動画のDL不可設定方法

 SIRIUS-LMSのレッスンで提示する動画をダウンロード(DL)できないように設定する方法の1 つをご紹介いたします。

 

【留意点】

  • ご紹介する方法は、LMSのリソース機能を利用しますので、容量上限以下のデータのみ利用が可能です。また、LMS内での動画読込に時間を要することもあります。予めご了承ください。
  • 動画の展開をされる際には、TUAT-IDで制限をかけられるYoutubeや、OneDriveの活用もご検討ください。

 


 

 

 講義で利用する動画について、リソースにアップロードしてください。

 その後、リソース機能から対象の動画ファイルのプロパティを開いてください。

 

 動画ファイルについて非表示設定を行ってください。

 

 非表示設定ができると、ファイルはこのような表示となります。

 

 ① レッスン機能から、動画を展開したいサブサイトに移動してください。

 ② 掲載したい場所に「コンテンツを追加+」を行ってください。

 ③ 「テキストを追加」を選択してください。

 

 テキストエディターが表示されるので、上図の動画マークを選択してください。

 

 ポップアップするウィンドウから

 ① 「Video info」のタブを選択してください。

 ② 「サーバブラウザ」を選択してください。

 

 レッスンのサブサイト上に掲載する動画ファイルの選択ウィンドウが表示されるので、「Resource」から対象の動画ファイルを選択してください。

 

 ポップアップウィンドウに戻りますので

 ① 動画ファイルへのパスが入力されていることを確認してください。

 ② 「Show controls」にチェックを入れてください。

 

 ① 「Advanced」のタブを選択してください。

 ② 「Allow download?」で「No」を選択してください。

 

 テキストエディターにおいて動画が挿入されますので、画面下の「保存」を選択してください。

 

 レッスンのサブサイト上にDL不可の状態で動画が掲載されます。

 

CONTACT