平成26年度文部科学省「大学教育再生加速プログラム」に採択されました

2014年8月28日

東京農工大学は、平成26年度文部科学省「大学教育再生加速プログラム(テーマⅢ・高大接続)」に申請を行い採択されました。
本事業は、将来、グローバルに活躍する研究者・科学技術者を目指す高校生を育成するために、高校と大学が協力して、高等学校教育・入学前教育・初年次教育学部教育・大学院教育の12年を通したルーブリックを策定し、それに合わせた科学技術者入門プログラムを実施する取組です。
提供するプログラムでは、「科学全般の素養」、「論理的思考力、判断力、表現力」、「グローバルな視野、外国語力」の養成を目的とし、現行の大学入学者選抜により分断されている高大接続を、スムーズに移行できるものに改革します。また、入学前教育では大学の単位取得も可能にし、早期修了制度等の利用を促進します。
さらに、プログラム参加者の高校卒業時点の幅広い資質・能力を、ポートフォリオを活用して評価する仕組みを開発し、高校生が特別入試(AO・推薦)の応募資料に用いることで、多面的評価を行う入試改革にも取組みます。

【IGS(グローバル科学技術人材養成プログラム)事業概要】

【組織図】

「大学教育再生加速プログラム(AP)」

文部科学省ホームページ(別リンクで開きます)

日本学術振興会(別リンクで開きます)

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら