国際イノベーション農学コース研究室紹介

国際イノベーション農学コースの研究室を紹介します。

向後 雄二 研究室

地震や豪雨に代表される農地・農村の地盤災害や地盤環境の劣化を軽減し、地盤環境を保全するための解析、対策技術の開発研究を行う。

向後 雄二 研究室

渡邊 裕純 研究室

農薬等の汚染物質の環境動態モニタリングおよびそのモデル化を通して、環境中での動態予測や影響評価を行い、環境影響の低減手法や環境修復手法の提案を行う。

渡邊 裕純 研究室

加藤 亮 研究室

アジアにおける農業の水利用と環境保全の調和について、水文学と流域管理の観点から解析し、生態系サービスの向上に関する研究を行う。

加藤 亮 研究室

五味 高志 研究室

流域水系ネットワークでの水や土の移動現象解明、河川生態系の機能評価を行い、森林や水などの流域資源管理計画や技術について応用していく。

五味 高志 研究室

藤井 義晴 研究室

植物から放出される天然化学物質が他の生物に及ぼす現象(アレロパシー、他感作用)等の生物機能を探索し、その活性が強い被覆植物や作物等を用いた農業技術について研究する。

藤井 義晴 研究室

桂 圭佑 研究室

国内外の多様な農業現場における作物の安定多収栽培技術の開発を、遺伝子型×環境相互作用に着目しながら作物生理学的知見に基づいて行う。

桂 圭佑 研究室

岡崎 伸 研究室

農業や環境修復に役立つ微生物を分離して、ゲノム解析や分子生物学的解析を行い、国内外の持続的農業生産に応用する。

岡崎 伸 研究室

及川 洋征 研究室

熱帯地域における生物生産・資源管理および環境保全に役立つ、農林業技術の探索・開発について研究し、現地での改良を図る。

及川 洋征 研究室

山田 祐彰 研究室

開発途上地域の社会経済文化的諸条件に適合し、環境により優しい持続型農業の開発と普及に関する示唆に富んだ事例を研究する。

 

竹内 郁雄 研究室

途上国・地域の開発・協力の諸問題を、経済学を基礎としつつ、地域の固有性をも踏まえて考察する。

 

川端 良子 研究室

国際的な乾燥地における水質を中心とした環境問題の実態解明を行い、その修復や対応策などについて計画を行う。

聶 海松 研究室

持続可能な開発を効果的に実現する人口動態に注目しつつ、途上諸国・地域、特に中国の人口問題に関する調査研究を行う。

聶 海松 研究室

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら