科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞を受賞

2015年4月17日

平成27年度科学技術分野の文部科学大臣表彰において、本学の和田正義准教授、松岡英明名誉教授、跡見順子客員教授の3名が、科学技術分野で顕著な功績があったとして科学技術賞を受賞し、4月15日(水曜日)に文部科学大臣より表彰されました。
表彰式を終えた和田准教授、松岡名誉教授、跡見客員教授は、4月17日(金曜日)に松永学長へ受賞報告を行い、学長からは「このような素晴らしい賞を本学の先生方が受賞され、大変嬉しく思います。」とのお祝いの言葉がありました。

前列左から、松岡名誉教授、松永学長、和田准教授、跡見客員教授
後列左から、須藤学長特任補佐、纐纈理事(学術・研究担当)・副学長

科学技術賞(開発部門) 和田 正義 准教授

受賞業績名 「重度障害者のためのジョイスティック式自動車運転装置の開発」
受賞コメント 今回の受賞は共同研究先㈱ニッシン自動車工業の亀田藤雄氏、同齋藤征道氏との連名の受賞で、本当に喜ばしく思います。困っている障害者のかたを何とか助けたいという亀田氏の強い願いを大学技術の活用で実現した開発成果です。試行錯誤を重ね、一から構築した本システムがこのような名誉ある賞の受賞に結びつきましたこと、感謝の念にたえません。今後もユーザにとって身近で使いやすいシステムへとますます発展させてゆく所存です。ありがとうございました。

科学技術賞(技術部門) 松岡 英明 名誉教授

受賞業績名 「寒天培養による微生物の標準試験法を迅速数値化した技術開発」
受賞コメント この度、仙台高等専門学校の竹茂求教授、那須潜思教授、マイクロバイオ(株)の小川廣幸社長と共に、「寒天培養による微生物の標準試験法を迅速数値化した技術開発」で 、平成27年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰「科学技術賞 技術部門」を受賞いたしました。原理特許の取得、製品開発、実施例の学術論文としての発表、そして食の安全や製品の品質管理への貢献など一連の成果が評価され、大変光栄に思っています。これを機に、さらに方法論として磨きをかけ、国際標準に向けて努力したいと考えています。

科学技術賞(理解増進部門) 跡見 順子 客員教授

受賞業績名 「いのちを知り生かす心身一体科学の普及啓発」
受賞コメント 3.11東日本大震災・福島原発事故は、日本の科学と科学者に「いのちある人間」を起点とした科学、「人間の生命の科学」実現を要請しました。「『いのち』を知り、生かす身心一体科学」は、研究・教育を切り離さず人間の科学/技術イノベーション能力開発を促す科学です。「いのちを生かす商品開発」(事例:卵殻膜サプリメント((株)アルマード)と機能性ウェア(東レ(株))と身心一体の行動力育成の両原理は、繊維/線維がもつ機能素材を素とし、人間の生きる意欲・科学する意欲を生み出す「いのちある人間」を起点とする新領域創成に貢献すると考えています。

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら