2015年1月16日 中村修二教授ノーベル物理学賞受賞記念特別講演会

中村修二教授ノーベル物理学賞受賞記念 東京農工大学 特別講演会
「青色LEDの開発歴史と、青色が照らす地球の未来」

国立大学法人東京農工大学(学長:松永 是、本部:東京都府中市)は、同大学の経営協議会委員で2014年ノーベル物理学賞受賞者の中村修二教授(カリフォルニア大学サンタバーバラ校)を講師に迎え、特別講演会を平成27年1月16日に開催しました。
東京農工大学では、魅力ある大学を創出する取り組みとして、基本理念である「循環型社会の実現」をテーマに、在籍する学生、教職員及び一般市民を対象に特別講演会を平成17年から継続して開催しております。今回の特別講演会では、特に、我が国の未来を担う若者や技術者に参加機会を提供したく、連携する高等学校から生徒を招待するとともに、企業から第一線の技術者を招待しました。
概要は以下の通りです。

◆概要◆
【日時】:平成27年1月16日(金曜日)18時00分 受付17:00から開始

【場所】:府中の森芸術劇場 どりーむホール
(住 所)東京都府中市浅間町1-2
(交通手段)京王線東府中駅 北口下車徒歩7分

【講師】:中村修二 教授(カリフォルニア大学サンタバーバラ校)

【講演名】:「青色LEDの開発歴史と、青色が照らす地球の未来」

講演会中の中村修二教授

開始前の会場の様子

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら