酒井憲司教授が「日本農業工学会賞」「新農林社賞」「日本農業工学会フェロー」を受賞

2018年5月21日

農学研究院農業環境工学部門の酒井憲司教授が、2018年5月15日、「日本農業工学会賞」を受賞しました。あわせて「新農林社賞」「日本農業工学会フェロー」を授与されました。

受賞名(1) 日本農業工学会賞
■受賞概要
・受賞業績:「カオス理論農学応用の為の頑健カオス解析法」
・賞の概要:農業工学分野における学術、技術の進歩・発展に貢献した特に優れた研究業績に授与される。
・研究業績:カオス理論を農学の諸現象理解に役立てようとした場合、ノイズ混入とデータサイズの極小性という2つの困難(ノイズ識別問題とデータサイズ問題)が存在する。これを克服するため、正規化決定論的非線形予測法およびダイナミクスのアンサンブル再構成法を開発した。これによって、農業現場で得られる精度の実データに対してもカオス解析を安定的に適用できる道が拓かれた。

受賞名(2) 新農林社賞
■受賞概要:農業工学分野における特に優れた研究業績と農業の発展への貢献に授与される。

受賞名(3) 日本農業工学会フェロー
■受賞概要:長年に亘って、農業工学分野の学問技術の発展に貢献した多大な功績に授与される。

 

日本農業工学会総会の後に、授賞式、受賞講演会、祝賀会が東京大学弥生キャンパス中島董一郎記念ホールにて開催されました。


日本農業工学会(別ウィンドウで開きます)
米国物理学協会ニュースリリース(別ウィンドウで開きます)

 

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら