伏見千尋准教授が「The Best Scientific Paper Award (3rd International Conference on Biomass 2018) 」を受賞

2018年8月3日

 工学研究院 応用化学部門 伏見千尋准教授が、2018年8月1日、3rd International Conference on Biomass 2018において「The Best Scientific Paper Award」を受賞しました。

■受賞名
 The Best Scientific Paper Award (3rd International Conference on Biomass 2018, 第3回 国際バイオマス会議 2018) インドネシア、ボゴール 

■受賞概要
・受賞題目:Optimization of Reaction Condition of Hydrothermal Liquefaction and Supercritical Methanol Method for Biofuel Production from Microalgae
・賞の概要:International Conference on Biomassは2年前に始まったバイオマスの利用に関する国際会議で今年で3回目です。このBest Scientific Paper Awardは、事前に提出したConference paper101件に対して審査され、5件が選ばれました。当研究については、その中でも1位の評価でした。

3rd International Conference on Biomass 2018(別ウィンドウで開きます)

関連リンク(別ウィンドウで開きます)

•東京農工大学 伏見千尋准教授 研究者プロフィール
•東京農工大学 伏見千尋准教授 研究室WEBサイト
•伏見千尋准教授が所属する 東京農工大学工学部化学システム工学科

 

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら