複雑な遺伝子改変・導入手続きをワンステップで~CRISPR/Cas9システムを使用した、効率的なゲノム編集法を開発~

複雑な遺伝子改変・導入手続きをワンステップで
~CRISPR/Cas9システムを使用した、効率的なゲノム編集法を開発~

【ポイント】

  • イネの病原菌であるイネいもち病菌をモデルに、CRISPR/Cas9システムを用いたゲノム編集を効率的に行う技術を開発しました。
  • 遺伝子操作をより自由に、高効率で行えるため、イネいもち病菌の研究の進展や、糸状菌(かび)を利用した食物、発酵物、生物工場などへの応用も期待されています。

【概要】

 CRISPR/Cas9は、遺伝子研究の分野では今や誰もが知る、代表的なゲノム編集ツールです。東京理科大学理工学部応用生物学科の荒添貴之助教、明治大学農学部生命科学科の桑田茂教授、東京農工大学大学院農学研究院(農学部応用生物科学科)の有江力教授らの研究グループは、イネの病原菌であるイネいもち病菌(Pyricularia (Magnaporthe) oryzae)に対してCRISPR/Cas9技術を適用し、編集の標的となる遺伝子配列をより自由に改変することや、目的とする遺伝子を高効率に導入することを目的とした新たなゲノム編集手法を開発しました。ゲノム編集とは、ターゲットの遺伝子配列を破壊、置換、もしくは目的遺伝子を新たに導入することをいい、医学・生物学・農学などの研究や、農作物の品種改良などの分野で幅広く使われるようになりました。

詳細は、以下をご参照ください。

プレスリリース(200KB)

東京理科大学WEBページ(メディアの方へ)

関連リンク(別ウィンドウで開きます)

 

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら