農学府・農学専攻2年の久保田諒介さんが日本植物病理学会関東部会「学生優秀発表賞」を受賞

2022年3月29日

農学府・農学専攻2年の久保田諒介さんが、2021年9月28日に日本植物病理学会関東部会「学生優秀発表賞」を受賞しました。

■受賞名

「学生優秀発表賞」

■受賞者

久保田 諒介(くぼた りょうすけ)さん

農学府・農学専攻2年

東京都立八王子東高等学校卒業

指導教員:農学研究院 応用生命化学部門 佐々木信光 准教授

■受賞概要

●テーマ:「ジャガイモXウイルスの細胞間移行に与えるタバコの膜タンパク質NtREMの一過的過剰発現の影響」

●内 容:日本の農作物に大きな打撃を与える植物ウイルスの感染の仕組みを調べることでその被害を小さくすることが研究の目的です。この研究から、植物のレモリンという膜タンパク質が主要な病害ウイルスであるジャガイモXウイルスの感染を助ける機能をもつことが分かりました。

●受賞日:2021年9月28日

●参加学会等:日本植物病理学会関東部会

   https://www.ppsj.org/(学会ページ)

   https://www.ppsj.org/pdf/meeting/2021kanto_prog.pdf(部会ページ)

 

 

関連リンク(別ウィンドウで開きます)

•東京農工大学大学院農学府
•久保田諒介さんを指導する佐々木信光准教授 研究者プロフィール 

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら