中島正裕准教授が「平成30年度農村計画学会ベストペーパー賞」を受賞

2019年7月8日

農学研究院 農業環境工学部門 中島正裕准教授が2019年4月13日(土)、「平成30年度農村計画学会ベストペーパー賞」を受賞しました。

■受賞名

平成30年度農村計画学会ベストペーパー賞

■受賞概要

受賞論文:仮設住宅団地における住民活動と自治会運営の経年的分析―東日本大震災発生後の宮城県石巻市を事例に―

賞の概要:「農村計画学会誌」に掲載された論文のうち、完成度が高く、優れた知見により農村計画の発展に貢献する論文の著者(主著者および共著者).論文( 査読付き)を対象とする。
東日本大震災発生後、宮城県石巻市内の仮設住宅団地での5年間にわたる継続的な調査・分析に基づき得られた本論文の成果は、仮設住宅での自治会運営とコミュニティのあり方に関する極めて有用な知見を提示しており、これらの点が高く評価された。

農村計画学会(別ウィンドウで開きます)

授賞式の様子(左が中島准教授)

関連リンク(別ウィンドウで開きます)

•東京農工大学 中島正裕准教授 研究者プロフィール
•東京農工大学 中島正裕准教授 研究室WEBサイト
•中島正裕准教授が所属する 東京農工大学農学部地域生態システム学科

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら