仲井まどか准教授が「日本応用動物昆虫学会学会賞」を受賞

2017年5月16日

農学研究院生物制御科学部門の仲井まどか准教授が、2017年3月27日に「日本応用動物昆虫学会学会賞」を受賞しました。

■受賞名
日本応用動物昆虫学会学会賞

■受賞概要
「昆虫ウイルスと寄生蜂によるチョウ目昆虫の内分泌制御とその機構解明」
チョウ目昆虫には、重要な農業森林害虫が多く含まれ、天敵を用いた生物的防除が実施されている。受賞者は、チョウ目の主要な天敵である昆虫ウイルスと寄生蜂の内分泌制御機構を調査し、これらの天敵の昆虫を宿主とした適応戦略を明らかにした。

日本応用動物昆虫学会学会賞詳細 (別ウィンドウで開きます)



CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら