市)に動物の高度専門医療の救急センターを開設することが紹介される。
4月26日 山形新聞 田んぼの雑草にお困りの方へ“救世主” 抑草アイガモロボ、来年度にも発売へ 有機米デザインは2019年にヤマガタデザインの出資で東京農工大内に設立されたベンチャー企業だと紹介される。
4月28日 日本経済新聞 つくばに続け 茨城でロボットの社会実装が加速 東京農工大発ベンチャーで、ロボット開発の有機米デザインが手がけた「アイガモロボ」が紹介される。
4月29日 日本経済新聞 スズキ財団、「やらまいか大賞・特別賞」を2氏に授与 東京農工大学名誉教授の永井正夫氏に大賞が授与されたと紹介される。
4月29日 日刊工業新聞 スズキ財団、やらまいか大賞・特別賞の贈呈式 東京農工大の永井名誉教授に大賞 東京農工大学名誉教授の永井正夫氏に大賞が授与されたと紹介される。
4月29日 朝日新聞デジタル 春の叙勲 4146人が受章 東京農工大学名誉教授の多田全宏氏が受章したことが紹介される。
4月29日 毎日新聞 春の叙勲受章者 東京農工大学名誉教授の多田全宏氏が受章したことが紹介される。
4月29日 日本経済新聞 愛知のブルーベリー工場、受粉の全自動化で通年収穫 東京農工大学が開発した技術を導入し、通常年に1回のみの収穫を通年でできるようにしたと紹介される。
4月29日 sorae 初の民間主導ISS滞在ミッション「Ax-1」参加した4名が地球に無事帰還 有人宇宙システム株式会社(JAMSS)・東京理科大学・東京農工大学が共同開発した光触媒空気浄化装置が含まれていることが紹介される。
4月29日 幻冬舎ゴールドオンライン 獣医師試験「大学別合格ランキング2022」1位は岐阜大学 2022年の獣医師国家試験の結果、3位は東京農工大学で94.3%で前年4位(95.1%)だったことが紹介される。
4月30日 大学ジャーナル JAMSS×東京理科大学×東京農工大学が共同開発、「光触媒空気浄化装置」ISSで実証実験 有人宇宙システム株式会社(JAMSS)と東京理科大学、東京農工大学が共同研究契約を締結して開発を進めている、光触媒を使った空気浄化装置の技術実証機の打ち上げについて紹介される。
4月30日 共同通信
10兆円基金、4大学が申請へ
27校は検討、国立大調査
政府が世界最高の研究水準を目指す大学を支援するために設けた10兆円規模の大学ファンド(基金)に関し、東京農工大学が申請する意向であることが紹介される。
4月30日 東京新聞 10兆円基金、4大学が申請へ 27校は検討、国立大調査 政府が世界最高の研究水準を目指す大学を支援するために設けた10兆円規模の大学ファンド(基金)に関し、東京農工大学が申請する意向であることが紹介される。
4月30日 京都新聞
10兆円基金、4大学が申請へ
27校は検討、国立大調査
政府が世界最高の研究水準を目指す大学を支援するために設けた10兆円規模の大学ファンド(基金)に関し、東京農工大学が申請する意向であることが紹介される。
4月30日 西日本新聞 10兆円基金、4大学が申請へ 政府が世界最高の研究水準を目指す大学を支援するために設けた10兆円規模の大学ファンド(基金)に関し、東京農工大学が申請する意向であることが紹介される。
4月30日 デイリー 10兆円基金、4大学が申請へ27校は検討、国立大調査 政府が世界最高の研究水準を目指す大学を支援するために設けた10兆円規模の大学ファンド(基金)に関し、東京農工大学が申請する意向であることが紹介される。
4月30日 熊本日日新聞 10兆円基金、4大学が申請へ
27校は検討、国立大調査
政府が世界最高の研究水準を目指す大学を支援するために設けた10兆円規模の大学ファンド(基金)に関し、東京農工大学が申請する意向であることが紹介される。
4月30日 高知新聞Plus 10兆円基金、4大学が申請へ 27校は検討、国立大調査 政府が世界最高の研究水準を目指す大学を支援するために設けた10兆円規模の大学ファンド(基金)に関し、東京農工大学が申請する意向であることが紹介される。
4月30日 新潟日報デジタルプラス 10兆円基金、4大学が申請へ
27校は検討、国立大調査
政府が世界最高の研究水準を目指す大学を支援するために設けた10兆円規模の大学ファンド(基金)に関し、東京農工大学が申請する意向であることが紹介される。
4月30日 gooニュース 10兆円基金、4大学が申請へ 27校は検討、国立大調査 政府が世界最高の研究水準を目指す大学を支援するために設けた10兆円規模の大学ファンド(基金)に関し、東京農工大学が申請する意向であることが紹介される。
4月30日 神戸新聞NEXT 10兆円基金、4大学が申請へ 27校は検討、国立大調査 政府が世界最高の研究水準を目指す大学を支援するために設けた10兆円規模の大学ファンド(基金)に関し、東京農工大学が申請する意向であることが紹介される。
4月30日 徳島新聞電子版 10兆円基金、4大学が申請へ
27校は検討、国立大調査
政府が世界最高の研究水準を目指す大学を支援するために設けた10兆円規模の大学ファンド(基金)に関し、東京農工大学が申請する意向であることが紹介される。
4月30日 四国新聞社 10兆円基金、4大学が申請へ/27校は検討、国立大調査 政府が世界最高の研究水準を目指す大学を支援するために設けた10兆円規模の大学ファンド(基金)に関し、東京農工大学が申請する意向であることが紹介される。
4月30日 宮崎日日新聞 10兆円基金、4大学が申請へ 27校は検討、国立大調査 政府が世界最高の研究水準を目指す大学を支援するために設けた10兆円規模の大学ファンド(基金)に関し、東京農工大学が申請する意向であることが紹介される。
4月30日 奈良新聞デジタル 10兆円基金、4大学が申請へ - 27校は検討、国立大調査 政府が世界最高の研究水準を目指す大学を支援するために設けた10兆円規模の大学ファンド(基金)に関し、東京農工大学が申請する意向であることが紹介される。

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら