2014年10月31日 未来をひらく 科学技術展2014を開催

国立大学法人東京農工大学(学長:松永 是、本部:東京都府中市)では、「未来をひらく 農工大の科学技術」をキャッチフレーズに、大学生、高校生、中学生、OB・OG、地域住民、企業技術者の方々を対象に「大学は今どのような研究活動を行い、未来にはどのように社会に貢献していこうとしているかを、大勢の皆様により深く理解していただく」ことを目的として、本学の研究成果を一般の方々に公開するため「科学技術展2014」を、小金井キャンパス、府中キャンパスで開催します。

科学技術展2014特設サイト(別リンクで開きます)

概 要


◆開催期間:平成26年11月7日(金)~11月9日(日) 10:00~17:00(最終日は16:00まで)

開催期間中、東京農工大学学園祭「第56回農工祭」も開催しています。

◆開催場所:
・第一会場 東京農工大学小金井キャンパス 科学博物館本館1階
(住所:東京都小金井市中町2-24-16)
・第二会場 東京農工大学府中キャンパス 農学部2号館 1階
(住所:東京都府中市幸町3-5-8)

会場間を結ぶ「シャトルバス」を、8日(土)及び9日(日)に運行します。

◆出展数:ポスター展示(全107題目)、実物展示、研究室公開

◆出展題目例
☆第一会場:
・『柔さ』を数値化する触診テクノロジーによる計測システム
・オンライン手書き数式認識と書写学習
・車より一足先に事故0へ!インテリジェントトレイン

☆第二会場:
・土砂災害の現場から-現地観測から見えること
・「農工夢市場」の今後の展開方向-「食農マーケティング論」の分析から-
・被災地の農業復興に向けた地場産農産物を対象としたフードシステムの再構築に関する研究


CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら