工学部生命工学科4年の新田颯生さんが第8回サイボウニクス研究会「優秀研究・オーディエンス賞」を受賞

2023年1月12日

工学部生命工学科4年の新田颯生さんが、2022年12月17日に第8回サイボウニクス研究会「優秀研究・オーディエンス賞」を受賞しました。

■受賞名

「優秀研究・オーディエンス賞(口頭発表)」

■受賞者

新田 颯生(にった そうき)さん

工学部・生命工学科4年

聖ウルスラ学院英智高等学校2018年度卒業

指導教員:工学研究院 生命機能科学部門 川野 竜司 教授

■受賞概要

●テーマ:「ガラスキャピラリ流路によるリポソームの作製」

●内 容:感覚・知能・運動機能を持つ生体分子システムである分子ロボットのボディとして、現在、細胞サイズのリポソームが注目されています。従来の手法では、リポソーム作製するまでの時間、収率に課題がありました。本研究では、マイクロ流体デバイスを用いてリポソームを作製、評価しました。

●受賞日:2022年12月17日

●参加学会等:第8回サイボウニクス研究会

http://sci.jpn.org/saibounics/meeting/(受賞ページ)

 

 

 

 

関連リンク(別ウィンドウで開きます)

•東京農工大学工学部

•新田颯生さんを指導する川野竜司教授 研究者プロフィール  研究室WEBサイト  

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら