大学院組織について

大学院は、学部での基礎知識を活かし、自らが研究の目標を定め、研究課題を見つけ出し、研究課題に対して解決方法を探し出す能力を磨きます。また、研究課題に関してのコミュニケーションあるいは発表能力を身につけるトレーニングを行います。

東京農工大学大学院組織イメージ図

本学の大学院には、2研究院(農学研究院、工学研究院)と3学府(工学府、農学府、生物システム応用科学府)および連合農学研究科があります。
なお、研究院とは教員が所属する研究組織、学府、研究科とは学生が所属する教育組織で、平成16年4月に大学院を機軸とした大学として組織再編し設置しました。獣医学科の卒業生は、岐阜大学に設置されている連合獣医学研究科に進むことができます。平成22年4月、研究組織は農工の先端研究の機動的かつ柔軟な実施を加速化し、研究院における新たな分野形成や知の進化、社会や産業のニーズなどの変化に迅速に対応して研究を展開するとともに、研究組織が教育組織を先導する形で、「研究」と「教育」の有機的な連動を実現し、先端研究成果及び社会ニーズを柔軟に反映できる教育体制の整備を目指して、従来の1研究院から2研究院に改組しました。また、2つの研究院及び部門の枠を超えて教員が自由な発想で相互に議論できる知的刺激の場として、新たな枠組みである「連携リング」を構築しました。同枠組みの下に、融合研究プロジェクトを実施する研究ユニット、研究拠点を位置づけるとともに、両研究院の代表からなる連携リング運営委員会を設置し、2研究院間の融合研究活動の促進に向けた様々な取組を行っています。

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら