2023年3月13日

2月28日に、第2回ビジネスプランコンテスト「アントレプレナーチャレンジ」を実施したワン!
本選では、1次審査で選抜された12チームの学部生から大学院生までが事業プランを発表したワン。
最優秀賞である学長賞に選ばれたのは生物システム応用科学府食料エネルギーシステム科学専攻博士後期課程3年・卓越大学院プログラム生の劉娉さん。
「ナノポアを用いた疾患早期診断支援サービスの開発」という事業プラン名で、ナノポアセンシング技術を用いた特定疾患罹患のリスク診断に関する研究成果をもとに動物の癌疾患をはじめとする疾病の早期発見を可能とするプランを発表したんだワン!
学長賞として仮説検証費100万円を勝ち取り、今後の事業化が期待されるワン。

そのほか、3社から企業賞が授与されたワン!
各賞の受賞者と事業プラン名は以下のとおり。

日清紡シンガポール株式会社(スタートアップ支援費用30万円)
工学府産業技術専攻博士前期課程1年 三沢一浩さん
「耕作放棄地で営農型太陽光発電とスマート農業を連携させる2階建て事業モデル」

株式会社INDEE Japan(アマゾンギフト券とアクセラレーションプログラム参加権)
生物システム応用科学府食料エネルギーシステム専攻博士後期課程2年・卓越大学院プログラム生 Aissatou MBOUPさん
「日の実221」

スターインベンション株式会社(学外ピッチコンテスト入賞を目指した指導が受けられる権利)
工学部知能情報システム工学科2年 池本菜々子さん
「発達障害を武器に!〜発達障害者の生きづらさを軽減し得意を伸ばす人材育成アプリケーション・サービスの提案〜」

第3回は2023年秋に公募開始予定だワン!
農工大の教職員や学生のみなさん、社会価値の創造にぜひチャレンジしてほしいワン!

#ハッケンコウケン #東京農工大学 #農工大 #大学 #university #tokyo #東京 #農学部 #工学部 #キャンパスライフ #キャンパス散策 #大学生 #ビジネスプランコンテスト #ビジコン #ピッチ #起業 #スタートアップ #起業家 #ピッチコンテスト #大学院

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら