第61回東京農工大学学園祭「農工祭」
東京で農学を学ぶ面白さを体感してください!
~2019年11月8・9・10日 府中キャンパスで開催~

2019年10月2日


 今年も東京農工大学の学園祭「農工祭」の季節がやってきました。毎年11月の第2金・土・日の3日間、東京農工大学の府中キャンパスで開催されるこの「農工祭」では、研究室やサークルなどによる模擬店の出店や、研究・活動発表が行われ、例年多くの来場者で賑わいます。今年で61回目を迎える歴史ある農工祭を一手に取り仕切るのが、学園祭農学部実行員会委員長・工藤智晴さん。工藤さんに、農工祭や東京農工大学の魅力について話を聞きました。
 工藤さんは農学部環境資源科学科の2年生。農工祭の実行委員長は毎年2年生が務めるのが慣例で、先代の委員長から後継指名を受けるという選ばれし役職だったりします。工藤さんも実行委員長就任の経緯を次のように振り返ります。「ファミレスで勉強しているときに、たまたま近くの席で勉強していた委員長に呼ばれて、『お前しかいない!』と言われて(笑)」。

農工祭でしか手に入らない商品がたくさん

 農工祭の魅力は何と言っても都内では数少ない農学部が制作するオリジナル商品が手に入ること。毎年この企画を楽しみにしている近隣の方も多いとか。
「特に、『目玉企画』と銘打って実施する野菜や味噌・乳酸菌飲料の販売が人気です。整理券を配ってやっと対応できるほどです」と工藤さんは胸を張ります。
これらの商品は、東京農工大学農学部附属広域都市圏フィールドサイエンス教育研究センター(FSセンター)で生産された農産物で、農工祭では農産物のほか味噌や乳酸菌飲料などが並びます。
 「普段はキャンパス内に設置された『農工夢市場』で扱っていますが、農工祭では、より多くの商品が揃うので、地域の皆さんに喜んでもらえると嬉しいですね」

農学部ならではの雰囲気を体験してください

 他にも子どもを対象に、馬や小動物と触れ合える企画や、地域の住民など幅広い世代の皆さんに楽しんでもらうための企画にも力を入れていると工藤さん。
 「地域に密着したこうした取り組みのほかには、農工大生同士が楽しむイベントが中心で、都心の大学のような華やかさはありませんけどね」と笑うものの、そうしたプログラムがたくさんあるところが農工大生の実直さを物語っています。
 大学選びをする際に「学園祭は大学の様子を知るには良い」とはよく聞きますが、農工祭は都会的な雰囲気の“東京”とは一味違う、東京郊外の落ち着いた雰囲気とのんびりとした空気に包まれたキャンパスライフを肌で実感できる絶好の機会と言えるでしょう。

農工祭名物から受験相談までなんでも任せてください!

 学園祭といえばお馴染みの模擬店も見逃せません。農工祭の名物として名高い「芋きんつば」は自主ゼミ「耕地の会」が、その年に収穫したサツマイモを加工して販売するもの。農工祭へ足を運ぶならぜひ味わっておきたい一品です。工藤さんによると「今年は100前後のサークルが参加する予定です。活気ある様子を見てもらえれば嬉しいです」とアピール。また、「各学科の研究室が研究発表をしていますので、農工大の研究力に触れてみたいという高校生の皆さんにも満足してもらえるはず」と、研究力もしっかりPR。
 受験相談コーナーには農工大生が高校生の質問に答えるブースが用意され、毎年人気を博しています。現役農工大生が、どんな受験勉強をしてきたのかなどに答えてくれますよ。
 「どんな小さな疑問でも、気軽に質問に来てください!」

東京だけど東京っぽくない場所にあるのが農工大の魅力かな

 「農工大は、東京都にはありますが、緑が多くて落ち着けるキャンパスがとても気に入っています。同時に、質の高い講義や研究ができる。学生数も少ないので学生同士も顔なじみが多く、アットホームな雰囲気が好きな高校生の皆さんにオススメしたい」
 山形県東根市出身という工藤さん自身、農工大ならではの空気感にとても癒されているそうです。
 「農工大で作っている野菜や味噌・乳酸菌飲料は、この大学にしかないものです。ぜひ皆さんには手に取ってもらって、農工産の野菜や加工品を味わってもらいたい。ここだけの商品と一緒に、農工祭を楽しんでもらえれば普通の学園祭に行くよりも倍満足してもらえると思います。もちろん学園祭ならではのステージ企画も用意しています。農工大の教育や研究に興味のある人にも、農工大生のキャンパスライフに関心のある人にも、存分に楽しんでもらえる3日間になると思います!」

 進学先として気になっている方はもちろん、「他にも自分にぴったりの大学があるかもしれない」と考えている受験生の皆さんはぜひ、11月の農工祭に足を運んでみてはいかがでしょう。皆さんにぴったりのキャンパスライフが東京農工大学のキャンパスで見つかるかもしれません。

東京農工大学農学部学園祭「農工祭」についての情報はこちらをチェック!

日時

2019年11月8日(金)9日(土)10日(日) 入退場自由
 8日(金)13:00~18:00
 9日(土)10:00~18:00
 10日(日)10:00~16:00

場所

東京農工大学 府中キャンパス アクセスはこちら

(〒183-8509 東京都府中市幸町3-5-8)

イベントの詳細はこちらをご覧ください

TOPICS
「農工大プラスチック削減5Rキャンパス」活動宣言にも注目!

 東京農工大では、2019年8月9日に、「SDGsの達成、2050年石油ベースプラスチックゼロに向けて、使い捨てプラスチックの削減と、課題解決のための新素材の創生等を含めた研究の推進に取り組む『農工大プラスチック削減5Rキャンパス』TUAT Plastic 5R Campus)活動」を宣言しました。
 6月のG20大阪サミットでも話題に上った海洋汚染の原因とされるプラスチック ごみの規制は、農学研究院 高田秀重教授がこれまで取り組んできた課題です。
 農工大ではこの活動宣言に基づき、プラスチック削減策(マイボトル用給水器設置によるペットボトルの削減、生協購買部等の学内販売におけるレジ袋の削減、大学ノベルティーグッズからのプラスチック削減への取組)、教育活動を通じた次世代の育成、社会貢献活動を通じた普及啓発活動に取り組んでいます。
 こうした活動の一環として、農工祭の開催期間に発生するゴミを分別する取り組みを行っています。農工大の自主ゼミ「ごみダイエットNOKO」が中心となり、キャンパス内各所に設置されたごみ収集箇所でゴミの分別の呼びかけとサポートを行っています。

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら