生体医用システム工学科カリキュラム、入試情報紹介

工学部生体医用システム工学科のカリキュラムを紹介します。

本学科は、物理系・電子情報系といった工学系の科目と、生物・医療系科目を同時に学ぶことができる、ユニークな学科です。医療機器や医用システムを開発するために必要な知識を習得できます。臨床で活躍する医師や、医療に携わる技術者を招へいし、最先端の医療の動向を解説する「臨床医学概論」「臨床医学基礎」といった科目を設定しています。医療応用を見据えた講義・演習・実験を経て、各研究室に配属されて卒業研究へつながっていきます。

 

カリキュラム・ポリシー

基礎科目では、数学、力学、化学等の工学基礎に加えて、生物学基礎について学びます。低学年次(1、2年次)では、医療機器や計測・診断技術の原理としくみにかかわる専門基礎科目として応用数学、電磁気学、プログラミング、臨床医学概論等について学びます。

2、3年次には、医療応用にかかわる医用フォトニクス、医用超音波工学、医用デバイス工学、医用メカトロニクス等について学びます。

さらに、1年次の工学基礎実験および2年次の生体医用工学実験では、複数の学問分野にまたがるテーマに取り組むことで、実験という実証方法を身に付けるだけでなく、柔軟な発想力と応用力を身に付けます。

3年次後半から、研究室に所属して卒業研究を行います。教員の緻密な指導のもとで様々な生体医用工学技術の研究開発に取り組みます。

カリキュラム

低学年次では、数学、物理学、生物学等に加え、医療機器や計測・診断技術のしくみにかかわる専門基礎科目について学びます。高学年次には、医療応用にかかわる医用フォトニクス、医用超音波工学、医用デバイス工学、医用メカトロニクス等について学びます。さらに、3年次後期の研究室体験配属、4年次の卒業論文を通して、企画設計力、研究開発力、論理的発信力を身に付けることができます。

区分  専門科目 
 学年  専門基礎科目  専門科目
4年次 
生体医用システム工学特別演習Ⅰ・Ⅱ
生体医用システム工学特別実験Ⅰ・Ⅱ
卒業論文
3年次 

生体医用工学Ⅱ
生命倫理
生体医用システム工学実験Ⅱ

病理学・薬理学
化学物理
固体物理
光エレクトロニクス
量子技術概論
医用超音波工学
医用メカトロニクス
放射線化学
生体機能工学
医用計測・機器
生体フォトニクス
医用デバイス工学

2年次  量子力学
熱統計力学
波動物理
電子回路
生物学
連続体物理
電磁気学応用
生体医用工学Ⅰ
数理統計学
電気回路
プログラミングⅡおよび演習

生体医用システム工学実験Ⅰ

計測・制御
医用画像工学
AI入門
科学英語ゼミ
抗体免疫学
臨床医学基礎Ⅰ・Ⅱ
生化学
特別ゼミⅡ

1年次  線形代数学Ⅰ・Ⅱ
微分積分学Ⅰ・Ⅱ
電磁気学概論
力学
工学基礎数学
工学応用数学
プログラミングⅠおよび演習
生理学
化学基礎
臨床医学概論
生物学入門

特別ゼミⅠ 

 

取得できる資格

  • 博物館学芸員

詳細は、履修案内をご覧ください。

ディプロマ・ポリシー

  1. 現代医療における計測・診断技術の基本となる物理学や電子情報工学等に関する基礎学力・知識を習得する。

  2. 習得した基礎学力・知識を基にして、生体医療に係る工学技術を総合的に理解する能力を習得する。

  3. 複雑で多様な医療分野のニーズを理解し、従来の学問体系に捉われない柔軟な発想のもとに医療技術の研究開発を行う能力を身につける。

  4. 生体医用工学技術における工学分野と生物学・医学分野の学際的な橋渡しができ、同技術の国際的発展に貢献できるコミュニケーション能力と教養を身につける。

アドミッション・ポリシー

  1. 工学的アプローチによる医療技術の研究開発に関心があり、物理学や電子情報工学といった工学技術を融合的に学び新たな生体医用工学技術を創出したいという意欲を持つ者。

  2. 物理学・化学・生物学等の理科系科目、ならびに数学・英語・国語等の基礎科目に十分な学力を有している者。

入試情報

生体医用システム工学科では、次のとおり、個別学力検査を実施します。詳細は、こちら をご覧ください。
また、入試に関する重要なお知らせは、こちら をご覧ください。
3年次編入学については、こちら をご覧ください。

学部説明会

開催日程は、こちら をご覧ください。

 

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら