トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム

官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~について、第9期生の募集を行います。
応募希望者は下記要項をお読みください。

本事業の特徴

□民間企業が寄付金を出資し、審査・研修にも参加
□成績要件なし(ただし、大学で学修活動としての承認を得る必要あり)
□奨学金のほか授業料、渡航費の支援、研修の実施など手厚いサポート
□単なる語学研修ではなくインターンシップ、ボランティア等主体的実践的活動を重視 など

募集概要

◆主な要件
・日本国籍を有する学生または永住が許可されている学生
・大学が派遣を許可し、留学計画書に記載された留学先機関が受入れを許可する学生
・本学において卒業又は学位取得を目的とした課程に在籍する学生
・留学に必要な査証を確実に取得し得る学生
・留学終了後在籍大学に戻り学業を継続する、または学位を取得する学生
・平成30年4月1日現在で30歳以下
・本制度において過去に派遣留学生として採用されていない学生
・本制度で実施する事前・事後研修及び留学生ネットワークにに参加できる学生
・インターンシップでの報酬や他団体から留学のための奨学金を受ける際はその平均月額が本制度奨学金の支給月額を超えない学生
※日本学生支援機構の第二種奨学金に掲げる家計の基準を満たす学生の場合は『大学全国コース』、
   満たさない場合は『大学オープンコース』での申請となります(家計基準以外の要件は、どちらも変わりません)。

◆採用人数 500人
 ※理系は220人(このうち、未来テクノロジー人材枠として2割を採用)
 ※未来テクノロジー領域(人口知能、IoT、ビックデータ、サイバーセキュリティ、ロボティクス及びその基盤となるデータサイエンス)に関する学修やインターンシップ、実験・実習などの実践活動を特に支援するもので、在籍学校の専攻分野との繋がりや、過去の取り組み実績(研究実績、受賞歴等)を重視して評価します。

◆留学期間
・平成30年8月11日~31年3月31日の間に留学開始
・28日~2年以内の計画(3か月以上推奨)

◆事前・事後研修
採用された学生には、留学前後に留学目的を明確化し、成果をフォローアップするための事前・事後研修を実施
(※事前研修は留学時期により平成30年7月~8月または12月に実施)

◆奨学金等
・奨学金 月額12万円又は16万円(※留学地域により異なる)
 ※大学オープンコースの場合、留学地域に関わらず月額6万円となります。
・留学準備金(渡航費等) 15万円又は25万円(※留学地域により異なる)
・授業料 定額30万円(13ヶ月以上の留学は定額60万円)
 ※学位を取得可能な大学・大学院・短期大学を留学先機関とし、留学計画に沿った専門分野を学ぶことを目的とした授業の授業料を支援の対象とします。

◆募集要項
本プログラムの詳細については、以下のHPをご覧いただき、「支援の対象」「支援の内容」「派遣留学生の要件」等を必ず確認してください。

トビタテ!留学JAPAN公式HP(文部科学省)

◆申請書類の作成・提出
①留学計画
②自由記述申請書
③留学先機関の受入許可証等、留学計画の実現性を証明できる文書等の写し
④家庭の所得状況がわかる書類

※新設の「未来テクノロジー人材枠」へ応募の学生のみ、②は不要。これに代えて応募者が留学することを推薦する「推薦書」等を提出してください。(詳しくは、平成30年度トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラムの募集要項8ページを参照)

※「トビタテ!留学JAPAN」ホームページからオンラインで入力・申請することになります。
    ただし、各学生の留学計画について大学の承認が必要となりますので、
   「エクセル様式」により作成し、エクセル様式の1枚目に所属学科教育委員または指導教員の確認印を頂いてください。
    その後、国際交流課に提出してください。

※研究室に配属されていない学生は、留学計画について各学科の教育委員の先生に相談し、内容の確認を得てください。

※③については、申請時に既に用意できている場合のみ添付してください。

※④については、給与所得の源泉徴収票や課税証明書等、世帯主の所得がわかるもの。
     平成30年4月1日現在で大学院生(予定を含む)の場合は、本人の状況。

 

※第9期のトビタテ申請において、不採用になった場合※

【概要】オーストラリア・クイーンズランド州政府から奨学金を受けるチャンスがあります。この支援制度は、第9期のトビタテ申請において残念ながら不採用になった場合、応募できる奨学金制度です。

●内容:奨学金の支給(14人、総額180,000豪ドル)、半年間の授業料免除

●要件:オーストラリア・クイーンズランド州政府が指定する大学に1年間以上留学すること

この支援制度に応募するためには、トビタテ不採用となった場合に本制度に応募する意思があることを、トビタテ申請(オンライン申請)の際にあらかじめ明示しておくことが必要です。そのほか、以下の要項も必ず確認してください。

(注意1)トビタテ申請時の計画において、オーストラリア・クイーンズランド州政府が指定する大学を留学先としていなくても、変更する意思があれば応募可能です。

(注意2)トビタテ申請時の計画において、1年未満の留学を計画していても、変更する意思があれば応募可能です。

トビタテ!オーストラリア・クィーンズランド州留学枠大学生等コース

【採用の流れ】

1.トビタテ申請(オンライン申請)

※トビタテ不採用となった場合に本制度に応募する意思があることを、あらかじめ明示しておくために、「3.受入れ機関情報及びスケジュール」の「第2希望以降の受入れ機関を設定する理由」欄に、「トビタテ!オーストラリア・クイーンズランド州留学枠大学生等コースを希望する」と記載。

2.トビタテ採否結果通知【6月中旬】

3.不採用となった学生に対して、クイーンズランド州の大学から直接連絡【6月中旬】

※英語力の証明/成績証明書等、各大学が定める書類

4.学生から必要書類を提出

5.クイーンズランド州の大学から直接採否結果の連絡、支給手続きの説明【7月中旬】

留学計画書 エクセル様式

◆申請書類の締切・提出先
学内締切:平成30年2月2日(金)12:00(厳守!)

①留学計画
②自由記述申請書
③留学先機関の受入れ許可証等、留学計画の実現性を証明できる文書等の写し
→電子データで、国際交流課アドレスまで提出。

④家庭の所得状況がわかる書類
→紙媒体で、以下まで提出。
府中:国際交流課(府中キャンパス学生系事務棟1階)
小金井:教務窓口(小金井キャンパス管理棟1階)

◆募集スケジュール
平成30年2月2日(金) 学内申請締切

平成30年3月上旬~4月中旬 書面審査

平成30年5月12日、13日 (東京) 面接審査

平成30年6月中旬 採否決定

(平成30年8月~12月留学開始) 事前研修 下記日程のいずれか

  1. 平成30年7月30日(月)、7月31日(火)
  2. 平成30年8月1日(水)、8月2日(木)
  3. 平成30年8月4日(土)、8月5日(日)
  4. 平成30年8月6日(月)、8月7日(火)

(平成31年1月~3月留学開始)   事前研修 平成30年12月(予定)

8月11日~ 留学開始

【学内説明会を実施します!!】 

府中キャンパス    12月13日(水)12:10~ 第1講義棟18教室

小金井キャンパス 12月14日(木)12:10~ L1113 本学トビタテ生の体験談聞けます!

【本件に関する問い合わせ】
国際交流課
メール kokusai"ここに@が入る"cc.tuat.ac.jp

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら