工学府 応用化学専攻3年の高松晃大さんが日本ゴム協会第32回エラストマー討論会「ポスター優秀発表賞」を受賞

2022年1月26日

工学府 応用化学専攻3年の高松晃大さんが、2021年11月24日に日本ゴム協会第32回エラストマー討論会「ポスター優秀発表賞」を受賞しました。

 

■受賞名

 「ポスター優秀発表賞」

 

■受賞者

高松 晃大(たかまつ こうだい)さん

工学府・博士後期課程 応用化学専攻3年

都立竹早高校2013年度卒業

指導教員:工学研究院 応用化学部門 斎藤拓 教授

 

■受賞概要

●テーマ:「ミルフィーユ構造を形成したSBSブロック共重合体のキンク変形挙動」

●内 容:ミルフィーユ構造を形成させたスチレン系エラストマーSBSを伸長した際、折れ曲がり(キンク)構造が形成することが分かった。さらにキンク構造の形成により、成分高分子鎖が引き伸ばされないことを見出した。 これによりミルフィーユ構造の破壊が抑制され、SBSが高強度化することを明らかにした。

●受賞日:2021年11月24日

●参加学会等:日本ゴム協会第32回エラストマー討論会

https://www.srij.or.jp/elastomer2021/

(討論会ページ)

https://www.srij.or.jp/

(学会ページ)

 

関連リンク(別ウィンドウで開きます)

•東京農工大学大学院工学府
•高松晃大さんを指導する斎藤拓教授 研究者プロフィール  研究室WEBサイト

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら