中村修二特別栄誉教授が「全米発明家殿堂」入りします

2015年2月4日

2015年1月29日(米国時間)、米国の非営利団体「全米発明家殿堂」(別リンクで開きます)は、中村修二 東京農工大学特別栄誉教授(現職:米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授)が、発明家殿堂入りすることを発表しました。
2012年に本学の遠藤章特別栄誉教授(別リンクで開きます)が殿堂入りを果たしており、中村修二特別栄誉教授は日本人二人目の殿堂入りになります。

また、中村修二特別栄誉教授は、去る1月6日(米国時間)には、全米工学アカデミーのチャールズ・スターク・ドレイパー賞(別リンクで開きます)を受賞されています。

本学特別栄誉教授授与式での松永学長(左)と中村特別栄誉教授

中村修二教授の特別栄誉教授授与式(平成27年1月15日)の様子(別リンクで開きます)は、こちらからご覧になれます。

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら