生物システム応用科学府生物機能システム科学専攻修了生の安田育武さん,片井拓弥さん,岡留寛斉さん,渡邉晃介さんが「日本生体医工学会 論文賞・阪本賞」を受賞

2022年7月8日

生物システム応用科学府生物機能システム科学専攻修了生の安田育武さん、片井拓弥さん、岡留寛斉さん、渡邉晃介さんが、2022年6月29日に「日本生体医工学会 論文賞・阪本賞」を受賞しました。

■受賞名

「日本生体医工学会 論文賞・阪本賞」

■受賞者

・安田 育武(やすだ いくむ)さん

生物システム応用科学府・博士前期課程生物機能システム科学専攻2020年修了

都立武蔵野北高校2013年度卒業

・片井 拓弥(かたい たくや)さん

生物システム応用科学府・博士前期課程生物機能システム科学専攻2019年修了

徳山工業高専2014年度卒業

・岡留 寛斉(おかどめ かんさい)さん

生物システム応用科学府・博士前期課程生物機能システム科学専攻2021年修了

鶴丸高校2013年度卒業

・渡邉 晃介(わたなべ こうすけ)さん

生物システム応用科学府・博士前期課程生物機能システム科学専攻2021年修了

蕨高校2014年度卒業

4名の指導教員:工学研究院 先端電気電子部門 桝田晃司 教授

 

■受賞概要

●テーマ:「複数の超音波ボリュームを用いた3次元血管網拡張と撮像状況の変化に対する有効性の検証」

●内 容:本研究は、主に肝臓や腎臓といった生体内の血管網の3次元形状を描出する目的で、複数の断片的な超音波画像データをつなぎ合わせて構成する方法を開発したものであり、通常、血管網形状を得るためにはCTなどが使われるが、より簡便な超音波を用いて実現できることを明確に示したことが評価された。

●受賞日:2022年6月29日

●参加学会等:日本生体医工学会

http://jsmbe.org/(学会ページ)

 

 

関連リンク(別ウィンドウで開きます)

•東京農工大学工学部

•東京農工大学大学院生物システム応用科学府

•4人を指導した桝田晃司教授 研究者プロフィール  研究室WEBサイト   

 

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら