本学の感染拡大防止に向けた取組状況

東京都「感染拡大の早期探知のためのモニタリング検査」への協力

 東京都では、感染の再拡大の端緒を適切に捉え、感染者を早期に探知することで再拡大を防止するため、民間検査機関等を活用し、「感染拡大の早期探知のためのモニタリング検査」を実施しています。本学にも協力依頼があったことから、感染の早期発見及び感染拡大防止の観点から、学生・教職員に対して、本検査の積極的な活用を促しています。
 6月8日~30日の期間において本学の582名が本検査を受検した結果、陽性疑いの者は0名でした。東京都では引き続き10月まで本検査を実施することから、学生・教職員に対して、本検査の実施について改めて周知を行う予定です。

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら