工学部 学びの特色

工学部の学びの特色を紹介します。

常に科学技術の最先端を担い、時代をリードする人材を育成する

学部長メッセージ

 東京農工大学工学部は、1874年に設立された内務省勧業寮内藤新宿出張所蚕業試験掛の流れを汲む東京繊維専門学校を前身に、1949年に東京農工大学繊維学部、1962年に工学部に改称して以来、「工学分野の科学技術に関する基礎から専門までの知識と技術を修得することにより、持続可能な社会の実現に生かすことのできるような人材」を送り出してきました。

 本学工学部のミッションを「科学技術で世界を変える人材を輩出すること」と定めています。科学技術で世界を変えるためには、工学分野の高度な専門能力を有することはもちろんのこと、現代社会の複雑多様化した諸問題をいち早く見抜き、それらを解決可能な課題として設定できる能力を身につけることが望まれます。さらには、自分が変えたいと思う世界に自分から飛び込み、現場で実践する強い精神と行動力が必要となるでしょう。

 上に述べたミッションを実現すべく、本学工学部では8学科からなる教育課程を軸に、学部卒業生の80%以上が大学院に進学する実情を鑑みて、大学院教育とのつながりも意識した高度に専門的な教育カリキュラムを編成しています。実践的な実験実習科目や、企業へのインターンシップ、海外語学研修や短期留学など、社会に出たあとにその意義を改めて実感するような教育に特徴があります。さらには、西東京地区近隣の国立大学と協働して、多彩な専門科目を受講できる機会を拡充しています。

 このように、伝統と実績に支えられながらも、時代のめまぐるしい動きにも柔軟に適応しつつ、ひとりでも多くの在学生・卒業生が「科学技術で世界を変える人材」への志を持ち続けられるように、またひとりでも多くの学外の方に、本学工学部が社会の持続的な発展に貢献しているものと認めていただけるよう、全教員職員が一丸となって努力していきたいと考えています。

工学部長 三沢 和彦

アドミッションポリシー(学生受入方針)

工学部の目指す教育は、大自然に対する真理の探究とモノ作りマインドを持った創造力豊かな学生の育成です。様々な考えを持った人たちと対話ができ、あるときは興味のあることに時間を忘れて打ち込むような情熱を持った学生の入学を希望します。

学びの目的・学びの特色

工学部においては、工学分野の科学技術に関する基礎及び専門的知識・技術を教授し、解決すべき諸問題の本質を見抜く能力の涵養とそれらを持続可能な社会の実現に生かすことのできる幅広い教養と専門知識を有する人材を養成することを目的としています。

4年間の学びの流れ(カリキュラム)

教育課程は、学問分野の特色に応じた11の課程(コース)に分かれ、それぞれの目的と理念に基づいたカリキュラム編成となっています。
4年間で学ぶ科目群は、「教養科目」「基礎・専門教養科目」からなります。柔軟性のあるカリキュラムなので、1年次で専門の勉強をしたり、4年次で人文科学系の共通科目の履修をすることも可能です。4年次の卒業論文では、自主的・主体的に研究計画を立て、遂行する能力を養います。

工学部カリキュラム図

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら