JST創発的研究支援事業に本学より3名が採択されました。

2021年12月8日

2021年11月26日JST(科学技術振興機構)は、創発的研究支援事業において2021年度新規採択課題を決定いたしました。
本事業におきまして、本学の教員3名が採択されましたのでお知らせいたします。

所属  教員名  役職  研究課題名 
 グローバルイノベーション研究院/農学研究院  新村 毅   教授  家畜における致死的暴力性の起源の解明と制御
 工学研究院  藤田 桂英  准教授  つながる人工知能の実現 ーAI間交渉・協調ー
 グローバルイノベーション研究院/工学研究院   村岡 貴博  教授  細胞膜から着想する生体操作分子の開発

 

JSTのプレスリリ-スはこちら(別リンクで開きます)

JSTの発表はこちら

創発的研究支援事業は、特定の課題や短期目標を設定せず、多様性と融合によって破壊的イノベーションにつながるシーズの創出を目指す「創発的研究」を推進するため、既存の枠組みにとらわれない自由で挑戦的・融合的な多様な研究を、研究者が研究に専念できる環境を確保しつつ原則7年間(途中ステージゲート審査を挟む、最大10年間)にわたり長期的に支援するものです。

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら