生物生産学科 教員紹介

農学部生物生産学科の教員を紹介します。

田中 治夫(土壌学研究室)

土壌生化学的手法を用いた土壌中の有機物動態の解明と土壌生産力の評価

杉原 創(土壌学研究室)

土壌の特性に着目した炭素・窒素・リン循環の解明と、それに基づく土壌資源を持続的に管理する方策の構築

杉原 創 研究室

 

土壌学 研究室


 

大津 直子(植物栄養学研究室)

作物の硫黄と窒素の栄養に関して、特に作物における含硫化合物グルタチオンの代謝機構の解明及び硫黄栄養が窒素固定に与える影響の解析

 

植物栄養学 研究室


 

伴 琢也(農業生産技術学研究室)

環境要因が園芸作物の成長に及ぼす影響の解明と栽培技術への応用

杉村 智史(農業生産技術学研究室)

生育可能な家畜受精胚の体外生産、選別および移植に関する研究

本林 隆(農業生産技術学研究室)

農耕地生態系における昆虫群集(害虫・天敵・ただの虫)の制御管理に関する研究作物の栽培環境の改善(特に土壌の物理性の改善)による収量の向上、安定化に向けた研究

 

農業生産技術学 研究室


 

大川 泰一郎(作物学研究室)

食用、飼料用などの作物の生産性向上のため、多収性、高バイオマス生産、高光合成、倒伏抵抗性に関わる生理生態的性質の解明、解明された重要形質に関わる遺伝子座、および原因遺伝子の特定と品種改良への適用、環境保全型農業に適した品種特性の解明および栽培法の検討、温暖化による環境ストレス抵抗性品種の生理的性質の解明、品種改良に関する研究

作物学 研究室


 

荻原 勲(園芸学研究室)

果樹など園芸植物を植物工場などの異なった環境に暴露して、今までになかった形態を作成し、それら植物体の形態、生理生態を解析し、有用な形質を具備する植物体を栽培に活用する技術を開発する

鈴木 栄(園芸学研究室)

フラボノイド、カロテノイド、ベタレイン色素などに着目した新規園芸作物を開発しています。遺伝子クローニング、組織培養、遺伝子組換え技術により、これらの植物色素の生合成経路を改変し、観賞価値、環境耐性、健康増進機能などを高めた高付加価値園芸作物の作出を目指しています。タバコ、ミヤコグサなどのモデル植物に加え、トレニア、ゼラニウム、ホトトギスなどの観賞用花きや、トマト、キュウリなどの食用作物を研究対象としています。

園芸学 研究室


 

金勝 一樹(植物育種学研究室)

植物のストレスに対する応答、種子形成や発芽の誘導、植物のプロテオーム等に関する生化学的な研究

山田 哲也(植物育種学研究室)

オミックス情報に基づき、老化や雑種致死など、植物の各種形質を支配している遺伝子群を同定し、それらを利用した分子育種技術を開発し、作物の品種改良を効率化する研究

 

 

植物育種学 研究室


 

桂 圭佑(国際生物資源学研究室)

国内外の多様な農業現場における作物の安定多収栽培技術の開発を、遺伝子型×環境相互作用に着目しながら作物生理学的知見に基づいて行う。

桂 圭佑 研究室

岡崎 伸(国際生物資源学研究室)

農業や環境修復に役立つ微生物を分離して、ゲノム解析や分子生物学的解析を行い、国内外の持続的農業生産に応用する。

岡崎 伸 研究室


 

梅澤 泰史(遺伝子細胞工学研究室)

植物の環境応答のメカニズムについて、シグナル伝達や遺伝子発現のレベルで明らかにし、ストレス耐性作物の開発を目指す。

遺伝子細胞工学(梅澤研究室)


 

新村 毅(畜産学研究室)

動物の行動を分子レベルから集団レベルまで横断的に理解して制御する研究、福祉的管理システムの開発と自動評価・制御技術の開発

 

畜産学 研究室


 

横山 岳(蚕学研究室)

突然変異蚕を用いた遺伝学的解析およびモザイク蚕、倍数体蚕、単為発生蚕の誘発とそれらを用いた発生学的解析

伊藤 克彦(蚕学研究室)

カイコの致死や寿命および罹病性に関わる突然変異遺伝子の単離とその機能を利用した害虫防除への応用

蚕学 研究室


 

阿部 広明(昆虫機能生理化学研究室)

昆虫の性染色体に関する遺伝学的ならびに分子生物学解析およびゲノム上に散在する転移因子の構造解析

 


 

新井 克彦(動物生化学研究室)

幹細胞の分化における細胞外マトリックスの機能並びに下等動物由来マトリックス成分の高度利用開発

農学部附属硬蛋白質利用研究施設・基礎研究部門

天竺桂 弘子(動物生化学研究室)

医薬・農薬として有用な昆虫由来成分の探索に関する研究、昆虫ゲノム情報を活用したヒト疾患分子機序の解析に関する研究、および家畜飼料としての昆虫の利用に関する研究

天竺桂 弘子 研究室

 


 

山﨑 亮一(農業経済学研究室)

国内外の農業の構造分析を踏まえた持続可能な農業・農村社会の構築に関する経済学的・政策学的な研究、共生社会のあり方に関する農業経済学的な研究

 

新井 祥穂(農業経済学研究室)

国内外各地における、農業生産力および農業構造に基づく、地域農業システムのあり方に関する研究。特に沖縄、インドネシアで実施。

農業経済学 研究室


 

千年 篤(農業経営・生産組織学研究室)

日本ならびに発展途上国の農業経営形態の特徴と変容ならびに農業関係主体の行動様式に関する研究

 

草処 基(農業経営・生産組織学研究室)

経済発展期の農村社会において、社会慣習やネットワーク形成が農家経済行動に及ぼす影響についての計量経済学的研究

 


 

野見山 敏雄(農業市場学研究室)

農産物および食品市場をめぐる流通・加工過程、流通政策、産直や有機農業などに関する社会科学的研究。主要な研究テーマは産直流通,地産地消,契約取引など。

野見山敏雄 研究室

観山 恵理子(農業市場学研究室)

災害と地域農業の復興、青果物の流通における価格形成

農業市場学 研究室


 

山田 祐彰(国際地域開発学研究室)

開発途上地域の社会経済文化的諸条件に適合し、環境により優しい持続型農業の開発と普及に関する示唆に富んだ事例を研究する。

 

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら