2013年8月19日文部科学省科学研究費補助金研究成果報告会

文部科学省科学研究費補助金新学術領域研究
「東アジアにおけるエアロゾルの植物・人間系へのインパクト」研究成果報告会の開催について


国立大学法人東京農工大学大学院農学研究院物質循環環境科学部門の畠山史郎教授が文部科学省新学術領域研究「東アジアにおけるエアロゾルの植物・人間系へのインパクト」(研究領域代表:畠山史郎、平成20年度~24年度)の研究成果報告会を開催します。
本年1~3月に大きな話題となった、 東アジアから運ばれてきたPM2.5や黄砂などのエアロゾル(粒子状物質) について、その分布や輸送、粒子状物質の発生機構や除去技術、越境大気汚染粒子の輸送と分布、粒子状物質の植物や人間の健康に対する影響など幅広い分野の研究成果が報告されます。

一般向けの研究成果報告会ですので、報道関係の皆様方におかれましも、広くご参加いただければ幸いです。


◆日時:平成25年10月23日(水)9:30~18:00
◆会場:府中グリーンプラザ5F大会議室
◆交通:京王線府中駅北口徒歩1分(http://www.fuchu-cpf.or.jp/green/access/index.html)
◆参加費:無料
◆参加申込締切:10月15日(火)
◆参加申込方法:以下にメールにて、氏名、所属、メールアドレスをお知らせ下さい。
◆申込先/問合先:183-8509 府中市幸町3-5-8 東京農工大学 畠山史郎
E-mail: tuat.aerosol@gmail.com
http://web.tuat.ac.jp/~aerosol/

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら