ナノシートの光操作に世界で初めて成功

ナノシートの光操作に世界で初めて成功

【ポイント】

  • 光を利用することで、ナノシートを基盤とする材料を実用化する上でボトルネックとなっていた、ナノシートを個別に自在に操作する技術を世界に先駆け実現した。
  • 液晶状態にしたナノシートを用いることで、光による操作を光が当たらない場所へも伝播させ、広い範囲でナノシートの配列を制御することに成功した。
  • 高機能な光・エレクトロニクス素子実現に向けた基盤技術が確立できた。飛躍的に省エネルギーなディスプレー、光シャッターなどへの応用が期待できる。

【概要】
 山口大学創成科学研究科理学系学域化学分野の川俣純教授と鈴木康孝准教授のグループは、九州工業大学工学研究院の中戸晃之教授、東京農工大学工学研究院の岩井俊昭教授のグループと共同で、ニオブ酸ナノシートの光操作に成功しました。この成果は、光によりナノシートを動かした初めての例であるのみならず、ナノシートの位置や向きを自在に制御できた初めての例でもあります。ナノシートをレーザー光の焦点に捕捉し、その向きをレーザー光の偏光により自在に回転させること、また、ナノシート間の相互作用が大きいナノシート液晶にレーザー光を照射すると、焦点(光があたっている場所)にあるナノシートの向きの変化によって、その周囲の数百倍にもおよぶ光があたっていない範囲に存在するナノシートの向きを、ドミノ倒し的に制御できることを見いだしました。

詳細は、以下をご参照ください。

プレスリリース(581KB)

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら