農学府アドミッション・ポリシー

  1. 幅広い視野と専攻分野を学ぶための十分な基礎学力をあわせもち、高い倫理性を身につけた者
  2. 地域社会や国際社会における食料・生命・資源・環境など様々な問題に関心を持ち、研究を通じて、主体的に考え、他の人と協力・協働して、研究課題の解決や社会の発展に貢献する意識の高い者
  3. 人類が直面している諸課題に対し、多面的に考察・判断して研究課題を自ら設定する事ができ、その課題に果敢に挑戦する意欲のある者
  4. 日本語、外国語を問わず、高いコミュニケーション能力を有する者

農学専攻(修士課程)

 国際的な視野での農学分野でのリーダーを育成することを目指し、以下のような人材を求める。

  1. 農学分野に関する十分な基礎学力を有する者
  2. 研究や講義履修に必要な英語力とコミュニケーション能力を有する者
  3. 研究課題に積極的に取り組む意欲と探究心を持ち合わせている者
  4. 幅広い視野や興味に立脚した創造性豊かな研究や技術を展開する実行力に満ちた者

共同獣医学専攻(4年制博士課程)

1.人材育成目的

 共同獣医学専攻では、共同獣医学科で掲げた理念を更に深化し、動物基礎医学を基盤とした革新的な発想を持ち、獣医衛生科学分野及び獣医臨床医科学分野を先導する研究リーダーを育成することを目的としている。

2.入学者に求める資質

① 知識・技能・理解

  • 専攻する獣医学及び動物科学に関して十分な基礎学力並びに技術を有している者

② 思考力・判断力・表現力

  • 研究活動に必要な英語力とコミュニケーション能力を備えている者

③ 関心・意欲

  • 研究課題に積極的に取り組む意欲と探究心を持ち合わせている者
  • 研究倫理及び獣医倫理に関して深い関心を有している者

④ 主体性・協働性

  • 幅広い視野に立ち創造性豊かな研究を展開する実行力に満ちた者

3.入学前に修得しておくことを期待する内容

 大学院において専門的な学術研究に従事していくため、獣医学に関する基礎的な知識を修得していること。

4.入学者選抜の基本方針

(1)一般入試

 筆記試験で「知識・技能・理解」「思考力・判断力・表現力」を、口頭試問で「知識・技能・理解」「思考力・判断力・表現力」「関心・意欲」「主体性・協働性」を評価し、出願書類では「知識・技能・理解」「関心・意欲」を中心に総合的に評価する。

(2)外国人留学生特別入試

 口頭試問で「知識・技能・理解」「思考力・判断力・表現力」「関心・意欲」「主体性・協働性」を評価し、出願書類では「知識・技能・理解」「関心・意欲」を中心に総合的に評価する。


入学者選抜試験の検査方法と評価要素

  知識・技能・理解 思考力・判断力・表現力 関心・意欲 主体性・協働性 備考
<一般入試>
筆記試験



<一般入試>
口頭試問
(プレゼンテーションを含む)

<一般入試>
出願書類



<外国人留学生特別入試>
口頭試問
(プレゼンテーションを含む)

<外国人留学生特別入試>
出願書類



CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら