連合農学研究科 環境資源共生科学専攻1年の根津郁実さんが森林遺伝育種学会第10回大会「学生発表優秀賞」を受賞

2022年2月1日

連合農学研究科 環境資源共生科学専攻1年の根津郁実さんが、2021年11月5日に森林遺伝育種学会第10回大会「学生発表優秀賞」を受賞しました。

■受賞名

「学生発表優秀賞」

■受賞者

根津 郁実 (ねづ いくみ)さん

連合農学研究科・環境資源共生科学専攻 1年

宇都宮女子高校卒業

指導教員:宇都宮大学 地域創成科学研究科 石栗太准教授

■受賞概要

●テーマ:「宇都宮大学構内で生育したユリノキの肥大成長と容積密度の関係」

●内 容:近年、日本における早生樹林業の樹種として、ユリノキが注目されています。早生樹林業実現のためには、成長と材質の両方を考慮した施業方法や伐期の設定が重要となります。本研究では、ユリノキの肥大成長と容積密度の半径方向変動を調査し、その結果、肥大成長速度が低下するタイミングで、比較的安定した密度を有する木部を形成し始めることを明らかにしました。

●受賞日:2021年11月5日

●参加学会等:森林遺伝育種学会第10回大会

http://www.fgtb.jp/meeting.html(研究発表会ページ)

 

関連リンク(別ウィンドウで開きます)

•東京農工大学大学院連合農学研究科

•根津郁実さんを指導する石栗太准教授 研究者プロフィール  

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら