〔記者発表〕2010年世界最高のキャパシタ特性を達成『ナノハイブリッドキャパシタ』

記者発表、2010年世界最高のキャパシタ特性を達成『ナノハイブリッドキャパシタ』のご紹介です。

日時 4月12日(月曜日)13時30分から
場所 キャンパスイノベーションセンター東京 609号室
発表内容 カーボンナノチューブを使用したナノハイブリッドキャパシタにより
世界最高のキャパシタ特性を達成
現行の電気二重層キャパシタの4.5倍のエネルギー密度
スーパーグロースカーボンナノチューブの外壁・内壁にチタン酸リチウムナノ結晶を超高分散添着
出席者 小野 隆彦 理事(副学長)
直井 勝彦 大学院工学研究院教授
玉光 賢次 客員教授(キャパシタテクノロジー講座)
(日本ケミコン株式会社 基礎研究センター機能性材料研究室室長)

新聞等掲載状況

平成22年4月12日 日経BP社Tech-On!(Web)
平成22年4月13日 読売新聞
平成22年4月13日 日刊工業新聞
平成22年4月14日 日経産業新聞(日経テレコン21)
平成22年4月16日 読売新聞
平成22年4月30日 科学新聞
平成22年5月号 日経ものづくり

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら