学長メッセージ

世界に伍する科学技術系研究大学へ

 東京農工大学は産業の根幹をなす農学と工学を中心とし、これらの融合分野をも含めた教育研究を推進している我が国では特色のある科学技術系に特化した大学です。明治7年の創基以来140年以上の長い歴史を誇りつつ、新しいことに積極的に挑戦し、これらの分野の教育と研究を着実に推進させて来ました。

 急速な人口増加とそれに伴うエネルギー使用量の急激な増加により、私たちの地球は様々な課題を抱えております。一方、我が国は人口が減少し、超高齢化社会を迎えようとしています。国内外の様々な課題を解決するためには、環境と食の安全を確保しつつ、科学技術の革新的な進歩が必要です。東京農工大学は環境・エネルギー・食料という大きなキーワードを対象とする研究を中心に、それらの周辺領域の研究を推進しています。本学の大学院には農学研究院、工学研究院、生物システム応用科学府、連合農学研究科、さらにはリーディング大学院があり、教員と大学院生が協力して最先端の研究を推進しております。本学は早くから産学連携の重要性を主張し、実学の実践にも力を注いできました。本学の予算全体に占める外部資金の比率は日本のトップクラスであり、教員一人当たりの共同研究件数・研究費も高い値を維持しています。

 教育にも力を注ぎ、世界に伍する人材の輩出を目指し、深い専門性と広い知識を併せ持つ人材を養成する教育を実践しています。学生諸君への様々な教育活動を支援するのみならず、積極的に海外で学ぶ学生や、共同研究を推進する学生の支援も拡充しています。学術交流協定を締結している海外の有力大学は80校を超えました。また、優れた留学生や研究者を受け入れ、国際交流を通じた教育・研究の充実も図っています。高い教育の質の保証を視野に入れ、より良い大学を目指した改革も継続して進めてまいります。

 農学と工学という重要な学問分野からなる本学の特徴を一段と活かし、個性的で新しい知の創出を目指して大学の整備や改革に努力してゆきます。わたしたちの未来には多くの課題が横たわっていますが、本学の教職員と学生が一丸となってそれらに挑戦し、これまでに積み重ねた知恵を活用し、新しいアイディアを結びつけることができれば、これらの課題は必ず解決できるものと信じております。日本や世界を豊かにし、明るい社会を作るために東京農工大学はこれからも進歩し続けます。

東京農工大学長  大野 弘幸

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら