連合農学研究科生物生産科学専攻1年の作田康平さんが日本植物病理学会関東部会「学生優秀発表賞」を受賞

2022年2月8日

連合農学研究科生物生産科学専攻1年の作田康平さんが、2021年9月28日に日本植物病理学会関東部会「学生優秀発表賞」を受賞しました。

■受賞名

「学生優秀発表賞」

■受賞者

作田 康平 (さくた こうへい)さん

連合農学研究科・生物生産科学専攻1年

埼玉県立蕨高等学校卒業

指導教員:農学研究院 生物制御科学部門 森山裕充教授

■受賞概要

●テーマ:「アスパラガス疫病菌に感染するPhytophthora endornavirusの完全長cDNAクローン構築」

●内 容:「農作物及び植物病原糸状菌に内在するエンドルナウイルスが宿主に付与する機能解析」に取り組んでいます。長鎖RNAをゲノムとするエンドルナウイルスが、宿主内で持続的に潜伏感染する複製機構や、宿主に付与する薬剤耐性現象を解明し、農作物品種改良や病原菌に対する生物防除資材としての利用など農業への応用展開を目指しています。

●受賞日:2021年9月28日

●参加学会等:日本植物病理学会関東部会

https://www.ppsj.org/pdf/meeting/2021kanto_prog.pdf(部会プログラムページ)

 

関連リンク(別ウィンドウで開きます)

•東京農工大学大学院連合農学研究科

•作田康平さんを指導する森山裕充教授 研究者プロフィール  

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら