生物生産科学コース生物生産科学プログラム教員紹介

生物生産科学生物生産科学プログラムの教員を紹介します。

生物生産科学プログラム

田中 治夫

土壌生化学的手法を用いた土壌中の有機物動態の解明と土壌生産力の評価

土壌学 研究室

杉原 創

土壌の特性に着目した炭素・窒素・リン循環の解明と、それに基づく土壌資源を持続的に管理する方策の構築

杉原 創 研究室

大津 直子

作物の硫黄と窒素の栄養に関して、特に作物における含硫化合物グルタチオンの代謝機構の解明及び硫黄栄養が窒素固定に与える影響の解析

植物栄養学研究室

大川 泰一郎

食用、飼料用などの作物の生産性向上のため、多収性、高バイオマス生産、高光合成、倒伏抵抗性に関わる生理生態的性質の解明、解明された重要形質に関わる遺伝子座、および原因遺伝子の特定と品種改良への適用、環境保全型農業に適した品種特性の解明および栽培法の検討、温暖化による環境ストレス抵抗性品種の生理的性質の解明、品種改良に関する研究

作物学研究室

荻原 勲

果樹など園芸植物を植物工場などの異なった環境に暴露して、今までになかった形態を作成し、それら植物体の形態、生理生態を解析し、有用な形質を具備する植物体を栽培に活用する技術を開発する

園芸学 研究室

鈴木 栄

フラボノイド、カロテノイド、ベタレイン色素などに着目した新規園芸作物を開発しています。遺伝子クローニング、組織培養、遺伝子組換え技術により、これらの植物色素の生合成経路を改変し、観賞価値、環境耐性、健康増進機能などを高めた高付加価値園芸作物の作出を目指しています。タバコ、ミヤコグサなどのモデル植物に加え、トレニア、ゼラニウム、ホトトギスなどの観賞用花きや、トマト、キュウリなどの食用作物を研究対象としています。

園芸学 研究室

金勝 一樹

植物のストレスに対する応答、種子形成や発芽の誘導、植物のプロテオーム等に関する生化学的な研究

植物育種学研究室

山田 哲也

オミックス情報に基づき、老化や雑種致死など、植物の各種形質を支配している遺伝子群を同定し、それらを利用した分子育種技術を開発し、作物の品種改良を効率化する研究

植物育種学 研究室

 

新村 毅

動物の行動を分子レベルから集団レベルまで横断的に理解して制御する研究、福祉的管理システムの開発と自動評価・制御技術の開発

畜産学研究室

 


 

横山 岳

突然変異蚕を用いた遺伝学的解析およびモザイク蚕、倍数体蚕、単為発生蚕の誘発とそれらを用いた発生学的解析

蚕学 研究室

伊藤 克彦

カイコの致死や寿命および罹病性に関わる突然変異遺伝子の単離とその機能を利用した害虫防除への応用

蚕学 研究室

阿部 広明

昆虫の性染色体に関する遺伝学的ならびに分子生物学解析およびゲノム上に散在する転移因子の構造解析

 

天竺桂 弘子

医薬・農薬として有用な昆虫由来成分の探索に関する研究、昆虫ゲノム情報を活用したヒト疾患分子機序の解析に関する研究、および家畜飼料としての昆虫の利用に関する研究

動物生化学 研究室

 

生物制御科学プログラム

有江 力

植物病原微生物の遺伝子解析、植物・病原微生物の相互作用と病害抵抗性機構の解明

植物病理学 研究室

小松 健

植物病原ウイルス・菌類のゲノムおよび病原性発現機構の解析、植物の病害抵抗性機構の解明とその利用

植物病理学 研究室

夏目 雅裕

生物個体の成長・分化や生物間の相互作用を制御する調整物質の探索、精製・単離、構造決定、微量分析、生合成、作用機構の解析

生物制御化学 研究室

川出 洋

植物・微生物由来の生物機能制御物質の生合成,下等植物の植物ホルモン生合成と機能に関する進化学,合成生物学的アプローチによる天然有機化合物の酵素合成

生物制御化学 研究室

福原 敏行

植物のRNA干渉機構と環境ストレス応答機構の研究

細胞分子 研究室

森山 裕充

菌類ウイルスに関する細胞及び分子生物学的研究とその応用研究

細胞分子生物学 研究室

 

笠原 博幸

植物の成長や環境応答の調節に関わる植物ホルモン等の生合成や不活化、作用機構の解明とその応用

 

応用植物生化学 研究室

平岡 毅

昆虫等の制御、有効利用の基礎となる昆虫生理学、生化学、内分泌学及び細胞学

仲井 まどか

天敵を利用した有害昆虫の制御法(生物的防除法)の開発の基礎となる昆虫病理学、昆虫疫学及び生態学

応用遺伝生態学 研究室

井上 真紀

昆虫と微生物の生物間相互作用および進化の解明と応用的利用

応用遺伝生態学 研究室

 

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら