知能情報システム工学科カリキュラム、入試情報紹介

工学部知能情報システム工学科のカリキュラムを紹介します。

知能情報システム工学科では、全人類にとって価値ある未来の情報社会を主体的に設計・構築できる高度ITイノベーション人材を育成するため、次の4つの方策をもとに教育課程を編成します。

  1. プログラミングを重視した高度IT教育カリキュラム
  2. 講義と演習・実験を適切に組み合わせた「手を動かす教育」
  3. AO入試(SAIL入試)と特別教育プログラム(先進知能情報システム工学実験)による,習熟度に基づいた早期少人数ラボワーク
  4. 幅広い知能情報システム工学分野の中でアイデンティティの確立をガイドするためのコース選択

カリキュラム・ポリシー

知能情報システム工学科では、知能情報システム工学の基礎となるプログラミングや電気回路等の専門基礎科目に実験・演習を組み合わせることで「手を動かす教育」を行い、理解できるまで徹底指導します。これにより、現代社会が抱える諸問題の解決に必須のITスキルを確実に学べます。

知能情報システム工学科では2つのコースを選択できます。「数理情報工学コース」では、計算機工学、数理科学、人工知能、メディア情報処理などについて学び、人間と親和性の高い知的な情報システムを実現するための研究開発能力を育成します。「電子情報工学コース」では、ナノ情報デバイス、通信工学、制御工学、画像・信号処理などについて学び、次世代の情報社会を支える基盤となる高度情報システムを創り出すための研究開発能力を育成します。

また、自然科学に対する興味を発展させながら、主体的に研究開発を進める能力[1. 学習力 (Study)、2. 分析力(Analysis)、3. 企画設計力 (Innovative Design)、4. 論理的発信力 (Logical Presentation)]を育むためのSAIL特別教育プログラムを実施し、習熟度に応じた早期ラボワークの機会を提供します。

カリキュラム

知能情報システム工学科では、基礎となるプログラミングや電気回路等の専門基礎科目に実験・演習を組み合わせることで「手を動かす教育」を行います。専門科目の履修には2つのコースを用意することで、幅広い知能情報システム工学分野の中でアイデンティティを確立します。

学部1年次は、数学、情報工学、電気電子工学の教育に加え、将来の教育研究の動機づけとなる専門基礎科目を配置しています。特に、知能情報システム工学の基礎学問となる「プログラミング」や「電気回路」などの専門基礎科目には、対応する実験・演習科目を配置し、「手を動かす教育」を行います。また、これまでに情報工学科で実施してきたAO入試(SAIL入試)と特別教育プログラム(先進情報工学実験)を発展させ、入試区分によらず習熟度が高い学生には、早期から教員とマンツーマンでラボワークを行う機会を提供するなど、高度ITイノベーション人材の育成が可能な特別教育プログラム(SAILプログラム)を構築します。

学部2年次からは、学生が自らの興味・関心に基づいて、幅広い知能情報システム工学分野の中で確固たるアイデンティティの確立をガイドするカリキュラムパッケージ選択のためのコース分け(「数理情報工学コース」と「電子情報工学コース」の2コース制)を行います。 数理情報工学コースには、「オペレーティングシステム」「情報セキュリティ」「計算機ネットワーク」「コンピュータグラフィックス」など、計算機科学ならびに数理情報工学を指向する専門科目を配置しています。電子情報工学工学コースには、「先端電子デバイス」「ディジタル電子回路」「通信工学」「サステイナブルエネルギー工学」といった高度情報社会の基盤となるシステムエレクトロニクス技術を指向する専門科目を配置しています。いずれのコースも、ハードウェアとソフトウェアの両面から、まだ世に無い知能情報システムを創り出すことを指向した教育・研究を行います。さらに、「人工知能」「パターン認識と機械学習」「ヒューマンインタフェース」「計測・制御工学」など、知能情報システム工学分野に広く共通する専門科目はコース共通科目として開講することで、知能情報システム工学分野に精通した高度IT人材を育成します。

