生物システム応用科学府 共同先進健康科学専攻3年の芳之内翔成さんがファンクショナルフード学会「Functional Food Research 2021 優秀論文賞」を受賞

2022年2月2日

生物システム応用科学府 共同先進健康科学専攻3年の芳之内翔成さんが、2022年1月8日にファンクショナルフード学会「Functional Food Research 2021 優秀論文賞」を受賞しました。

■受賞名

「Functional Food Research 2021 優秀論文賞」

■受賞者

芳之内 翔成(よしのうち しょうせい)さん

生物システム応用科学府・博士課程 共同先進健康科学専攻3年

愛媛県立松山東高等学校2011年度卒業

指導教員:工学研究院 工学研究院 生命機能科学部門 稲田全規 准教授

■受賞概要

●テーマ:「柑橘の機能性食品開発と質量分析イメージング解析への応用」

●内 容:超高齢社会の日本においては、食による生活習慣病の予防が重要です。本研究では、農産物における天然由来因子や化合物の組織分布を可視化することに成功し、可食部の判定や生産管理において、新たな指標を確立することができました。今後、機能性表示食品の開発などに向けた幅広い応用が期待されます。

●受賞日:2022年1月8日

●参加学会等:ファンクショナルフード学会

http://glucosamine.kenkyuukai.jp/about/(学会ページ)

 

関連リンク(別ウィンドウで開きます)

•東京農工大学大学院生物システム応用科学府
•芳之内翔成さんを指導する稲田全規准教授 研究者プロフィール  

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら