生物システム応用科学府の学生の皆さんへ(2020年4月17日)

東京農工大学大学院
生物システム応用科学府長

 新型コロナウイルスの感染拡大防止を受け、本学でもキャンパスへの入構制限が実施されています。BASE学府においても、学生の皆さんには自宅にて学修と研究を進めていただかざるを得ない状況です。本学の対応方針(告示)*1と行動規範(在学生向け*2・新入生向け*3)をあらためて確認していただければと思います。
 そのため、当初4月20日に延期した新入生に向けたオリエンテーションは中止といたします。新入生の履修に関しては別途資料を配布しますので、研究室で指導を受けるとともにそれを参照してください。
 講義についてはオンライン講義の準備が進められています。5月11日(月)以降にオンライン講義が提供される予定です。また、コロナウイルスが消退期に至ったと判断された場合には、6月1日以降通常の対面講義を実施する計画です。本学府ホームページあるいはWeb掲示板等を使って、来週以降にオンライン講義の開講について案内をする予定です。なお、毎年行っている安全講習についてもオンライン形式で実施しますので必ず聴講してください。
 研究についても各研究室にてオンラインで指導を受ける状況となります。自宅待機の機会をむしろ積極的に捉え、自分の研究テーマを振り返り、インターネットを活用して関連研究の文献調査*4を行う、あるいはこれまでの研究成果を論文にまとめる準備をするなど、研究を深める時間に充てることを期待します。
 今はウイルス感染の拡大を抑えることが社会全体の喫緊の課題です。自宅においても手洗い・消毒の励行、健康の維持管理に心がけてください。密閉・密集・密接(3密)を避け、不用意な行動を慎み、自分自身の健康を確保するとともに、社会ができるだけ早く健康と安定を取り戻せるよう、協力をお願いいたします。

2020年4月17日

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら