本学の大学改革・機能強化の取り組み

本学の大学改革・機能強化の取り組み

本学の大学改革・機能強化の取り組みについてのご案内です。

大学改革・機能強化推進の背景

国立大学の強みや特色を伸ばし、その社会的役割(ミッション)を果たすための機能強化を促進する目的で文部科学省が実施した『ミッション再定義』において、本学は農学・工学の両分野で「国際社会で指導的な役割を担う高度な専門職業人材及び高い研究能力を有する先導的な人材の育成」、「我が国の産業を支える実践的な研究等の取り組みの一層の推進によるイノベーション創出」を担う大学であると定義されました。
このミッション再定義で示された社会的役割を果たすため、第3期中期目標に向けた学長ビジョン「世界が認知する研究大学へ」を策定しました。東京農工大学は学長のリーダーシップのもと、このビジョンに基づく様々な取り組みを加速し、必要な大学改革・機能強化を実施します。

大学改革・機能強化等の取り組み事例

グローバルイノベーション研究院

世界トップ研究者による戦略的研究チームを結成し、世界が直面する食料・エネルギーの課題を解決するとともに、研究大学として世界が認知する確固たる国際ブランドを築き、研究力強化を推進します。

グローバルイノベーション研究院のホームページ (別ウィンドウで開きます)

9年一貫グローバル教育制度及びスーパースキップ(早期修了)制度

今後、我が国および世界において必要とされる理工系グローバルエリートを育成し、輩出するため4年間の学部教育と2年間の博士前期課程ならびに3年間の博士後期課程を有機的に統合した9年一貫グローバル教育プログラムを導入します。また、本制度に連動したスーパースキップ(早期修了)制度も導入する予定です。

イノベーション推進機構

大学院教育課程との密接な連携のもと、社会との接点を基軸にした教育機会を創出するため、国際的な産学連携や大学連携体制を強化し、イノベーションを実現するための先導的教育プログラム開発等を行っています。

イノベーション推進機構のホームページ (別ウィンドウで開きます)

テニュアトラック推進機構

本学では、国際公募を前提としたテニュアトラック制度を導入し、テニュアトラック教員の採用を行っています。また、平成26年度に「キャリアチャレンジ教授」の公募も本テニュアトラック制度に基づき、実施しています。

テニュアトラック推進機構のホームページ (別ウィンドウで開きます)

女性未来育成機構

女性未来育成機構は、キャリア支援(女性研究者等の研究環境整備と支援)、キャリア加速(教育力向上プログラム)、キャリア開発(研究力向上プログラム)の3部門を構成し、教育力と研究力に秀でた、質の高い女性研究者を育成します。

女性未来育成機構のホームページ (別ウィンドウで開きます)

リーディング大学院

非石油依存型食料生産の時代を創出するリーダー人材の養成を目標と掲げ、生命の源である「食」に関する地球規模での究極的な課題に挑戦し、食の生産性やエネルギー依存形態を変革する構想力と実践力を備えた国際的なリーダーを養成します。

リーディング大学院のホームページ (別ウィンドウで開きます)

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら