国内最大の化学ポータルサイトに工学府応用化学専攻1年の神野峻輝さんの記事が掲載されました

2022年7月4日

本学工学府応用化学専攻 神野峻輝さん(博士前期課程1年)の研究が、日本最大の化学ポータルサイト「Chem-Station」に掲載されました。

これは、工学研究院応用化学部門の森啓二准教授が、2022年6月9日にプレスリリースした
「嵩高いケチミンを作るには?分子内の転位反応を利用した新規ケチミン合成」
を受けて、当該研究論文の共著者である、神野さんに取材依頼があったものです。

難解な研究テーマについて、とても分かりやすく紹介されておりますので、是非ご覧ください。

関連リンク(別ウィンドウで開きます)

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら