海外渡航を予定している学生の皆様/To students who plan to travel abroad

2022年6月17日現在

海外滞在中に新型コロナ感染又は感染の疑いのある症状が発生した場合の対応フロー / 海外から日本に帰国・入国する場合の遵守事項 / 海外渡航・留学等に係る手続きについての各部局の担当窓口

 海外渡航・留学については、下記のガイドラインに沿って、渡航先での安全確保の状況、活動内容等を確認した上で派遣を行っています。ガイドラインは、外務省による各国の状況を踏まえた危険情報・感染症危険情報や、我が国における海外からの帰国者に対する水際対策措置等を踏まえながら適宜、見直しを行っています。

海外渡航・留学再開についてのガイドライン:

(English version)

2022年5月26日付けで一部国・地域について感染症危険レベル1に危険情報レベルの引き下げが行われています。 渡航を予定されている国・地域の危険レベル及び危険地域・危険情報については、上記の外務省「海外安全ホームページ」でご確認ください。

※渡航先国・地域によっては、日本からの渡航前に渡航前検査の実施等が必要な場合もあります。また、数日間の短期渡航に際してもビザの取得を義務付けられているケースもありますので、上記外務省サイト及び渡航先国の駐日大使館/領事館サイト等で渡航に際して必要な事項をよく確認するようにしてください。

渡航先国において渡航前検査の取得が義務付けられている場合、下記厚生労働省のサイトを活用して検査機関を探すことができます。(日本への入国者が検査を受ける際の検査機関検索用に作成されたサイトですが、各機関において英語等での証明書発行かどうかも掲載されていますので、海外渡航の際に渡航前検査機関を探す際にも活用いただけます。)

◆注意◆ 渡航先国によっては、検査証明書の様式または記載必要項目が指定されていることがあります 。検査機関によっては渡航先国の要件を満たす検査証明書の発行ができない機関もありますので、 事前に渡航先国の駐日大使館/領事館サイト等で検査証明書の指定様式又は記載必要項目等の要件を確認の上、検査機関に要件を満たす証明書の発行が可能か否かを確認するようにしてください

厚生労働省「PCR、抗原検査を受検できる日本国内の検査機関の検索サイト」
https://www.c19.mhlw.go.jp/search/

 

Updated 海外滞在中に新型コロナ感染又は感染の疑いのある症状が発生した場合の対応フロー

海外滞在中に新型コロナ陽性となった、又はコロナに感染したかもしれない症状がある場合、下記フローに沿って対応を行っていただくこととなります。
If you are infected with or suspected of being infected with COVID-19 while you are abroad,
please take the necessary actions and procedures according to the linked flowchart below.

★渡航中の感染事例も増えていますので、渡航前に本フローをよく確認しておいてください。
Since the number of cases of infection during travel/study abroad is increasing, please review the flowchart carefully before traveling to your destination.

★新型コロナに感染又は感染の疑いのある場合、 下記Googleフォームを入力し、速やかに大学に状況を連絡してください。 (その他の病気、ケガ、事故等の場合にも同様に下記Googleフォームを通じて大学に状況を連絡してください。)

If you are infected with or suspected of being infected with COVID-19 while abroad, please report to TUAT via the following Google form and inform your situation ASAP. (Please also report via the Google form if you become ill, injured or encounter an accident, etc.)

◆大学への連絡用Googleフォーム Google Form to contact TUAT
https://forms.gle/SvRS9kxjLZMcyUZMA

Updated 海外から日本に帰国・入国する場合の遵守事項:

海外から日本に入国・帰国する場合には、外国籍・日本国籍に関わらず、 下記の厚生労働省サイトに記載された防疫事項を守ること が求められていますので、海外に渡航する際には、事前に下記厚生労働省サイトに記載された案内をよく確認してください。

日本に帰国する際、いずれの国から帰国の場合も、渡航先国の医療機関において出国前72時間以内に日本政府の定める所定要件を満たす出国前検査を行い、新型コロナウイルス陰性証明書の取得が必須となります。 学会等の短期渡航を予定する際には、現地日本大使館や学会事務局、渡航先機関等の情報をよく参照の上、日本出発前に現地で検査を受けられる機関を確認するなど、下調べや準備を行ってください。 (2022年6月以降、日本政府の定める検査証明書の記載必要項目が変更され、発行医療機関の印影等、旧様式にあった記載項目の一部が不要となりました。また、所定の記載事項を満たす場合、所定様式を使用する必要がなくなりました。詳細は下記厚生労働省サイトでご確認ください。)

防疫事項は出発国により異なります。 また、頻繁に変更されますので、 日本への帰国前に最新情報を確認してください。

• 厚生労働省「日本入国時の検疫措置」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/border_procedure.html

• (注意) 日本帰国後に発熱・咳・息苦しさなどの症状がある場合  ※帰国後10日間は特に注意してください。

1. 医療機関の受診をお願いします。
受診できる医療機関がわからない場合は、下記の東京都「東京都発熱相談センター」に相談 することができます。(症状に応じて、受診できる医療機関等を紹介してくれます。)
※呼吸が困難など、症状が深刻な場合は、直接、「119」に電話し、救急車を呼んでください。 (救急車の呼び方は下記の消防庁サイトを参照して下さい。)

• 東京都「発熱相談センター」(日本語の他、英語、中国語ほか、多言語対応可)
 電話番号:03-5320-4592
 受付時間:24時間(土日祝日を含む毎日)
 ・https://covid19.supportnavi.metro.tokyo.lg.jp/service/EDp1nr1qF93oYS5J
• 消防庁「訪日外国人のための救急車利用ガイド」
 ・(English ver.)https://www.fdma.go.jp/publication/portal/post1.html

2. 大学に報告してください。
コロナ感染が疑われる場合には、Googleフォームから大学に報告してください。
https://forms.gle/x7TN85zxEATLghmZ6

〔海外渡航・留学等に係る手続きについての各部局の担当窓口〕

〇農学部/農学府の学生:
  府中学生支援室 教務第2係
  a-nyushi(ここに@を入れてください)cc.tuat.ac.jp
〇連合農学研究科の学生:
  府中学生支援室 連合農学研究科学生係
  rendai-d(ここに@を入れてください)ml.tuat.ac.jp
〇工学部/工学府/BASEの学生:
  小金井学生支援室 教務係
  tkyomu1(ここに@を入れてください)cc.tuat.ac.jp

本件問い合わせ先

学務課 国際交流室
電話 042-367-5913
E-mail kokusai*cc.tuat.ac.jp
“*”を@に代えて下さい。

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら