BIOTECHNOLOGY and LIFE SCIENCE

学科長あいさつ

東京農工大学 工学部生命工学科のホームページへようこそ!

東京農工大学工学部生命工学科のホームページをご覧下さいましてありがとうございます。
このホームページでは、入学・進学を検討している学生や当校の在学生・卒業生はもとより、社会全般に対し東京農工大学工学部生命工学科の概要と研究成果を広く情報発信して参ります。

個人のゲノム情報を解読できる時代が到来し、生命工学の研究分野は日本、アメリカ合衆国を初め世界中の先進国で次世代を担う基幹分野と位置づけられています。東京農工大学工学部の生命工学科は、日本で初めて設置された生命工学科であり、全国に先駆けて生命工学のエキスパートを育てるカリキュラムを作成し、優れた人材を国内外に送り出してきました。
生命工学の分野は現在最先端の研究分野であり、急速に他の研究分野と融合して新分野を創り出すといったプロセスを繰り返し膨張して来ています。本学生命工学科では、これまでにマリンバイオテクノロジー、クローン動物の作出、植物バイオテクノロジー、磁性細菌粒子、バイオエレクトロニクス、組織工学、といったユニークな研究分野を確立し、次々と国際的に優れた研究成果をあげています。さらに、これらの成果は産業界からも注目を集めており、活発な産業応用が本学の生命工学科の特徴でもあります。そして私たちは化学を基礎とした生命工学の構築を目指しており、生命有機化学やイオン液体の研究においても国際的に認知される優れた成果を発表し続けています。
また、新しい研究の流れとしてナノ・バイオテクノロジーが挙げられます。半導体工学、電気電子・有機材料工学、機械工学などの最先端研究分野であるナノテクノロジーとバイオテクノロジーを融合させるこの分野は、今後のゲノム・プロテオーム解析及びその応用研究に必須のツールを提供する極めてエキサイティングで社会的意義の大きな研究分野です。生命工学科は早くからこの分野に注目し先駆的な研究を進めており、磁性細菌粒子はその代表例ですし、大学院にはナノ生命工学の研究分野を設けております。

皆さんが探していらっしゃる生命工学の研究分野、あるいは見たこともない新しい分野をこのホームページから見つけてください。

生命工学科 学科長 池袋一典

お知らせ

入試について
  • 大学
  • 大学院
  • 東京農工大学