学部4年次に卒業論文を実施する研究室の選択は、コースによらない配属とすることで、コースを超えた高度IT人材の交流を実現します。これにより、将来の知能情報システム工学分野の進展に向けて、情報工学、電気電子工学を核とした学際的研究を主体的に推進する高度ITイノベーション人材を育成します。

区分 専門科目   
学年 専門基礎科目 専門科目 
数理情報工学 電子情報工学 数理情報工学 電子情報工学
4年次

論文・文献講読
卒業論文
3年次    

知能情報システム工学実験2A

オペレーティングシステム
言語処理系
ソフトウェア工学
コンピュータグラフィックス
情報セキュリティ
計算機ネットワーク
データベース
関数プログラミング
オペレーションズ・リサーチ

知能情報システム工学実験2B

ディジタル電子回路
サステイナブルエネルギー工学
メディア伝送工学
通信工学

電子デバイスII
量子力学概論
熱統計力学
パワーエレクトロニクス
先端電子デバイス
電磁波工学

ヒューマンインタフェース
パターン認識と機械学習
画像工学
人工知能
VLSI設計
計測・制御工学

研究室体験配属

インターンシップ

先進知能情報システム工学演習II
先進知能情報システム工学実験IV

2年次 離散数学
アルゴリズム序論
アルゴリズム序論演習
計算機アーキテクチャ
計算機アーキテクチャ演習
電磁気学I
電磁気学II
基礎電子回路
電子デバイスI

知能情報システム工学実験1A

オブジェクト指向プログラミング

知能情報システム工学実験1B

回路理論
電子物性工学
マイクロプロセッサ

情報理論
線形システム

数理統計学

関数論
代数学
社会言語情報論

情報化社会と職業

 

信号処理論
基礎情報数学
アルゴリズム論

先進知能情報システム工学実験II
先進知能情報システム工学実験III

1年次

微分方程式
知能情報システム工学概論
ベクトル解析

プログラミングI
プログラミングI演習
プログラミングII
プログラミングII演習

コンピュータ基礎
基礎電気回路
論理回路
基礎回路演習

先進知能情報システム工学演習I

先進知能情報システム工学実験I

 

取得できる資格

  • 中学校教諭1種免許(数学)
  • 高等学校教諭1種免許(情報)
  • 高等学校教諭1種免許(数学)
  • 博物館学芸員

詳細は、履修案内 をご覧ください。

ディプロマ・ポリシー

  1. 工学者の基礎となる、数学・物理学などの自然科学に関する基礎学力を習得していること。

  2. ①知能情報システム工学の専門家としての基礎をなす、計算機科学、情報工学、電気電子工学の基礎理論を確実に身につけていること。
    ②知能情報システム工学の専門知識に基づいた論理的思考力を身につけていること。

  3. ①知能情報システム工学技術を社会の諸問題に適用して解決しようとする姿勢を身につけていること。
    ②知能情報システム工学の発展に寄与する創造的な研究開発を行う姿勢を身につけていること。

  4. 国内外で様々な人々と協働できる技術者となるために必要なコミュニケーション能力と教養を身につけていること。

アドミッション・ポリシー

  1. 先端的な情報システムの構築、知能情報技術の創出など、新しい情報システムを創り出すことに関心があり、最先端技術の研究者・技術者としてグローバルに活躍したいという意欲を持つ者。

  2. 数学・物理学等の理数系基礎科目、ならびに英語・国語等の基礎科目に十分な学力を有している者。

入試情報

知能情報システム工学科では、次のとおり、個別学力検査を実施します。詳細は、こちら をご覧ください。
また、入試に関する重要なお知らせは、こちら をご覧ください。
3年次編入学については、こちら をご覧ください。

学部説明会

開催日程は、こちら をご覧ください。 

体験教室

開催日程は、こちら をご覧ください。

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら