在トルコ日本国大使館荒木喜代志特命全権大使と西村直章副学長との会談について

2012年12月19日

本学の西村直章副学長(総務・財務担当)、千葉一裕農学研究院教授は、12月7日(金曜日)にトルコ・アンカラの在トルコ日本国大使館を訪問し、荒木喜代志特命全権大使、菊間茂文化・広報担当官と面会しました。会談では、昨年度アンカラ大学との間に締結した姉妹校協定調印式へ荒木大使にご出席いただいたお礼を述べるとともに、今後のトルコでの学術交流の在り方等について意見交換を行いました。
千葉教授から、本学が実施するリーディングプログラム「グリーン・クリーン食料生産を支える実践科学リーディング大学院の創設」における、本プログラムの連携機関であるアンカラ大学との学生・教職員の相互受入・派遣等について説明し、大使館からのご協力・ご支援を依頼しました。
荒木大使からは、現在の日本とトルコとの交流関係・状況について助言や提案をいただき、トルコは非常に親日度が高い農業国であり、技術的・経済的に今後益々発展していくと思われるので、当該プログラムの実施を通じて連携・協力関係を深化・拡大していただきたい、大使館としても支援していきたいとのお話をいただきました。
今後も、日本・トルコ間の学術交流関係の促進に向けて情報交換を行ってまいります。

CONTACT

お問い合わせ一覧はこちら