平成30年度 学長と夢を語ろう!「学長・学生懇談会」を開催

2019年3月12日

 平成31(2019)年2月14日(木)府中キャンパス、2月21日(木)小金井キャンパスにおいて、修士・博士前期課程の学生を対象とした「学長・学生懇談会」が開催されました。
 この懇談会は、平成16年度から学長と学生が意見交換できる場として開催しているもので、今年度は「僕が、私が農工大の教授だったなら。」をテーマに開催されました。
 懇談会には、大野学長とともに梅田理事(教育担当)・副学長、千葉農学府長(2/14出席)船田連合農学研究科長(2/14出席)、三沢工学府長(2/21出席)神谷生物システム応用科学府長(2/21出席)が出席し、参加学生から「大学を有名にするには、研究成果でニュースとなることが一番良いと思う。私が農工大の教授だったら早くから学生が研究に触れられるようにしたい。」「僕が農工大の教授だったら、農学・工学の連携や他大学、海外大学との交流を促し、新しい発見を増やしたい。」等の様々な意見が多数寄せられました。
 最後に大野学長から「学生のみなさんも、本学について改革したいことがあったら、積極的に発信して欲しい。多くの先生方がそれを望んでいる。」とのコメントがあり、大変充実した時間となりました。

府中キャンパスでの懇談の様子

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら