宮本潤基准教授が「第19回日本農学進歩賞」を受賞

2020年12月2日

農学研究院応用生命化学部門宮本潤基准教授が、2020年11月27日(金)「第19回日本農学進歩賞」を受賞しました。

■受賞名

公益財団法人農学会「第19回日本農学進歩賞」

■受賞概要

・受賞業績:食由来栄養シグナルに基づく宿主生体恒常性維持機構の解明

・受賞理由:食事は、私たちと共生関係にある腸内細菌に影響を及ぼし、その結果として産生される食由来代謝物が細胞膜上受容体を介した食由来栄養シグナルとして私たちの健康に影響を及ぼすことが期待される。

・賞の概要:人類と多様な生態系が永続的に共生するための基盤である農林水産業およびその関連産業の発展に資するために、農学の進歩に顕著な貢献をした者を顕彰する。

関連リンク(別ウィンドウで開きます)

•東京農工大学 宮本潤基准教授 研究者プロフィール
•宮本潤基准教授が所属する 東京農工大学農学部応用生物科学科

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら